古稀同窓会へ。

午前10時、役場の輝きホールに集合。


e0056537_16564923.jpg
本日は、昭和39年中学校卒業生同窓会である。
卒業以来半世紀以上が過ぎている。
そして今年は古稀の年となった。
皆、すっかりおじいちゃんおばあちゃんである。

久しぶりの同窓会なのであちこちで昔話に花が咲いている。


e0056537_16570366.jpg

とにかく団塊の世代なので生徒が多かった。
7クラスもあった。
今は、二つの学校が一緒になっているのに、2クラスである。
いかに当時の子供たちが多かったかと思う。


e0056537_16571645.jpg


e0056537_16592256.jpg

まずは、各クラスごとの記念写真。


e0056537_16571941.jpg

そして町長にも参加していただいて、全体写真。


e0056537_16572344.jpg

今回の参加者は、六十数名となっている。
また同級生で鬼籍入っているのが30名。
にぎやかで、話が途切れることなく続く。

ふと思い出したのが、当時と思うが高村光太郎の詩である。


  道 程  
     高村光太郎
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

当時それぞれに大きな夢を描いていた。
50年以上たった今どのような道ができているのだろうか。
満足すべき道であるだろうか。





トラックバックURL : http://keishintei.exblog.jp/tb/26143624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by shin0710s | 2017-10-30 19:10 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s