ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

カテゴリ:遺跡( 70 )

阿蘇草部吉見神社の日子八井命御陵

阿蘇は田植えの真っ最中。
田植えの終わった先にこんもりとした杜がある。草部吉見神社から300m程離れている。



e0056537_10495872.jpg

e0056537_10502652.jpg

標高600m余り。
冬場は厳しい寒さだけど、これからの季節本当に気持ちのいい
所である。
銛の入り口に石碑がある。


e0056537_10503849.jpg
日子八井命御陵と記してある
陵墓参考地とは、伝承や出土品などにより一旦は宮内庁によって皇族の墳墓とされた上、
誰が埋葬されているかを特定できないもののことらしい。


日子八井命(ヒコヤイ)は、彦八井耳命・彦八井命・武国竜命・高知保神とも書かれますが、
「古事記」では、初代神武天皇の皇子で母は大物主神の女・伊須気余理比売命とし、
「日本書紀」の神八井耳命=神沼河耳命は同母弟とされます。

しかし、「日本書紀」
には日子八井命の名は無く、「新撰姓氏録」「阿蘇氏系図」
では神八井耳命の子となっています。

どうも、「日本書紀」は日子八井命=草部吉見神にふれたくないようですが、

草部吉見神社のミササギが現地では日子八井命のものとしていることは間違いがないことから

今のところは草壁吉見神社の主神は「日本書紀」で消され「古事記」で神武の子とするものと考えています。

     http://ameblo.jp/hiborogi-blog/


墓所とされる場所には3つの禁忌がある。

馬に乗ること▽汚物を焼くこと▽婚姻で他の村へ出る女人や、死人を通すこと-である。

http://www.sankei.com/west/news/160924/wst1609240002-n2.html

e0056537_10504751.jpg
 
陵墓の横に甲斐有雄の道しるべがある。地震で頭部が崩れたのだろうか。


e0056537_11304140.jpg


e0056537_10593075.jpg

陵の周りには石碑がある。
2つの碑にも文字らしいものがあるが判読しがたい。


e0056537_10505499.jpg
この碑は、猿田彦さん。
e0056537_10505921.jpg


by shin0710s | 2017-05-19 11:54 | 遺跡 | Trackback

天草へ。

一気に春爛漫の気候。
天草本土へ。
まずは城山公園キリシタン墓地へ。
e0056537_21060314.jpg
桜が満開である。保育園の子どもたちであろう。
花見の最中。
e0056537_21062396.jpg
平和を祈るキリスト像の前には、島原・天草一揆前後の名もなき信者が静かに眠っています。
傍らには、我が国に初めて西洋医学を伝え、日本最初の総合病院や育児院を建て、
1566年には天草にキリスト教を伝え、
天草でその生涯を終えたポルトガル人宣教師ルイス・デ・アルメイダの像、
天草最初の殉教者アダム荒川の碑が立っています。http://www.t-island.jp/p/spot/detail/5
e0056537_21061969.jpg
e0056537_21060455.jpg
子どもたちの声が聞こえてくる。
e0056537_21060301.jpg
遠足の 小学生徒 有頂天に 大手ふりふり
往来とほる

     木下利玄(きのしたりげん)
小学生ではないけれど、子どもたちの元気なあいさつが心地いい。
e0056537_21060474.jpg

by shin0710s | 2017-04-14 21:12 | 遺跡 | Trackback

散歩の楽しみは。

散歩の喜びは?
ワン公本来の姿を見ることができること。
全力で走る姿は美しい。
e0056537_11285602.jpg
山登りも好きである。どんどん登っていく。
e0056537_11205507.jpg
e0056537_11211422.jpg
また歩くことで川の匂い、せせらぎの音の変化に気づく。季節の変化を体で感じることができる。
e0056537_11284113.jpg
そして思わぬ花に出会う。
e0056537_11283437.jpg
e0056537_11334289.jpg
時には知らなかった遺跡を発見することがある。
遺跡かどうかわからないけれど。
e0056537_11212660.jpg
山の斜面に横穴がある。その中は?
e0056537_11213118.jpg
さて、この横穴は何だろう。何のために掘ってあるのだろう。
新たな楽しみとなる。
散歩の途中の船津には横穴古墳がある。
緑川を挟んで我が家の対岸にある。
e0056537_11214067.jpg
e0056537_11214362.jpg
古墳時代の遺跡である。六世紀から七世紀の古墳である。
甲佐地区には古墳が多い。
乙女の麻生原中山の低地は、古墳時代後期から終末期には
生産力が高く多くの人が住んでいた。(新甲佐町史より)


by shin0710s | 2017-03-24 11:48 | 遺跡 | Trackback

赤ちゃんがいると…

ここ数日、赤ちゃんを撮る機会があった。
赤ちゃんのいるところ笑顔が波のように広がっていく。
語りかける言葉も柔らかく優しい。
e0056537_21423554.jpg


