ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

カテゴリ:花( 206 )

百日紅は満開の日々。

庭ができて25年余り。
亡くなった父が工夫を凝らして創り上げた庭である。
「仕事を辞めて、ぼんやりと庭を眺めるのはいいものだぞ」
と言っていた。
それぞれの植木がまだずいぶん小さかった。
枯れた松もあるしモミジもある。
そんな中でこの百日紅は元気に生きている。
ただ、花は咲くのだけど、その数は少なかった。
ところが今年は辺り一面が明るくなるほどたくさんの花を咲かせてくれた。


e0056537_14434732.jpg


e0056537_14423033.jpg


e0056537_14422590.jpg


確かに、このように見事に咲いた百日紅を部屋から眺めるとガラス戸いっぱいに広がっている。
ちゃんと手入れをしているとこのように咲いてくれるのだろう。
植木職人さんのお陰である。
今年は、珍しく私もしっかり草取りをしたけれど。

ただワン公たちにとっては花より団子?みたいである。


e0056537_14422228.jpg

それより登ったり下りたりして遊びたいらしい。



e0056537_14423331.jpg

by shin0710s | 2017-08-07 14:45 | | Trackback

百日紅咲く。

雨が続く日々である。
今日はときおり青空が少しのぞく。
庭の百日紅が咲き始めた。

e0056537_14482696.jpg







炎天の  地上花あり 百日紅
      (加賀の千代女)






百日紅は夏の花である。炎天下でもその花を咲かせ続ける。
強靱な生命力である。


e0056537_14483471.jpg

百日紅が咲き始めると夏休みもすぐそこ。
梅雨も明ける頃である。


e0056537_14483324.jpg

百日紅の下、龍のヒゲの間に尻尾があるけど。


e0056537_14485432.jpg

誰の尻尾?


e0056537_14485655.jpg
そうか、チョコ太か。


e0056537_14490017.jpg

by shin0710s | 2017-07-08 14:54 | | Trackback

雨が降ってこそ

昨日からやっと雨が降る。
雨に濡れた紫陽花が少し息を吹き返している。
紫陽花も終わりの季節を迎えているのか。
境内に4カ所で紫陽花が咲いている。

e0056537_15080758.jpg

e0056537_15080611.jpg

e0056537_15080698.jpg

e0056537_15081360.jpg

e0056537_15081299.jpg

少し眠そうなジャスミン。


e0056537_15081990.jpg

by shin0710s | 2017-06-21 15:11 | | Trackback

喰って寝てウロウロ

「一週間は、安静にしていてください。」
主治医の先生から言われているので
三食きちんと食べ、よく寝てそして少しの散歩となる。
今日も腹八分目、そしてよく噛んでの食事を終えると
午睡を楽しむ。
目が覚めると、境内をウロウロと歩く。

今日は、暑い。30度近くあるのでは。
境内の片隅に暑さに干上がってしまいそうな紫陽花に目が行く。

e0056537_15391238.jpg

小雨の中であるなら、みずみずしさが出てくるのだろうが、この暑さでは…

e0056537_15391364.jpg
小さな虫がいる。カマキリかな。

e0056537_15391219.jpg
畑をのぞいてみるとおやおや美味しそうなスイカ。

e0056537_15392633.jpg
カラスに食べられないようにしなければ。
めざとく見つけてくちばしでぼこぼこにしてしまうのだから。


「コウメ、気持ちいいかい?」

e0056537_15393405.jpg
聞こえないふりが得意のおばあさんワン公である。


e0056537_15393297.jpg
でも年を重ねるごとに可愛いおばあちゃんになってきた。

e0056537_15393025.jpg



by shin0710s | 2017-06-16 15:44 | | Trackback

南天の白い花

師走の頃には注目される南天の赤い実。
我が家の周りには南天があちこちで茂っている。
いつの間にか大きくなった南天に白い花が咲いている。


e0056537_20261375.jpg

正月の花としては必要だけど、日頃は、邪魔な木だなあ、と思って何度も切り倒していたが、
いつの間にかまた大きくなっている。


e0056537_20262084.jpg

南天の花言葉は?いろいろあるが、なんかしっくりこない。

南天の花は、仲夏の季語。実は三冬の季語。中国原産。日本では西日本、四国、九州に自生しているが、
古くに渡来した栽培種が野生化したものだとされている。
音が「難を転ずる」に通ずることから、縁起の良い木とされ、鬼門または裏鬼門に植えると良いなどという俗信がある。


