ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

<   2017年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

小筵橋にも是非。

この季節,釈迦院川と津留川の合流点にある二俣橋は観光客が多い。
近年恋人たちの聖地というので更に人が増えている。
公孫樹と石橋のベストアングルを、と思っているが人多すぎである。

そこで二俣橋の少し手前にある小筵橋にチャレンジしてみた。
e0056537_16070932.jpg


川上から撮ろうとしたが下まで降りることができない。


e0056537_16072771.jpg

橋桁が少し見えるだけである。


e0056537_16114426.jpg

国道218線から見ると
石橋のアーチがよく見える。


e0056537_16071730.jpg


e0056537_16072004.jpg

橋上から、川面まではかなりの高さがある。
目立つこともなく観光客も少ない。
気づいた人だけがこの石橋を味わっている?


e0056537_18333855.jpg

二俣橋は別の日にチャレンジすることにしよう。


by shin0710s | 2017-11-20 16:15 | | Trackback

三本の公孫樹の木。

「小学校の公孫樹の葉がきれいだよ」
と聞いたので、今日は甲佐小学校へ。
正門を入ると右手に黄葉に染まっている公孫樹の木が迎えてくれた。


e0056537_17144240.jpg

太陽の光を受けてあたりをさらに明るくしてくれている。


e0056537_17155553.jpg


運動場に出ると、甲佐小学校の象徴的な存在の三本の公孫樹がすっくと立ちあがっている。



e0056537_17171807.jpg

私の小学校時代は、今の校舎の三代前で木造であった。
今は裏門になっているがもともとは大井手川を渡ってくるのが正門であった。
正門を入ると堂々とした木造2階建ての校舎が子供たちを迎えてくれていた。
そして玄関を挟んで三本ずつ公孫樹の木があった。
とても大きく思っていたが実際には今よりずっと小さかったのかもしれない。


e0056537_17254011.jpg




校舎の新築工事が始まった昭和39年には伐採が計画されたが、教師や卒業生の反対によって残されることになった。
正門から向かって3本の公孫樹の木は移植されていたように思う。
更に平成21年の新築工事でも3本の公孫樹の木は残されている。


e0056537_17261274.jpg



子供たちをずっと見守っている甲佐小学校のシンボルである。

by shin0710s | 2017-11-19 17:28 | | Trackback

夜の県庁プロムナード。

県庁プロムナードの公孫樹にライトアップされている。
というので出かけてみる。
土曜日というので多くの人であった。


e0056537_22195785.jpg


ライトに照らされている公孫樹の黄葉に吸い込まれるように思える。
昼間の黄葉とは別の世界である。
ちょっと冷え込んでいるので黄葉が青白く見える。


e0056537_22195444.jpg

e0056537_22195364.jpg



ライトアップされた黄葉に下を行き来する人がみな美しく見える。


e0056537_22195656.jpg

e0056537_22195601.jpg

県庁前には、舞台が作られ「落葉の物語」のテーマで演奏が行われている。
津軽三味線の演奏。


e0056537_22195395.jpg


そしてジャズ。


e0056537_22195781.jpg

与謝野晶子ではないが、「今宵会う人皆美しき」である。


by shin0710s | 2017-11-18 22:28 | 祭り | Trackback

緑川に沿って歩く。

乙女台地から甲佐岳を眺めつつ安津橋に降りていく。


e0056537_21232513.jpg


安津橋から下流を眺める。
堤防を兼ねた道路が走っている。


e0056537_21243726.jpg


麻生原堰を流れる水音が響く。


e0056537_21250960.jpg


対岸は龍野地区。
遠く龍野小学校が見える。


e0056537_21262482.jpg

甲佐大橋から上流を眺める。


e0056537_21281623.jpg

更に下って乙女河原に降りる。


e0056537_21291296.jpg


こうして緑川を見ていくと子供のころを思い出す。
小学校時代、中学校時代そして高校。
それぞれの時代で緑川の見え方が変わってきたように思う。
今は、清流とは言えないが子供のころは美しい川であったように思う。


by shin0710s | 2017-11-17 21:31 | | Trackback

仲悪姉妹だけど…

何をしている、ルラン。

e0056537_19423296.jpg


視線の先には、憎き妹のリラン。


e0056537_19420609.jpg


でも食べるときは、一応最近は一緒に食べている。



e0056537_19440403.jpg


こんなに似ているのに仲が悪いのはなぜ?



e0056537_19441847.jpg

by shin0710s | 2017-11-16 19:45 | ねこ | Trackback

チョコ太、何してる?

