ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

<   2014年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

さあ、下りようか。

俵山の山頂は、気持ちいいね。
眺めもいいし、澄み切った空気がおいしい。
e0056537_10493494.jpg


登ってきたみんながぼくに優しくしてくれるよ。
[ジロー」って呼ぶ声がしたけど、ぼくマーサだよ。
ススキの間から一の岳、二の岳が見えたよ。
e0056537_1051663.jpg


阿蘇市がよく見えたよ。
少しかすんでいるけどね。
e0056537_10514239.jpg


さあ、下りようかな。
e0056537_10531167.jpg


あそこまでまずは下りるんだよね。
e0056537_10542087.jpg


阿蘇の山々がよく見える。
なかだけから噴煙が上がっているよ。
e0056537_1054566.jpg


パパさん、早くおいで。
e0056537_1055321.jpg


早く早く。みんなと一緒に下りるよ。
ぼくをジローって呼んだ人がいるよ。
e0056537_1056889.jpg


稲刈りの終わった田んぼがある。
e0056537_1057582.jpg


なんか、赤いものが見えるけど何かな?
e0056537_10573590.jpg


あっ、列車だ。
小さいなあ。
e0056537_10582071.jpg


一杯花があったよ。
e0056537_1102294.jpg


e0056537_1103049.jpg


また、パパさんと一緒に山に登りたいなあ。
by shin0710s | 2014-09-30 19:54 | | Trackback

マーサ行くよ、俵山へ。

午前9時50分、トレッキング開始。
もちろんお供はマーサ。
晴天である。心地よい高原の風。
5月14日以来の俵山。
e0056537_1725993.jpg


芒の林を抜けて最初の登り坂。
汗が流れる。
心地よい汗である。
阿蘇の山並みそして南阿蘇。
e0056537_1731452.jpg


e0056537_176567.jpg


杉の林には、ツリフネソウ。
e0056537_1751295.jpg


マーサに見守られて歩く?
e0056537_1771583.jpg


マツムシソウが広がる。
e0056537_1781112.jpg


山はいいなあ、今日は多くの登山者がいる。
きっとみんなそう思っていることだろう。
e0056537_1794240.jpg


さあ、見えてきたよ、俵山が。
たくさん登っているねえ。
e0056537_179599.jpg


e0056537_17101683.jpg


パパさん、大丈夫ですか?
e0056537_17103596.jpg


マーサは人なっこいワン公なのでみんなにかわいがられる。
e0056537_17113514.jpg


最後の急坂を登る。
e0056537_1712579.jpg

 
眼下に広がる南阿蘇。
e0056537_17122861.jpg


頂上が見えてきた。
もう少し。
e0056537_17125558.jpg


さて、今日も記念写真。
e0056537_1713388.jpg


今日は頂上もたくさんの人がいるね。
みんなマーサにあいさつしてくれる。
よく頑張ったねーって。
頑張ったのはパパさんなのにね。
by shin0710s | 2014-09-29 19:15 | | Trackback

今日はお休み。

今日は23707歩。
万歩計が示している。
今日は山へ。
そして二回の散歩。
さすがに疲れた。
今日はお休みします。
by shin0710s | 2014-09-28 20:21 | Trackback

仲秋の候?

9月は仲秋?
彼岸花は、初秋?
そろそろ彼岸花も終わりである。
e0056537_2043836.jpg


しおれている彼岸花が多くなった。
そこで今年最後の彼岸花を。
さあ、花のところに行くよ。
e0056537_2043515.jpg


夕暮れの光を受けている。
e0056537_20441256.jpg


その光を受けて輝く。
e0056537_20445452.jpg

by shin0710s | 2014-09-27 20:45 | | Trackback

散歩だ、散歩だ、散歩だよ。

今日は、ちょっと離れたところで散歩だよ。
広いなあ。
e0056537_1935563.jpg


思い切って走っていいんだ。
e0056537_19391290.jpg


ここは?
e0056537_1936931.jpg


乙女河原だよ。
緑川に入るかい?
e0056537_19363986.jpg


大丈夫、大丈夫。
e0056537_19374223.jpg


気持ちいい。
e0056537_19371815.jpg


もっと先まで行っていい?
e0056537_1937871.jpg


今度は河原を歩くよ。
e0056537_19365991.jpg


次は草の上。
e0056537_19431100.jpg


気持ちいいだろう。
またこようね。
by shin0710s | 2014-09-26 19:43 | ワン公 | Trackback

散歩のあとは?