思わず触りたくなる柔らかな肌。
濁りのない瞳でまっすぐ見つめてくれる。
e0056537_21423672.jpg


お母さんの笑顔もすばらしい。
e0056537_21423623.jpg


我が子の時代はずいぶん昔のことだけどそれでも当時を思い起こし
赤ちゃんに語りかけている。
e0056537_21423662.jpg


可愛い女の子にも思わずカメラを向ける。
赤ちゃんや幼子に出会うと心が温かくなる。
e0056537_21423524.jpg

by shin0710s | 2016-10-24 21:48 | 幼子 | Trackback

運動会日和。

本日は体育の日。
やっと秋らしい爽やかな朝となった。
早朝、爆竹が上がる。
今日は、気持ちのいい一日になりそうである。

本日は、二つの運動会見学を予定している。
まずは、近くの保育園の運動会へ。
園児は約六〇名。
午前9時入場。
〇歳児から年長さんまで、そして保護者役員が参加。
e0056537_20320233.jpg
年長さになると小学生らしく見える。
e0056537_20332776.jpg
でも本当にそこにいる姿を見るだけでほおが緩む。
そして開会式。
e0056537_20320207.jpg
子どもたちの走る姿、踊る姿についシャッターを切る。
e0056537_20361928.jpg
e0056537_20361976.jpg
e0056537_20361837.jpg
よちよち歩く姿も可愛い。
e0056537_20371364.jpg


アンパンマンもいる。
e0056537_20371367.jpg
ミツバチハニー。
2歳児さん。
e0056537_20422124.jpg
e0056537_20422461.jpg
そして4・5歳児さんのダンス。銀河鉄道999
e0056537_20401320.jpg
e0056537_20402776.jpg
e0056537_20402156.jpg
もっと見たいけれど、次の運動会へ。




by shin0710s | 2016-10-10 20:43 | 幼子 | Trackback

従姉妹同士で。

maomaoのプチ里帰りも今日まで。
マーコそしてミーコと終日遊ぶ。
従姉妹同士なので仲良しである。
庭石の登って遊ぶ。
e0056537_21555991.jpg


登ったり下りたり。
e0056537_21555932.jpg


e0056537_21555838.jpg


そのうち庭石から飛び降りる。
e0056537_21555843.jpg


飛び降りると行っても70cmあるかな。
e0056537_21555760.jpg


それでもそれが楽しい?
by shin0710s | 2016-08-23 21:57 | 幼子 | Trackback

こどもの日なので。

5月5日、端午の節句である。
こどもの日なので、陶器市での子どもの様子をいくつか。
e0056537_957927.jpg


マリオネット?子どもたちが興味津々。
e0056537_1002034.jpg


陶山神社で見かける。
e0056537_1011735.jpg


恒例の遠出なのでいつも一緒。
e0056537_9575289.jpg


スミレとさくら。
e0056537_957496.jpg


そして三人娘たち。
e0056537_9584275.jpg


マーコは3年生。ミーコと一緒に地震で白秋家に避難していた。
e0056537_959432.jpg


maomaoは2年生。
e0056537_1064514.jpg


そしてミーコは幼稚園年長さん。
e0056537_9594532.jpg


子どもたちの表情のほおが緩む。
久しぶりに青空の下、歩き回ることができた。
ただ、体力がなくなっている?
足腰に負担がかかっているようで体が重い。
by shin0710s | 2016-05-05 10:07 | 幼子 | Trackback

卒園式へ。

近くの保育園の卒園式へ出席する。
暖かな卒園式日和である。
午前10時、卒園時入場。
e0056537_21244331.jpg


23名の園児が緊張の面持ちで入ってくる。
卒園証書授与。
一人一人の園児へ、温かな言葉が添えられている。
e0056537_21254410.jpg


そして保護者への感謝の言葉。
e0056537_21265244.jpg


卒園時、在園児による呼びかけ。
e0056537_21273276.jpg


式も進み、保護者代表による謝辞。
e0056537_21275285.jpg


最後は、先生方の餞の歌。
e0056537_21275433.jpg


正午、卒園児退場により式は終了。
2時間の式であった。
内容はよかったけれど、時間が…









by shin0710s | 2016-03-26 21:30 | 幼子 | Trackback

保育園の発表会へ。

近くの保育園へ。
本日は、園児の生活発表会。
園児の出番が多い。
子どもたちの表情を追う。
まずはマーチング。
e0056537_184443.jpg


大きな舞台で緊張しているのかな。
e0056537_1844571.jpg


もうすぐおひな様。
そこで振り袖の園児が踊る。
e0056537_1852415.jpg


1歳児さんの動物たいそう?
e0056537_187324.jpg


リンゴの独り言は、4歳児さん。
e0056537_188018.jpg


ドラキュラの歌は2歳児さん。
e0056537_1885377.jpg


おおきなかぶもあった。
e0056537_1893335.jpg


北風と太陽の劇も。
e0056537_1895628.jpg


本日の発表会は、保育園の取り組みの姿である。
園長先生以下保育士さんのご苦労がしのばれる。
保育園の目指すところは?
園児の姿で見て貰うことでしかない。
どのような園児の姿を保護者等に見て貰いたいのか
そこが一番大事であるように思う。
できばえ云々以上のことであるのではないかな。
by shin0710s | 2016-02-15 18:14 | 幼子 | Trackback

幼子がいてこそ。

河原での誕生会は、なかなか楽しきものである。
幼子がいて賑やか。
草スキーを楽しむ。
e0056537_16531064.jpg


e0056537_16524377.jpg


いつの間にか小学2年生。
e0056537_16535681.jpg


早いものである。
ワン公たちも成長したかな。
e0056537_16572261.jpg


e0056537_16564322.jpg


e0056537_16544544.jpg

by shin0710s | 2015-10-11 16:57 | 幼子 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス6匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。