ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

大宰府へ。

爽やかな朝である。
予報では本日は晴天。
久しぶりにドライブでも。
そこでカメラを持って大宰府に向かう。
大宰府には観光地が並んでいる。
歩きながらでも撮ることができる。

まずは大宰府政庁跡に。


e0056537_19240364.jpg


広々とした広場となっている。
市民の憩いの場である。スポーツを楽しむ若者。
絵をかいている絵をかいている人。
親子の楽しいひと時を過ごしている家族。
それを見ているだけでも優しい気持ちになりそうである。


e0056537_19244176.jpg


大きな礎石が並んでいる。
これまた大きな政庁があったのだろう。


e0056537_19245457.jpg

石碑が三柱立っている。



e0056537_19251282.jpg



e0056537_19252818.jpg



平城京、平安京に次ぐ、外国との交渉の窓口となる役所(大宰府)の跡

7世紀後半、大和朝廷は那の津の官家(みやけ)をここに移し、奈良・平安時代を通して、九州を治め、

我が国の西の守り(防衛)、外国との交渉の窓口となる役所(大宰府)とした。

その規模は平城京、平安京に次ぐ大きなものであり、南北22条、東西24坊の都市計画があったという学説がある。

万葉集には"遠の朝廷(みかど)"と詠まれ、その規模をしのばせる立派な礎石が残 り、

そこを中心に門や回廊、周辺の役所跡等が整備されて、現在は公園となっている。


公園に柿の木が一本。

熟した柿がおいしそうである。



e0056537_19254488.jpg



by shin0710s | 2017-09-30 19:43 | | Trackback

宝暦のお地蔵様

甲佐神社の横から山沿いに登っていくと
御手洗神社が見えてくる。


e0056537_19163108.jpg


今は工事中である御手洗石橋を渡り少し先から左手に山道を登っていくと
安平の共同墓地に出る。



e0056537_19164416.jpg
新しくできた共同墓地に古いお地蔵さまがある。
宝暦五年五月六日と彫り込んである。



e0056537_19183342.jpg


以前の村の墓地にあったものをここに移築したものである。
西暦1755年に当たる。
ここから御手洗神社を見ると古墳のような姿となっている。



e0056537_19184619.jpg

by shin0710s | 2017-09-29 19:25 | 遺跡 | Trackback

外に出たけど…

やっと晴れたのでワン公二匹を外に出す。
でも、
「動かないよー」


e0056537_22084923.jpg
「じっとしてー」


e0056537_22091082.jpg


e0056537_22092662.jpg

写真の被写体になる。
情けない顔になっている。
彼岸花がよく頑張って咲いている。



e0056537_22094591.jpg

by shin0710s | 2017-09-28 22:11 | ワン公 | Trackback

雨の日は退屈。

終日の雨。
ワン公二匹は退屈で仕方ない。
どこか行きたいなあ。
外に出たいなあ、ジャズミンの光線が

その瞳から発射されている。


e0056537_16223816.jpg



ねえ、パパさん出かけましょうよ。



e0056537_16222712.jpg


それがいいと思います、ねえ、ねえ出かけましょう。
マミーの目も言っている。


e0056537_16222437.jpg

雨が降っているから今日はだめだよ。



e0056537_16223134.jpg

by shin0710s | 2017-09-27 16:25 | ワン公 | Trackback

やったー今日も貰ったよ。

コウメの大好物。
甘柿である。
誰にもやらないんだからね。



e0056537_22343808.jpg


獏のもあるもん、と思っているのはチョコ太。
持っていくもん、僕も。



e0056537_22344492.jpg


誰にもやらないんだから。
14歳のコウメ、しっかりと柿を咥えている。



e0056537_22350121.jpg


by shin0710s | 2017-09-26 22:37 | 赤ちゃん | Trackback

自分の足で歩いてこそ。

運転中に出会った白いヒガンバナ。
思わず赤信号でシャッターを切る。


e0056537_18062644.jpg



季節を感じるためには、自分の足で歩いてこそである。
カメラを向けると
おや、ちょうちょ‼


e0056537_18063681.jpg

花に止まった瞬間を撮る。



e0056537_18070411.jpg



黄色のヒガンバナの一種かな?



e0056537_18071812.jpg

この花は?



e0056537_18073152.jpg



歩いていればこそ発見と驚きがある。

by shin0710s | 2017-09-25 18:08 | | Trackback

里山ウォーキング

澄み切った青空のもと、自然を満喫しながら歩きませんか?
の呼びかけで、本日は、
「栗拾いと免の山探訪」と銘打って里山ウォーキングとなった。
午前9時出発。曇天だけど秋らしい爽やかな風が吹いている。


e0056537_20225521.jpg


彼岸花が咲き乱れる道を歩く。



e0056537_20225156.jpg


軍人墓地の横をまずは栗拾いを目標に歩く。


e0056537_20225978.jpg


道路に面した栗の木にイガグリが実っている。



e0056537_20231905.jpg



e0056537_20231894.jpg


栗拾いの山に到着。
持ち主のご厚意によって栗拾いが実現している。


e0056537_20230406.jpg

さあ、栗拾い開始。


e0056537_20231239.jpg



e0056537_20230766.jpg


さて、次は免の山に向かって出発。


e0056537_20231926.jpg

少し上り坂。



e0056537_20231910.jpg



曲がりくねった道を歩く。
ここは本町の遺跡である「陣の内館」跡。
ここからの町の眺めはなかなかいいものである。


e0056537_20232085.jpg



e0056537_20231946.jpg



e0056537_20232025.jpg


さて、弁当会場に向かって出発。



e0056537_20232058.jpg
午前半日のちょっとだけ汗をかいたウォーキングとなった。

by shin0710s | 2017-09-24 20:27 | その他 | Trackback

都紀女加(つきめか、都紀女加王)の墓へ。

吉野ヶ里町へ行く機会があったので都紀女加王の墓に出かける。


e0056537_20434465.jpg

佐賀県三養基郡上峰町大字坊所七本谷にあり, 遺跡名:上のびゅう塚古墳という。


e0056537_20435416.jpg


e0056537_20440746.jpg

古墳は前方後円墳で、前方部を西に向ける。墳丘長は49メートルで5世紀の築造と推定されるが、埋葬施設は明らかでない。墳丘表面からは埴輪・葺石が見つかっているほか、墳丘周囲に周溝が巡らされたことが明らかとなっている。昭和18年(1943年)に宮内省(現・宮内庁)によって都紀女加王の墓に治定された。



e0056537_20442585.jpg

by shin0710s | 2017-09-23 20:47 | 遺跡 | Trackback

退屈ワン公。

雨の降る日は外に出られない。
家の中でつんぐりつんぐり。
退屈するさ。


e0056537_18330137.jpg


外に出たいです。


e0056537_18331096.jpg


by shin0710s | 2017-09-22 18:33 | ワン公 | Trackback

季節が変わる。

初秋から仲秋へ季節が移っていく。
境内の花は、まだ夏の名残を惜しむかのように咲いている。
下野の花はこじんまりした姿となっている。


e0056537_16461201.jpg


初夏から咲き始めた花は今も元気に咲かせている。
生命力旺盛である。


e0056537_16454721.jpg



さて、この花は?



e0056537_16455972.jpg


にらの花である。
仏花としては使えないけど秋の風情は十分に感じられる。
さて本堂前のケイトウは、今が盛りである。


e0056537_16462680.jpg

by shin0710s | 2017-09-21 16:49 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。