ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

カテゴリ:山( 187 )

晴れたら俵山に。

今日は、雨。
気温は24度。過ごしやすい日となっている。
3年前の俵山トレッキングである。


e0056537_14301094.jpg




これもマーサと一緒に登っている。



e0056537_14300932.jpg

9月なのでマツムシソウが咲いている。



e0056537_14300905.jpg



よし、晴れたらショウを連れて俵山に登ろう。
マツムシソウが咲いているはずである。


e0056537_14301022.jpg


by shin0710s | 2017-09-05 14:32 | | Trackback

マーサと山へ行きたいな。

高岳東峰に最後に登ることができたのは、5年前。
10月である。
マーサと一緒に砂千里から中岳を目指して登った。



e0056537_20571447.jpg

まだまだ元気なマーサだった。



e0056537_20571582.jpg

私の前を登っていく。
ときおり心配げに振り返りながら。



e0056537_20571407.jpg


e0056537_20571521.jpg

そして高岳へ。



e0056537_20571523.jpg

今日も日射しは厳しいけれど,木陰は涼しい一日であった。
山頂はきっと秋風が吹いていることだろう。



e0056537_20571467.jpg


今は登山規制が行われており登ることができない。
マーサがいるならどんな山にだって登ることができるのだが。



e0056537_20571614.jpg

白秋家のワン公は、マーサ以外トレッキング犬にはなり損ねている。
ちゃんとしつけをしておくべきだったな。




by shin0710s | 2017-09-01 21:03 | | Trackback

風の音にぞおどろかれぬる?

外に出ると、まだ日射しが強い。
それでも稲穂をなびかせる風の涼しさに初秋の香りがある。


e0056537_16020099.jpg

空の雲も夏の積乱雲ではない。
風に吹かれちぎれたような白い雲が浮かんでいる。
まさに

秋来ぬと目にはさやかに見えねども

             風の音にぞおどろかれぬる

である。


このまま刈り入れまで台風が来なければいいけれど。

明日は二百十日。

今から台風のシーズンとなる。



e0056537_16051815.jpg


とっとこ走っているのはチョコマミー。
今日も元気である。


e0056537_16020516.jpg

by shin0710s | 2017-08-31 16:06 | | Trackback

山に行きたいなあ。

夏である。
山が呼ぶ。
ワン公だって山に登りたい。


e0056537_19593721.jpg

せめて庭石に登って山を味わいたい。
ショウの願い?


e0056537_19590760.jpg


e0056537_20092905.jpg
でも現実は、ただ暑いだけ。
少々ばて気味。


e0056537_20092277.jpg


by shin0710s | 2017-08-11 20:11 | | Trackback

蜩窯へ

暑い日が続く。
涼を求めて吉無田高原へ。
7年ほど前に行った蜩窯へ。
確かここでコーヒーとピザを食べた。
それにしてもひどい道である。
この先本当にピザカフェがあるの、と思うような狭くて
でこぼこの道である。
やっとついた。


e0056537_21303913.jpg

さすがに山の中、涼しい。


e0056537_21304458.jpg
何よりもまずは作品を見る。


e0056537_21305028.jpg

いいなあ、でも手が出ない。



e0056537_21305479.jpg

e0056537_21305889.jpg

テラスでコーヒーとピザをいただく。


e0056537_21310109.jpg

エアコンはないけど山の涼しさを味わうことができる。
蝉の声は心地よく耳に届く。
残念ながら蜩の声は聞こえなかった。


e0056537_21311664.jpg

by shin0710s | 2017-07-30 21:35 | | Trackback

真夏の暑さとなる。

気温がどんどん上がる。
梅雨明けを思わせるような暑さである。
それに湿度も高い。
晴天でもあるし、こんな日は山に行こう。

e0056537_22121011.jpg
阿蘇の山脈が藍色を帯びている。
夏の山である。


グリーンロードからは、根子岳そして高森町がよく見える。

e0056537_22120843.jpg
地蔵峠に至る山間は夏の装いとなっている。

e0056537_22121260.jpg

家の中では、ジャスミンが待っている。
このワン公も山に登るのが大好きなのである。

e0056537_22121579.jpg

by shin0710s | 2017-07-02 22:16 | | Trackback

低山トレッキング

梅雨入りしたものの本日は
空気も乾燥し気持ちのいい1日であった。
初夏とはいえどこんな日は山に登るにはもってこいである。
体力をあまり必要としない低山は、私のような高齢者むきである。
ワン公もなんなく登ってく。

e0056537_17242241.jpeg
カメラとワン公が一緒なら里山だって十分楽しい。
これは406mの三角岳の途中である。
ジャスミンも足元にいる。

さて退院したら体力をつけてまた近くの山に登ろう。

by shin0710s | 2017-06-08 17:30 | | Trackback

南阿蘇の外輪山を歩きたい。

麓から眺める阿蘇外輪山は大きな木々に覆われている。
地蔵峠から駒返峠まで歩いたのは何年前だったか?

e0056537_11023121.jpeg
マーサを連れてのトレッキングであった。
地蔵峠を出発して、大矢岳を過ぎ気持ちよく進んだ。

e0056537_11064481.jpeg

大きなブナそしてクロマツ。
外輪山の自然林を腹一杯味わいながら進む事ができる。
しかしアップダウンの多いこと。
体力の無さに愕然としたトレッキングであった。

そして今、その自然道を下から眺める私である。
お供のマーサはすっかり老犬になっている。

e0056537_11132517.jpeg
もう山には登ることはできない。
それでもいつも一緒にいたがるマーサでる。

また体力をつけてこの道を歩きたいと思っている。
その時のお供はチョコ太かな。


by shin0710s | 2017-06-05 11:17 | | Trackback

南阿蘇のおばあちゃんが迎えてくれる。

俵山トンネルを抜けると南阿蘇村である。
地震の影響で遠回りになったけど一気に広がる阿蘇の山は素晴らしい。

e0056537_16112284.jpeg

烏帽子岳の山肌が痛々しいが雄大な眺めは日常の生活で溜まりに溜まった
芥を流してくれる

さらに進むと南阿蘇村のおばあちゃんが迎えてくれる。

e0056537_16183503.jpeg


by shin0710s | 2017-05-29 16:19 | | Trackback

清々しい季節が過ぎていく


今日は、素晴らしい晴天。
小学校の運動会が行われているのだろう
朝から爆竹の音が聞こえてきた。
湿度も低く暑いけれど運動会にはもってこいの日。

こんな清々しい日はトレッキングにもってこい。
阿蘇の山並みがオイデオイデと言っている。
e0056537_14434077.jpeg

爆発以来登山規制が敷かれ登ることができなかった。
更に昨年の地震で登山道が崩壊。

今年は登れるところをと思っていたのに。
管も残り1本。
まだまだ自由に動けないけど
初日二日目に比べれば雲泥の差。

ワンたちもうしばらく我慢するのだよ。

e0056537_14503287.jpeg



by shin0710s | 2017-05-27 14:50 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。