ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

<   2010年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日は、サッカー教室だよ。

睡眠不足の朝。
昨夜の夜更かしが後遺症になっている。
朝から激しい雨。

今日も昨日に続いてサッカーの日?
雨のため、遊戯室でサッカー教室。

若いインストラクター?
子どもたちは、若い先生が大好きである。
まずは、遊戯室で顔合わせ。
e0056537_17514054.jpg


子どもたちを一気にインストラクターの先生の世界へ
引きずり込んでいく。
うまい。体育の指導は小学校の先生よりうまいかも。
まずは準備運動。
e0056537_1752812.jpg


お母さんたちも一緒に。
もう楽しくってしょうがない、と子どもたちの顔がいっている。
e0056537_17522898.jpg


さて、何をするのかな?
転げたり、もぐったり。
e0056537_17525212.jpg


ボールを頭に載せたり、離したり。
e0056537_17531440.jpg

手をつないで転げたり。


ボールを投げたり。
時間が過ぎるのを忘れるほどである。
e0056537_17534328.jpg


相撲だってする。
最後はボール運びリレーを。
e0056537_8382326.jpg


楽しい時間を過ごすことが出来たね。
しっかりお礼を言って。
尋ねたいことがある人?
e0056537_17544337.jpg


今日も最後は記念写真。
e0056537_17572071.jpg


ところですみれさんは何をしている?
ワラの家が動いている。
どこに行くのかな。
e0056537_17574227.jpg


保育室到着。
お母さん先生にお礼を言って…
e0056537_1758138.jpg


わっしょい、わっしょい。
さて明日は、このワラの家を使って何があるかな。
by shin0710s | 2010-06-30 17:58 | Trackback

今日は、ブログは無理?

多忙な一日。
子どもの姿を見る間もなく一日が終わった。
こんな日もあるかなと思うけど…。

今日は、さくら組の太鼓を見る。
成長が著しい。
力強ささえ見えてきている。

今日は残念ながら子どもたちの写真はさくらのみ。
笑顔いっぱいのさくら組である。

どうやってこの笑顔を撮ったかって?
私の後ろで笑わせた先生がいるらしい。
でもいい笑顔である。
e0056537_17231176.jpg

by shin0710s | 2010-06-29 17:32 | その他 | Trackback

どろんこ祭りか、田植えかな?

5年生の国語の教科書に「どろんこ祭り」という物語文があった。
今の教科書には出ていないが。
なかなかおもしろいと思って子どもたちと楽しんでいたが、「男らしさ」「女らしさ」がタブーになりがちな世の中である。いつの間にかなくなってしまった。
さて、このどろんこ祭りだが、以下はあらすじである。

どろんこ祭り
今江祥智 ポプラ社
 三郎は気が弱くて女の子みたいと言われている男の子。一方、三郎の友達のせっちゃんはおてんばで、まるで男の子みたいな女の子。三郎は東京から転校してきたばかりなのだが、何故か正反対の2人は気が合って、すぐに友達になってしまった。この2人の住んでいる地域には、五穀豊穣を祝うためのどろんこ祭りと呼ばれるお祭りがあるのだが、これが、どんなお祭りかというと、女の子が男の子に泥を塗りたくるというもの。この、どろんこ祭りに服装を交換して、入れ替わって参加しようと、せっちゃんは三郎に持ちかける。せっちゃんにとっては、いつもやっているようないたずらと同じような軽い気持ちからの提案だった。
 ところが、いざ祭りが始まると、予想外の状況が発生する。最初は恐々と泥を投げていた三郎だが、あんたも泥を投げろと周りからすすめられるうちに、祭りの熱気にあてられたのか、夢中になってせっちゃんに泥を塗り始めるのである。そして、泥を塗られたせっちゃんは、いやがって逃げ出す始末。入れ替わっていることがバレないように、かぶっていた手ぬぐいや菅笠も取れてしまい、いつもとは違う様子の2人に周りの大人は大笑いという物語。三郎の変わりっぷりが、なかなかおもしろいのだが、残念ながら現在の教科書では削除されてしまっている。
  http://www.h2.dion.ne.jp/~yatte/ohanasi.html

さて、幼稚園は、男の子、女の子の区別はない。
HeでもShiでもなくまだ、Itの時代である。
晴天とまではいかなくても梅雨の中休み。
湿度が高い中、田植えに出かける。
田んぼに着くまでが大変である。
e0056537_16312410.jpg


