南三箇の六地蔵から。

南三箇の六地蔵は享保17年(1732)に建立されている。碑文によると
建立者は部落有志となっている。


e0056537_17093824.jpg

今回の地震により倒れていたが、部落の方々の手によって元の姿を取り戻している。
碑文、地蔵像等損傷、欠損も少なく大事にされてきている。



e0056537_17094291.jpg
享保17年は、江戸時代の三大飢饉の年である。
以下のような大飢饉の年に建てられている。
この六地蔵へ込められた願いがいかばかりのことであったかと思う。

1731年(享保16年)末より天候が悪く、年が明けても悪天候が続いた。
1732年(享保17年)夏、冷夏と害虫により中国・四国・九州地方の西日本各地、中でもとりわけ瀬戸内海沿岸一帯が凶作に見舞われた。梅雨からの長雨が約2ヶ月間にも及び冷夏をもたらした。このためウンカなどの害虫が稲作に甚大な被害をもたらして蝗害として記録された。
被害は西日本諸藩のうち46藩にも及んだ。46藩の総石高は236万石であるが、この年の収穫は僅か27%弱の63万石程度であった。餓死者12,000人(各藩があえて幕府に少なく報告した説あり)にも達した(『徳川実紀』によれば餓死者969,900人)。また、250万人強の人々が飢餓に苦しんだと言われる。また、1733年(享保18年)正月に飢饉による米価高騰に困窮した江戸市民によって享保の打ちこわしが行われた


春から翌年の春にかけて大飢饉。餓死者山のごとし糸田村も60人餓死。
大洪水、院の馬場より横田と新橋までの塘筋破損。諸方田方腐れ、収穫皆無。
秋、蝗が大量に発生し、稲の被害甚大。気が出が死者多数、翌年の春の樅種もなく
藩より種子籾が渡される。 (新甲佐町史)



トラックバックURL : http://keishintei.exblog.jp/tb/26124715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by shin0710s | 2017-10-21 17:27 | 遺跡 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s