部屋からとんずらしたチョコ太。
何をしているんだ?


e0056537_20215698.jpg


部屋に入るよ。
おいで、知らん顔しないで。



e0056537_20220943.jpg

by shin0710s | 2017-11-15 20:23 | ワン公 | Trackback

電線工事が行われている。

昨年の地震で傾いていた電柱工事が始まり、今日は、電線の付け替え。
工事を行っている。
見ていて飽きることがない。


e0056537_18591818.jpg

箱に乗っている人がクレーンを動かしているのかな。


e0056537_18592751.jpg
午後4時ずいぶん仕事が進んだようである。



e0056537_18593888.jpg


クレーン車が2台で最後の仕事であろう。


e0056537_19081135.jpg


クレーン車が7台集まっている。
ここを今日は集中的に復旧工事がなされたのであろう。


e0056537_19082990.jpg

by shin0710s | 2017-11-14 19:11 | | Trackback

グランドゴルフは難しい。

河川敷のグランドゴルフ場では、毎日誰かがプレーしている。
土曜、日曜日となれば、早朝から各種のグランドゴルフ大会が行われている。
夕方の散歩時間にも楽しげな会話が聞こえてくる。


e0056537_18331835.jpg



皆さん何年も経験したベテランぞろい。
余裕の視線がステックに注がれている。


e0056537_18331890.jpg


この豪快なフォームは御年いくつかな。


e0056537_18331888.jpg


こうして運動ができることは素晴らしいことである。
体が動く限り、いろいろなスポーツにチャレンジしてみたいもの。
ただ、「年寄りの冷や水」とか言われないようにはしなければ。

e0056537_18331718.jpg



このグランドゴルフ場は、緑川の河川敷で
あり、また遠く甲佐岳を望むことができる。
素晴らしい環境のゴルフ場である。

by shin0710s | 2017-11-13 18:39 | スポーツ | Trackback

清水の大杉。

龍野小学校のある幸野原の南側ふもとに杉の巨木がある。
大きく張り出しだ根元から水がわいており「清水の杉」と呼ばれる。


e0056537_21053225.jpg

龍野小学校は高台にあので、水が不足するときはここまで生活用水
を子どもたちが汲みに来ていたと地域の古老が話してくれた。


e0056537_21060571.jpg

平成22年の調査では、根元の祠はタヌキの住処になっていた。
下部の周囲は5mを超える。
樹齢は推定700年くらい。幸野では神木として年二回、住民総出で掃除を行っている。(新甲佐町史より)

e0056537_21063616.jpg



e0056537_21070334.jpg


龍野小学校につながる道の横にある清水で、この道を通勤のために使っていた。
3年も通っていた道である。
清水があるのは知っていたが、この大杉のことは気づかなかった。
「在るだけでは気づかない」のが私たちなのかもしれない。
また気づいていてもその価値にはこれまた気づきにくいのかもしれない。



ショウとチョコ太。
去勢しているけどオスの本能があり、その行動に
たくましさを見ることができる。
もともと猟犬なので安全な場所でリードを外してやれば本当に
いい顔を見せてくれる。


e0056537_21161890.jpg



e0056537_21162829.jpg

by shin0710s | 2017-11-12 21:16 | | Trackback

お取り越が始まる。

本日より正法寺のお取り越が始まる。
朝から住職を中心にして本日からの予定の確認を行う。
年に一度の御門徒の家庭に行きお勤めをする。
本日の天気は晴天。
気持ち良い日差しである。


e0056537_20443743.jpg


お参りに行くと清々しいたたずまいである。
玄関そしてお座敷が掃除が行き届き、凛とした空気が心地よい。


e0056537_20444681.jpg

そしてお勤め。
まずは表白。


e0056537_20445926.jpg



 敬って、大慈大悲の阿弥陀如来の御前に申し上げます。 
 本日ここに恭しく仏前を荘厳し、香華をささげ、
懇ろに正信偈を読誦し、親鸞聖人御正忌報恩講お取り越法要、
 並びに
平成29年 〇〇家法供養をお勤めいたします。

 顧みますと、私たちは日々の暮らしに追われ、
後生の一大事を心に思うことなく、自己中心の生活をしております。

 この法要を縁とし、阿弥陀如来の願いを聞き開き、先祖の遺徳を偲び
自らのいのちの行方に思いといたし、
 共々に念仏し、仏恩報謝の生活を送りますことを
有水山 正法寺 釈眞照、謹んで申し上げます。

この後正信偈の読経となる。
お勤めの後は、お茶をいただきながらいろいろの話をしていく。
最初の御門徒であり、高校時代の同級生なので、半世紀も昔のことから
最近の孫育てまで話に花が咲く。
時には、将来のことなども語り合う中から話題として出てくる。
このことこそ大事な時である。

今日から、12月上旬までお取り越の日々となっていく。

by shin0710s | 2017-11-11 21:01 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。