ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

カテゴリ:赤ちゃん( 36 )

萌の里へ。

コスモスだよりに誘われて「萌の里」へ。
俵山への登山道がおいでおいでをしている。


e0056537_19180086.jpg


さて、コスモスの花はどうかな。


e0056537_19185487.jpg


ちょっと小ぶり?
元気がない。それに少ないような。


e0056537_19194751.jpg

まだ早い?それとも今年は不作?



e0056537_19191702.jpg


地震の被害からやっと開業にこぎつけた俵山交流館である。
コスモスにまでたどり着けなかったのかもしれない。



e0056537_19193243.jpg

by shin0710s | 2017-10-07 19:24 | 赤ちゃん | Trackback

麻生原のきんもくせい

今年もまたきんもくせいの花が咲く季節になった。
このきんもくせいは、大きさにおいては日本一であり、昭和9年に天然記念物に指定されている。
樹高18mもあり、香りが緑川対岸まで漂わせている。



e0056537_19282940.jpg


平日だけどきんもくせいの香りに誘われて多くの人々が訪れる。
今日は少ないということだけとひっきりなしのお客様である。


e0056537_19283958.jpg


見上げると薄黄色の小さな花がちりばめたように咲いている。



e0056537_19285015.jpg


きんもくせいのよこにはせったいしょがあり、ちいきのかたがたが、お客様を
喜んで迎えられている。


e0056537_19292480.jpg


接待所の中では笑顔と笑い声が広がっている。


e0056537_19290756.jpg

by shin0710s | 2017-10-03 19:35 | 赤ちゃん | Trackback

やったー今日も貰ったよ。

コウメの大好物。
甘柿である。
誰にもやらないんだからね。



e0056537_22343808.jpg


獏のもあるもん、と思っているのはチョコ太。
持っていくもん、僕も。



e0056537_22344492.jpg


誰にもやらないんだから。
14歳のコウメ、しっかりと柿を咥えている。



e0056537_22350121.jpg


by shin0710s | 2017-09-26 22:37 | 赤ちゃん | Trackback

彼岸花が咲き誇る。

台風の影響が少しずつ出始めている。
時折雨が降る。
風も少し。

あぜ道のヒガンバナが雨に濡れている。


e0056537_15591153.jpg


台風の風でこれらのヒガンバナも倒れてしまうかな。



e0056537_15592500.jpg


もうしばらく朱色のあぜ道を楽しみたいものである。



e0056537_15594468.jpg




by shin0710s | 2017-09-16 16:01 | 赤ちゃん | Trackback

稲穂が頭を垂れる季節

日々田んぼが黄金色に変わっていく。
稲穂が頭を垂れてきている。
この季節になるとヒガンバナが咲き始める。


e0056537_20152065.jpg



あぜ道に朱色のヒガンバナが羽を広げる。



e0056537_20153339.jpg


またこの季節は、台風の季節でもある。
18号台風が九州に近づいている。
できれば日本からそれて太平洋に進んでほしいものである。

by shin0710s | 2017-09-14 20:18 | 赤ちゃん | Trackback

春宵までにはもう少し。

午後5時を過ぎている。
夕日が境内に差し込んでいる。
納骨堂が明るく光っている。
e0056537_20493836.jpg


鐘楼も夕日を受けている。
石門にかかる紅葉は若葉で覆われた。
e0056537_20494056.jpg


山を見ると…
何年ぶりだろう、私の村に鯉のぼりが上がるのは。
e0056537_20494473.jpg


『かずやちゃん』の孫に違いない。
お父さんの『まさはるさん』も亡くなり、かずやちゃんがおじいちゃん。
すっかり代替わりである。
鯉のぼりだけれど…
草の戸も住替る代ぞひなの家
e0056537_20494225.jpg

by shin0710s | 2016-04-14 20:56 | 赤ちゃん | Trackback

保育園の入園式へ。

ちょっと前のこと。
といっても4月1日のことである。
この日は、保育園の入園式。
e0056537_186961.jpg


その日も生憎の曇り空。
保育園のホールで入園式。
新入園児は19名。
e0056537_1872981.jpg


4歳児さんが3名。
未満児さんは、平成27年9月生まれ。
e0056537_1895035.jpg


大変な泣き声である。
でも、幼子の泣き声をほとんど聞くことがなくなっているだけに
私たちが元気付くような気がする。
未満児さんは、4名。
まだ、赤ちゃんである。
お母さんも本当は、もっと一緒に過ごしたいに違いない。
それができない理由があるのだろう。
しっかり見つめる幼子が可愛い。
e0056537_1814227.jpg


