ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

初雪に心躍る

早朝の甲佐岳がうっすらと
化粧をしている。
雪が積もっている。
e0056537_2335972.jpg

遠く九州山脈は、真っ白になっている。
冬が来た。九州山脈の白い峰を見るたびにそう思う。
e0056537_2259993.jpg

学校に着く。子どもたちの吐く息が白い。
鼻の頭が真っ赤である。

それでも元気に「おはようございます」
のあいさつを交わす。
e0056537_22593216.jpg

東を見ると、金峰山が、まるで富士山のように
山頂あたりが真っ白になっている。
e0056537_230626.jpg

何かうれしくなってくる。雪が降り始めると
心が躍り出してくるのは、雪の少ない熊本
の人間だからであろう。
今夜はきっと冷え込むことだろう。
# by shin0710s | 2005-12-05 23:04 | Trackback

初しぐれ猫も・・・

初しぐれ猿も小蓑をほしげ也
とは芭蕉の句であるが、師走の雨は本当に冷え冷えとしてくる。
部屋の外では、外猫の「ミー」が寒そうにふるえている。
e0056537_1107100.jpg

雨のため、今日は脊山縦走も画津湖も行けず。
部屋の前の南天の赤い実もふるえている。
e0056537_11252.jpg

南天の横には、びわの花が咲き始めている。
e0056537_1182451.jpg

このびわはなかなか実がなるところまでたどり着かない。
数年に一度は口にはいるのであるが。
e0056537_1164750.jpg

サクラとコウメ親娘がストーブの番をしてくれている。
私が動くとすぐ動く。
散歩だ散歩だと思って。
今日は雨、散歩はない。
# by shin0710s | 2005-12-04 11:09 | Trackback

萩尾の大溜池へ

小春日和?
カメラを持って一日一写と
宇城市にある萩尾大溜池へ。
数年前豊野少年自然の家で
5年生と一緒に行ったことを思い出して、
迷いながらも何とか到着。
e0056537_2151513.jpg

渇水期であろう。水がとても少なかった。
スケッチをしているおじいちゃんとまごであろう。
とてもほほえましかった。
e0056537_2174735.jpg

仕方ないので泳いでいたアヒルを撮る。
e0056537_2110874.jpg

本来ならこのような大溜池である。
http://www.edu-c.pref.kumamoto.jp/sh/matsuyo/town/ootameike.htm
# by shin0710s | 2005-12-03 21:13 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。