ということらしい。


e0056537_20262302.jpg

南天の花のそばにいるのは、ショウである。
元気になった姿がうれしい。


e0056537_20262825.jpg

by shin0710s | 2017-06-14 20:35 | | Trackback

土手のすかんぽジャワ更紗

「土手のすかんぽジャワ更紗さ…」
子どもの頃何となく口ずさんでいた。
親が教えたわけでも無い。
音楽の素養はほとんど無かった両親である。
いつの間にか覚えていた。
友達同士で言い合っていただけかも知れない。
さて「すかんぽ」とは「スイバ」のことである。

e0056537_11280954.jpeg
子どもの頃は何でも食べていた。
ただこのスイバはしょっぱ過ぎて食べられるものでは無かった。
すかんぽといえば「イタドリ」である。
これは美味しかった。
スイバは、とにかく酸っぱい、の印象しか無い。
いつもの散歩道には夏が近づくにつれてスイバがどんどん伸びていく。

ただ何と無く口ずさんでいたスイバの歌であるが、
調べてみるとちゃんとした童謡である。

酸模の咲く頃
北原白秋 作詞 山田耕筰 作曲

土手のすかんぽ ジャワ更紗
昼は 蛍がねんねする

僕ら小学尋常科
今朝も通ってまた戻る。

すかんぽ すかんぽ 川のふち
夏が来た 来た ドレミファソ






by shin0710s | 2017-06-01 11:44 | | Trackback

姫令法咲き始める。

午前中は曇り空であったが、稲妻と共に雷鳴がとどろく。
そして午後からは雨。
更には、大雨洪水警報が発令中。

こんな日はワン公の散歩もない。
終日家の中で過ごすことになる。
中庭を見ると、花が咲き始めている。
枯れてしまったと思っていたコバノズイナである。


e0056537_17091095.jpg

それがまた復活して今年はまた花を咲かせてくれる。
姫令法(ひめりょうぶ)の別名がある。
花を開いたときよりも、今日の日のように雨に濡れた小さな花穂のときが可憐な
姿を見せていとおしい気持ちになる。



e0056537_17090859.jpg

ットで調べると、「令法(りょうぶ)」との名前は、律令の時代に、山村の飢饉に備えて、
この木の葉を採集して貯蔵するよう
令を守って布告したところから令法と呼ぶようになったとのことである。
飢饉の時、穀物に混ぜ、「かてめし」として役立ったそうであるとも。

さてこんな雨の時に隙を見て脱走する者もいる。
ほら出てきた。
全く、困ったワン公である。

e0056537_17091314.jpg

by shin0710s | 2017-05-12 17:29 | | Trackback

一足遅れの藤の花?

玉名市の山田日吉神社から藤の花便りが届く。
これは行かねば。
そう思って本日は日吉神社へ。
e0056537_19074920.jpg
藤の花といえば正岡子規の短歌を思い出す。
中学生?それとも高校生の時教科書に出ていた歌である。
        瓶にさす藤の花房みじかければ畳の上にとどかざりけり
                                        正岡子規
藤の花って高いところから長く垂れ下がってるイメージがあるけれど、
実際花瓶に生けられたそれは思ったより短かったんでしょうね。
届きそうで届かないものを、治したいのに治らない自分の病状と重ね合わせたんじゃないかしら、と思いました。

との解釈があったけれどなるほどと思う。
中学、高校では読み深めることが難しい歌であろう。
e0056537_19115140.jpg
さてこの日吉社の藤の花であるが、紹介文である。


e0056537_19120637.jpg

平日であるが、多くの人が訪れている。もう少し早く訪れるべきである。房の上の方は枯れつつある。
e0056537_19155069.jpg
e0056537_19160111.jpg
来年はもう少し早く訪れることにしよう。
e0056537_19183448.jpg

by shin0710s | 2017-05-02 19:19 | | Trackback

境内に春の花が咲き始める。

境内は新緑の季節。
生命力あふれる木々が季節を味わっている。
e0056537_21232888.jpg
体調があまりよくないショウである。
白秋家のリーダーであったが、耳を悪くしたのか
体調を崩している。
e0056537_21235849.jpg
今日は春の気持ちのいい日。
ショウを庭で過ごさせる。
e0056537_21255811.jpg
ドウダンツツジが春の陽射しを受け、気持ちよさそうに揺れている。
e0056537_21244332.jpg
e0056537_21251458.jpg
エビネランも満開。
e0056537_21260358.jpg

by shin0710s | 2017-04-19 21:27 | | Trackback

春の花を楽しむ

庭の花がいい気に開花し始めた。
ツツジが数輪咲いている。
e0056537_21195836.jpg
シャガは満開。
e0056537_21200388.jpg
散歩のワン公も花を愛でる?シロツメクサが咲いている。
ウサギだったら美味しそうになるかも。
e0056537_21201026.jpg
e0056537_21201542.jpg
春はいいなあ。
e0056537_21201932.jpg
アケビの花かな?
e0056537_21202364.jpg

by shin0710s | 2017-04-13 21:30 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス6匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。