ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

カテゴリ:神社( 17 )

布袋様もびっくり?

ホギホギ神社に行ったのは八月。
何度か行っているが、なんともアバンギャルドな世界である。
境内が朱色。


e0056537_20183018.jpg

e0056537_20183580.jpg



当たるも八卦当たらぬも八卦の神様?
いやこの姿はどう見ても和尚様。
布袋和尚様である。




e0056537_20203622.jpg



e0056537_20183930.jpg
和尚様に二拝、二拍手、一拝はないと思うのだけど。
また、観音様に対してもどうかな?
とにかくこの前衛的な世界はすごい。






e0056537_20182681.jpg




by shin0710s | 2017-09-09 20:27 | 神社 | Trackback

目についたらカメラを向ける。

車を走らせていたら目に入ったのがこの神社。

e0056537_22040480.jpg

春日神社である。

e0056537_22040416.jpg
拝殿前では子どもが遊んでいる。

e0056537_22040596.jpg
熊本駅の再開発によりかすが校区の様子がすっかり変わってしまった。

e0056537_22040572.jpg

小さな神社である。本社は、奈良の春日大社。
懸魚そして彫刻も新しいようである。

e0056537_22040455.jpg


by shin0710s | 2017-07-29 22:10 | 神社 | Trackback

隣町の気にかかるもの2

本町から国道218号線にでて少し行くと左手に佐俣阿蘇神社がある。
この道は、通勤で数年通った国道である。
この佐俣阿蘇神社は国道に面しており、こんもりした杜の中にある。
本日もこの道を通っていたら気にかかるものがある。

e0056537_19211163.jpg

『茅の輪』?
確か茅の輪くぐりは6月30日だったはず。
今は7月。
とにかく寄ってみることにする。

e0056537_19211510.jpg
これは正方形だけど多分『茅の輪くぐり(ちのわくぐり)』の輪に違いない。
確か美里町の七夕は8月7日だった。
ならば明後日の7月30日が『茅の輪くぐり(ちのわくぐり)』に違いない。
境内も清掃がゆく届いている。
それに紙灯籠が準備してある。


e0056537_19363611.jpg


さてせっかくだから佐俣阿蘇神社を見学しよう。

e0056537_19244026.jpg

拝殿の天井が見事である。

e0056537_19244339.jpg
そして面輪に所に阿吽の像が。


e0056537_19362883.jpg


e0056537_19363109.jpg

ユーモラスな阿吽の神像である。


by shin0710s | 2017-07-28 19:38 | 神社 | Trackback

緑陰を求めて北岡神社へ

真夏の太陽がじりじりと照りつける。
エアコンの部屋で過ごすのが一番かもしれないが、
盛夏だからこそ緑陰の涼しさは健康的である?

そこで緑陰が広がっている場所を求めて北岡神社へ。

e0056537_17122719.jpg
北岡神社は、熊本県熊本市西区春日1丁目に鎮座する神社である。
平安時代に京都の祇園社の分霊を勧請して創建されたと伝わり、
熊本市域においては藤崎八旛宮と並ぶ由緒を持つ古社である。

朱色の楼門が楠の若葉に美しく映える。

e0056537_17122882.jpg

朱色と若葉の黄緑がいいなあ。

e0056537_17122852.jpg

境内は、参拝者もなく静かである。


e0056537_17122900.jpg
本殿に参拝する。

e0056537_17122864.jpg
e0056537_17122994.jpg
楠の大樹に覆われた北岡神社は、酷暑のなかでも静けさと涼しさが同居している。