さて、お祖父ちゃん、お祖母ちゃん先生の話を聞いて.
やり方分かったかな?
e0056537_16315862.jpg


早速田植え。
e0056537_16321526.jpg


子どもたちに田植えの意識はない?
それでもしんけんに、苗を植える。
e0056537_16332387.jpg


植える。
e0056537_16334665.jpg


植える。
e0056537_16341177.jpg


泥遊び。
e0056537_16323885.jpg


疲れた。泳ぎたいなあ?
である。
e0056537_16344566.jpg


気を取り直して、最後だぞー。
e0056537_1635318.jpg


軟らかな土。
足を包み込むような田んぼの土に包まれるのは
なかなかいいものである。
昔は、そうして裸足で田んぼにはいると
ヒルが足にべったりついていたものである。
痛くもないけれど、血を吸って大きくなったヒルの
気持ち悪さは今も残っている。

さあ、終わった。お祖父ちゃん先生の大きな声で
「ありがとうございました。」
e0056537_16363361.jpg

子どもたちの田植えはどんどんはかどる、とはいかないが
田んぼの周りには、早乙女のお母さん先生の応援
が有り、無事田植え終了。
ちなみに、早乙女とは、田植えをする女性のことであるらしい。
響きのいい言葉である。
今日、田植えをしてくれたお母さん方は、早乙女ということになる。
なるほど、なるほど………。


小国の小学校で田植えをした後、保護者と「さなぼり」
といって懇親会をしていた。

差し入れをしていただいたので、職員で「さなぼり」を行った。
子どもたちと一緒に「さなぼり」をすれば良かったかな。
by shin0710s | 2010-06-28 16:37 | Trackback

風を感じて…

梅雨の晴れ間。
蒸し暑いけれど、ワン公4匹をつれて散歩へ。
蒸し暑い。
それでも風がある。

湿気を含んだ暖かい風であるが。
晴れ間の散歩は久しぶり。
夏の風?
e0056537_171430.jpg


気持ちよさそう。
e0056537_1714345.jpg


コウメ、いい風だね。
e0056537_172792.jpg


すっかりショウも大きくなって。
今では、母親を追い越している。
e0056537_17111111.jpg

by shin0710s | 2010-06-27 17:02 | ワン公 | Trackback

雨。

梅雨とはいえ雨が続く。
今日も雨。
本堂の屋根も雨に降られている。
e0056537_2115142.jpg


雨の中、槇の新芽が光っている。
e0056537_21181893.jpg


雨が降るので、散歩もない。
おとなしく夜のご飯を待つ。
e0056537_2119057.jpg

by shin0710s | 2010-06-26 21:19 | その他 | Trackback

頑張れ、先生。

今日は、実習生の一日保育。
緊張感が漂っている。
e0056537_155929.jpg


当番さんと一緒に職員室へ。
今日の漢字は?
上、中、下

子どもたちはすごい、どんどん覚えていく。

長女の子どもは、1歳7ヶ月。
アンパンマンとキティーは、どんなに小さくても
気づく。
すぐに判断できる。
情報の洪水の中で。

子どもたちもこれと一緒なのかも。
漢字を覚えるのは、アンパンマンとキティーと同じなのかも。

給食も一緒に食べる。
e0056537_1635464.jpg


観察実習の実習生は今日まで。
お別れ会。
e0056537_1643327.jpg


出し物は?
子どもたちの喜ぶ顔を見ると
楽しかったことがよく分かる。
e0056537_1652234.jpg


さあ、それではみんなで記念写真。
e0056537_1655067.jpg

by shin0710s | 2010-06-25 16:05 | Trackback

晴天、笑顔が広がる。

久しぶりの晴天。
それだけで、子どもたちの笑顔が広がる。
朝の体操も、自然と体が動き始める。
今日は、アップで。
e0056537_16452239.jpg


やっぱりこんな一生懸命な顔がいいね。
e0056537_16453922.jpg


晴れたら笑顔になるよ。
e0056537_16464871.jpg



体だって一人で動き出すんだよ。
e0056537_1646919.jpg


e0056537_16472165.jpg


朝の体操でいいスタートを切れたね。
e0056537_16475977.jpg



今日は、誕生会。
誰の誕生日かな。
e0056537_1648247.jpg


みんなが「おめでとう」
といってくれるので、ほら自然に顔がほころぶ。
でもmyuuちゃんちょっと熱があったみたいだね。
e0056537_16484842.jpg



今日は、どんな話があるのかな。
創作民話。
この町に住んでいる人はみんなが知っているお話。
鯰のお話だよ。
e0056537_16491042.jpg


おもしろかったね。
by shin0710s | 2010-06-24 16:49 | Trackback

さくら太鼓、本格的?