小学校からは、教頭先生がお祝いの言葉。
子育てを終えた先生だからお祝いの言葉が暖かい。
遠い昔、我が子が誕生したときは、まだ育児休業はなかった。
産後休暇が明けたら職場復帰であった。
40年近くも昔のことである。
よくぞ育てたものである。
e0056537_18154734.jpg


保護者代表のあいさつ。
お父さんが一生懸命である。
e0056537_1816982.jpg


最後は職員による人形劇。
e0056537_18165445.jpg


さて、今日から、子どもにとってもお母さんにとっても試練の日々である。
by shin0710s | 2016-04-04 18:17 | 赤ちゃん | Trackback

お食い初め(おくいぞめ)

庭にドウダンツツジの花が咲いている。
e0056537_16584487.jpg


そしてツツジの白い花も咲き始めている。
白の花を撮るのは難しい。
三脚なしで撮ったのでぼけぼけである。
e0056537_16584851.jpg


ところで人の赤ちゃんは、生後100日にお食い初め(おくいぞめ)を行う。
でも実際は食べ物を口には入れない。
赤ちゃんの祝い事のひとつで、生後百日または百二十日目に 『初めて母乳以外の食べ物』を用意し、食べさせるまねをします。赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないようにと」願う日本の伝統的な儀式です。『お食い初め』は平安時代の五十日(いか)、百日(ももか)の儀式。 また、魚や魚肉を食べさせる、魚味始め(まみはじめ)という儀式から始まったと伝えられています。 地方によっては百十日目におこなうところもあります。その呼び名も『食べ始め』、『箸初め』、『箸揃え』『箸立て』『真名初め』などと呼ばれています。

さて、ワン公の赤ちゃんは?
e0056537_1654570.jpg


どんどん食べ始める。
e0056537_16543621.jpg


その顔たるや…
e0056537_16545885.jpg


でもこれが生きる力である。
e0056537_16553341.jpg


うれしい、こうやって食べるコマメっ子を見ることが出来るのが。
e0056537_16575755.jpg

by shin0710s | 2014-04-16 19:02 | 赤ちゃん | Trackback

どきっ。三女が赤ちゃんを。

家に帰ると…
赤ちゃんがいる。
三女が赤ちゃんを連れてきた。
e0056537_19433545.jpg


いったいいつ生まれた?
聞いてないぞ。
e0056537_1943598.jpg


実は友達と一緒に遊びに出るところ。
やっぱり同じ年齢でもお母さんになると違うようである。
e0056537_19452285.jpg


きっととても可愛い女の子になっていくことだろう。
私も楽しみにしている。
e0056537_1946066.jpg

by shin0710s | 2013-03-19 19:46 | 赤ちゃん | Trackback

子育ては難しい?

先日のことである。
動物園で、さるやま?に人だかりが。
見ると
ワオキツネザルの子ども。
e0056537_18213748.jpg


e0056537_18214080.jpg


遊びをせんとや生まれけむ
戯(たはぶ)れせんとや生まれけむ
遊ぶ子どもの声聞けば
わが身さへこそゆ揺るがるれ(梁塵秘抄)


の歌があるは、それはなにも人に限らない。 
このワオキツネザルの子どもは一時もじっとしていない。
e0056537_18214234.jpg


e0056537_18214663.jpg


あっちに動き、こっちに動き、大人のサルの注目を
浴びている。
e0056537_18214985.jpg


こっちにおいで。
の声が聞こえそうである。
e0056537_18215395.jpg



我が娘の子育ても真っ最中。
e0056537_18215738.jpg

by shin0710s | 2012-04-13 18:24 | 赤ちゃん | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。