e0056537_17123084.jpg


by shin0710s | 2017-07-17 17:22 | 神社 | Trackback

健軍神社へ。

五月晴れ?
梅雨の合間の晴天を五月晴れと言うらしいけど、
本日は晴天。しかし私の中の五月晴れの語感にはあわないな。

県庁まで行った帰りに久しぶりの晴天となったので
健軍神社へ。

大きな楼門に「健軍神社」の額が掲げてある。

e0056537_19543002.jpg

e0056537_19542714.jpg

健軍神社(けんぐんじんじゃ)は、熊本県熊本市東区にある神社である。阿蘇神社阿蘇市)、

甲佐神社(こうさじんじゃ、甲佐町)、郡浦神社(こうのうらじんじゃ、宇城市)と共に阿蘇四社とも称せられる。



e0056537_19543813.jpg
宮参りを終えた家族が本殿前に喜びを分かち合っている。


e0056537_19542795.jpg
平日なので参拝者は少ない。

e0056537_19542841.jpg

e0056537_19542691.jpg

明日は「夏越の大祓」で「茅の輪くぐり」が行われる。
まだ見たことはないが、きっと多くの人が集まるのだろう。

e0056537_19542667.jpg

by shin0710s | 2017-06-29 20:07 | 神社 | Trackback

草部吉見神社へ。

何となく阿蘇を走る。
阿蘇の連山がすっきりとして気持ちがいい。


e0056537_18065334.jpg
さて今日はどこに?
阿蘇神社より古い神社があるというので今日はそこに出かける。
高森峠を越えて高森町草部へ。


e0056537_18081655.jpg

草部吉見神社である。
草部吉見神社は、熊本県阿蘇郡高森町に鎮座する神社である。
旧社格は郷社。日本三大下り宮の一社。


e0056537_18081951.jpg

大きな杉木立がこんもりとした杜の中にある。
鳥居より石段を百数十段下ったところに社殿が鎮座している。
このため「下り宮」とも呼ばれ、鵜戸神宮(宮崎県日南市)、一之宮貫前神社(群馬県富岡市)とともに
日本三大下り宮の一社とされている。

e0056537_09350030.jpg

e0056537_18082288.jpg


e0056537_18082968.jpg
創建は阿蘇神社に先立つこと六年と言われる。

e0056537_18083280.jpg

e0056537_18083710.jpg


e0056537_09350603.jpg

吉見神社鳥居の前には小学校があった。
今は廃校となっている草部南部小学校である。
廃校となった学校は寂しいものである。
かっては、このような晴天の日ならば子どもたちの声が響き渡っていたに違いない。

e0056537_18084072.jpg

by shin0710s | 2017-05-18 18:40 | 神社 | Trackback

黄砂舞う日に大津山へ。

終日黄砂が舞い、霞がかかったような一日。
せっかくの日曜日、青葉茂れる山裾の神社を訪ねる。
e0056537_21465543.jpg
ツツジを期待していたのだが、とっくに盛りは過ぎている。
藤の花やツツジそれに牡丹は終わっている。
e0056537_21464889.jpg
ここは、大津山阿蘇神社である。
祭神は建磐龍神(たけいわたつのかみ) 阿蘇都媛神(あそつひめのかみ)
e0056537_21471526.jpg
e0056537_21471363.jpg
若葉が輝く。
e0056537_21470835.jpg
境内を散策して回ったが、何となく目がかゆい。
黄砂の影響かな。


by shin0710s | 2017-05-07 21:54 | 神社 | Trackback

高橋稲荷神社へ。

本日は午後より晴天の予報。
春の暖かさになるに違いない。気になっていた高橋稲荷神社へ
出かける。
日本稲荷五社である。
ところが曇天。生憎の空模様。
朱色の稲荷神社がくすんでいる。
e0056537_20360089.jpg
2月に初午大祭が行われ多くの人で賑わうニュースが流れていた。
今日は、参拝者は数人。
e0056537_20360475.jpg
狛犬も心なしか寂しそうである。
e0056537_20402525.jpg
大きな馬の銅像がある。
e0056537_20360786.jpg
e0056537_20403526.jpg
熊本地震の爪痕がここにもたくさん残っている。
復興工事が行われている。
工事が終わってからもう一度訪れたい。


by shin0710s | 2017-03-18 20:49 | 神社 | Trackback

ちょっと寄り道して船津阿蘇神社へ。

散歩の途中チョコ太が先に登っていく。
船津阿蘇神社への道である。
e0056537_17095741.jpg
熊本地震の爪痕がまだ残っている。
e0056537_17101245.jpg
延慶三年(1670)勧請。祭神は健磐竜命外となっている。
e0056537_17165062.jpg

e0056537_17102951.jpg

e0056537_17164052.jpg
同じ境内に船津仏像堂がある。
e0056537_17192860.jpg
不動明王そして脇童子。中心の仏像、また二体の仏像のいわれについては今後調べてみたい。
e0056537_17210186.jpg
e0056537_17193853.jpg
e0056537_17193454.jpg


by shin0710s | 2017-03-16 17:29 | 神社 | Trackback

トレッキング犬は無理?

チョコマミーを山に連れて行きたいので今日も少し訓練。
手頃な場所は?
車も少なくかつ人も少ないところ。
そうなると神社である。
正月三箇日はごった返すお宮も15日を過ぎれば静けさを取り戻す。
六殿宮へ。
e0056537_201553.jpg


拝殿への階段を上る。
e0056537_201563.jpg


思った通り人っ子一人いない。
静寂な神域である。
e0056537_2015288.jpg


雁回山への登り口に通じる裏山へ。
e0056537_201533.jpg


おっかなびっくりでついてきているマミーである。
e0056537_2015415.jpg


裏山に入ればワン公の独擅場。
走る、そして走る。
e0056537_2015437.jpg


しかし、やっぱりトレッキング犬は無理である。
怖いと思えば尻尾を巻いて一目散に逃げていく。
行く先など考えていない。
ただ逃亡するだけ?

それでも今日は、大人しくしていた方。
e0056537_2015598.jpg


もう少し人と寺社に慣れさせておかなければ。
e0056537_2015578.jpg

by shin0710s | 2017-01-17 20:21 | 神社 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス6匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。