玄関のひまわりも今が盛り。
夏の太陽をほしがっている。
e0056537_15294638.jpg


この太陽のようにさくら組は、
いまきらきら輝きだしている。
大きく成長している。

昨日より太鼓を使っての練習始まる。
昨日が初日。
e0056537_153122100.jpg


太鼓の先生の声が飛ぶ。
先生も、気持ちよく声を飛ばしている。
子どもたちの反応がいいのである。
e0056537_15322214.jpg


初日とは思えない動き。
決めのポーズ?
e0056537_1533084.jpg


どんどん伸びよ、子どもたち。
e0056537_15333587.jpg

by shin0710s | 2010-06-23 15:33 | Trackback

ワラの家は、どうやってつくる?

すみれさんは、「三びき子ぶた」の鬼ごっこ。
三匹の子ぶたのお話は?

…こぶたは途中で、ワラをたくさん持った農夫に出会いました。
「農夫さん、お願いです。 家をつくるのにそのワラをください。」
こぶたはワラをもらうと、それで家をつくりました。
「どんなもんだい、ボクの家。」 一番年上のこぶたは胸を張りました。
  そこへ狼が通りかかりました。
こぶたは驚いてワラの家に入り、中から鍵をかけました。
「こぶたくん、俺を中に入れてくれないか?」
狼は戸口に立ってこぶたに言いました。
「イヤだよ。 そんな事したら食べられちゃうじゃないか。」
こぶたはちっちゃなヒゲをピンとのばして答えました。
「じゃあ、こんな家は、俺の息で吹き飛ばしちゃうぞ。」
狼はそう言うと、息をすぅぅぅぅぅぅぅぅ~っと吸い込みました。
「フーのプーのブゥゥゥ~~~~~~!」…


まず、ワラの家。
ワラの家をつくりたいけど…
どうやって作ろう?

そこで、「お父さん先生」の登場である。
本園のファミリーティーチャーである。
さて、どんなワラの家になっていくのかな?
e0056537_1614431.jpg


子どもたちは、ワクワク。
興味津々で大道具に目を見張る。
e0056537_16151027.jpg


「すごーい」
「かっこいーい」
子どもたちの歓声が上がる。
e0056537_16153613.jpg


お父さん先生は、黙々と家造り。
ちょっと恥ずかしそうである。
e0056537_16155472.jpg


お母さんたちと比べるとにこやかにとはいかない。
ただ、本当に手際がよい。
さて、形が出来てきた。
e0056537_16162628.jpg


もうすぐ出来上がる。
みんな中に入れるかな?
バンザーイ。
e0056537_16175626.jpg


お父さん先生に大きな声でお礼を。
「ありがとうございました」
e0056537_16181232.jpg


ワラの家の柱が出来たので後は、ワラをかぶせる。
それは子どもたちの仕事。
その次には、木の家。
最後は煉瓦の家だけど、どう発展していくのだろう。
楽しみである。


お父さん先生の出番は、まだまだたくさんありそうである。
お世話になります。
by shin0710s | 2010-06-22 16:20 | Trackback

わたしたち幼稚園へ、ようこそ。

本日より教育実習生が来園。
まだ、「アラツー」(?)
の二人の先生である。
子どもたちに年齢が近い。
e0056537_153347.jpg


私と保護者よりもずっと近い。
さて、この年齢の時私は何をしていたのだろう。
e0056537_15332411.jpg


やっと学生になれたときか。
この年齢はうらやましいけれど、もう一度
やり直したいという気はない。
もう十分かな。
e0056537_153346100.jpg


さて、子どもたちはうれしい。
すぐ手や足に鈴なりになる。

短い時間だけど、子どもたちから
多くのことを学んでほしいと思う。

二人を歓迎して大きな声で
園歌を歌う。
e0056537_1535126.jpg


ほら、出ておいで。
大きな声で歌うんだよ。
e0056537_15353481.jpg


意味というものは
こちらが読みとるものだ。
ねうちというものは
こちらが発見するものだ。
すばらしいものの中にいても
意味が読みとれず
値打ちが発見できないなら
瓦礫の中にいるようなものだ。
東井義男

by shin0710s | 2010-06-21 15:36 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。