ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

カテゴリ:未分類( 1483 )

山高きがゆえに貴からず。

「山高きが故に貴からず、樹あるをもって貴しとす、
      人肥えたるが故に貴からず、智あるをもって貴しとす」

久しぶりに甲佐岳を船津台地から眺める。


e0056537_19060054.jpg


ここから眺めると甲佐富士と名付けてもいい。
山を見ながら、ふと思い出したのが
「山高きが故に貴からず」の言葉である。
いつ覚えたか忘れているし、その意味も定かではない。
昔の寺子屋の素読用の教科書だった実語教の冒頭であるらしい。
その意味は、
どんなに外観がりっぱであっても、内容が伴わなければすぐれているとはいえない。
物事は見かけだけで判断するなというたとえ。


e0056537_19061284.jpg

とはいうものの、ベストセラーになった本に
人は見た目が9割 (新潮新書)竹内一郎著
がある。
さて私は、見かけに左右されていることは間違いない。
第一印象に大きな影響をうけるのである。
小心者の私であるためなのかもしれない。
あまり見かけと違ったということは少なかったように思う。


by shin0710s | 2017-10-25 19:20 | Trackback

今日はお休み

ワン公はミカン?
いやゆず?
e0056537_20472703.jpg


by shin0710s | 2017-08-26 20:45 | Trackback

チョコマミーを離せば…

退屈していたチョコマミーを連れて野暮用を片付けに。
人気のないところでマミーを離した…。
一気に飛び出していく。


e0056537_20084872.jpg

初めての場所なので気になる臭い?


e0056537_20085592.jpg

e0056537_20084891.jpg
ふと見ると季節外れの紫陽花。
この暑い夏にも負けず涼しげな花を咲かせている。


e0056537_20084764.jpg

e0056537_20084805.jpg

マミーがいない。
「マミー」


e0056537_20084722.jpg

e0056537_20084790.jpg

やはり知らない場所は心細いらしい。
飛んで帰ってきた。

by shin0710s | 2017-08-09 20:12 | Trackback

ワン公が待っている。

やっと今日の日を迎えている。
体調は良好。
食欲も出てきた。
体力はまだまだだけど気力が
戻って来ている。

ワン公が待っているはず。
大変な騒動になりそうである。
20日間以上も家を空けているのだから
大興奮になるだろう。

e0056537_17502269.jpg


ワン公の相手が出来るのは
まだ先になりそうだけど
安心するに違いない。

散歩に行けるのはいつかな?
by shin0710s | 2017-06-11 17:41 | Trackback

リーダー犬、ショウ

白秋家6匹のリーダーはショウ。
最近は体調が良くないので大人しくしているが
イケメンのワン公である。

e0056537_16544694.jpg


無芸大食を字でいくワン公。
お座り、お手は当然のことできない。
ひょっとすると教えられていないないのかも。

e0056537_16544721.jpg


可愛いワン公だったのにあまり
かまってもらってない?
何かを教えた記憶が無い。
出来なくて当然なのかもしれない。

e0056537_16544788.jpg


それでもちゃんと大きくなつたから
いいのかも。
走り回るショウの姿が見たい。
まだ若いはずである。

by shin0710s | 2017-06-10 16:39 | Trackback

梅雨空になる。

今日から明日にかけて雨の予報。
明日は雨か。
やっと梅雨の季節になる。
そうすれば私の町では田植えが始まる。

この季節になると、終日の雨。
そして溢れんばかりの用水路の水。
雨に濡れながら田植えの苗を運ぶ人。
遠い昔のこと。

今は田植え機が田圃を縦横に動いている。
一人か二人の人が働く。
半世紀前のように田圃にずらりと並んだ田植えの
姿はない。

田植え機が黙々と動いている
[サナブリ]も田植えまんじゅうも要らなくなっている。

e0056537_15250220.jpg



生活がすっかり変わっている。
子どもの声が聞こえない。
道を歩く人がいない。
しかし、まだかろうじて半世紀前と変わらない風景が私の町にも残っている。
それも危うい状況である。
私の三十数戸の村に空き家が六戸。
そして残りは高齢者の夫婦か一人暮らしがほとんどである。
高齢化率40パーセントを超えた時
この町の風景はどうなっているのだろうか。
そして田植え風景は。

by shin0710s | 2017-06-06 15:01 | Trackback

夏の花

六月になり太陽の光が強さを増してくる。
夏である。
この夏の陽射しをはねかえす花といえば
ひまわりであろう。
夏の朝なら、朝顔。そしてツユクサ。
野菜畑にはトマト、ピーマン、キュウリ、にがごりなどの花が咲いている。

ワン公の散歩の途中で見かけるのは
キョウチクトウや百日紅。
四十歳を過ぎた頃から一つの夏の花に目がいくようになった。

e0056537_15284417.jpg


合歓の花である。
散歩道には無かった合歓がいつの間にか大きな大木に成長している。
そして夏の暑い日にも涼しげな花を咲かせている。
今年ももう直ぐ
合歓の花に出会える

by shin0710s | 2017-06-04 15:14 | Trackback

一歩前進二歩後退

晴天の日が続いている。
山の木々が青空に向かって伸びていく。
元気をもらえそうで嬉しいなあ。

e0056537_20575006.jpg


二歩後退。
昨夜本日と苦しい時間。
点滴と尿道かんが追加。
悪寒発熱。

by shin0710s | 2017-06-03 20:50 | Trackback

増長天

蓮華院誕生寺の増長天である。

e0056537_16122167.jpg


見事な造形であり吸い寄せられる。
by shin0710s | 2017-05-25 16:09 | Trackback

雨の一日。

朝から雨。明日も雨模様。
五月は晴天が似合う。
朝の山並みが一番美しい季節

e0056537_10231008.jpg



e0056537_10231019.jpg


元気になって出かけよう。
by shin0710s | 2017-05-24 10:19 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。