疲れ切っている。
散歩に出ると持ってる力を出し切って
走り回る。
今一番元気なチョコタン兄妹である。
e0056537_205886.jpg


訴える目は、なんか欲しいな、食べ物が。
である。
くれないの、じゃいい。
となる。
e0056537_2055024.jpg


妹のチョコ子も大きくなっている。
母親のコマメそっくりで、窓際で警戒している。
心配しないでいいよ。
チョコ子。
e0056537_2082677.jpg

by shin0710s | 2014-09-25 20:08 | ワン公 | Trackback

子どもは、芸術家?

庁舎のギャラリーが賑やかである。
本町小学生の緑川の絵が掲示してある。
低学年の作品である。
e0056537_16343115.jpg


こんな川であってほしいな、こうやって遊びたいな、
子どもたちの願いが絵に現れている。
e0056537_16342046.jpg


今、緑川で遊ぶ子どもはいない。
遊ぶには危険すぎるのである。
e0056537_1634356.jpg


それでも、子どもたちは、クレヨンを握って川と遊んでいる。
子どもは芸術家である。
e0056537_1634538.jpg


「…なぜ子供たちは、楽しく絵を描いたり、歌ったり、
踊ったりと全員が自由で純粋な芸術家であるのに、
その後小学生、中学生と成長していくに従い、
「好きなんだけど」といいながら芸術から遠ざかっていくのでしょうか…」
         東京芸術大学学長 宮田 亮平氏

との言葉があった。確かにそうである。
e0056537_16383141.jpg


小学校1年生は、絵を描くことが大好きである。
e0056537_20503612.jpg


歌うことが大好きである。歌が流れたら体が動き出す。
すぐに踊り出す。この感性を大事にしたい。
親のもっている美的感覚などは子どもの世界と遠く隔たっている。
好きなように、思いのままに広いキャンバスを用意してやりたい。
e0056537_20505379.jpg


そうしたら子どもは、本当に自由になることだろう。
by shin0710s | 2014-09-24 18:44 | ことば | Trackback

三代目。

三代目である。
初代の孫に当たる。
二代目とは姉妹である。
e0056537_19415227.jpg


名前は「さくら」。
三代目さくら。
e0056537_19423686.jpg


二階から降りることができない。
階段が苦手である。
だから2階で情けない(?)目をしている。
しかし、三女の愛娘(?)なので白秋家では威張っている。
e0056537_19443613.jpg


私は、犬なんかじゃないよ、と。
e0056537_1945580.jpg


初代に比べるとかなり見劣りするけれど、それなりの
ワン公である。
ね、さくら。
何だ、眠いのか。
e0056537_19461550.jpg

by shin0710s | 2014-09-23 19:46 | ワン公 | Trackback

公園の猫。

何年ぶり?
といいながら水前寺公園へ。
e0056537_16112119.jpg


あいにくの天気であるが、湖面がきらきらし、水が透き通っている。
e0056537_1611953.jpg


猫?それにしては耳がでかくそしてとんがっている。
珍しい。
e0056537_1615626.jpg


たまにはこのようにゆっくりした時間が流れるのもいいものである。
e0056537_16112832.jpg

by shin0710s | 2014-09-22 19:09 | ねこ | Trackback

祭り囃子が聞こえる。

秋は、祭りの季節である。
町中を歩くと笛の音や太鼓の音が聞こえてくる。

福島八幡宮の放生会らしい。
e0056537_21114784.jpg


国の重要無形民俗文化財の第1号に指定された八女福島燈篭人形(からくり人形芝居)
が奉納(ほうのう)される3日間のお祭り"放生会"でにぎわうお宮として知られ、
その行事だけでも200年以上の歴史があるらしい。
e0056537_21115959.jpg


笛や太鼓につい足を止めてしまう。
e0056537_21124469.jpg


e0056537_21125126.jpg


e0056537_21125762.jpg


三味線の音に引き寄せられる。
e0056537_21163070.jpg


e0056537_21173968.jpg


さて八幡宮の境内では
国の重要無形民俗文化財の第1号に指定された八女福島燈篭人形の公演が行われている。
e0056537_21152987.jpg


e0056537_21151512.jpg


e0056537_21152294.jpg


今から稲刈りの季節になっていく。
豊年満作の村の鎮守の祭りがあちこちで開かれていく。
季節の風物詩である。
by shin0710s | 2014-09-21 21:19 | 祭り | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。