雲巌禅寺(うんがんぜんじ)へ。

晴天。清々しい気候である。
山の若葉が生命力あふれている。

雲巌禅寺(うんがんぜんじ)へ。
岩戸公園からお寺への道はモミジ若葉の道となっている。
e0056537_20524272.jpg
e0056537_20524605.jpg
雲巌禅寺(うんがんぜんじ)は、熊本県熊本市西区松尾町平山にある曹洞宗の寺院。
山号は宝華山または岩殿山。
通称は岩戸観音。
e0056537_20522502.jpg
e0056537_20523916.jpg
これは、境内奥の院の洞窟・霊巌洞に安置された本尊・石体四面の馬頭観音像にちなむ。
e0056537_20523024.jpg
e0056537_20552729.jpg
きょうは羅漢様も気持ちよさそうである。
e0056537_20562806.jpg
e0056537_20561621.jpg
e0056537_20561971.jpg

更に歩いて霊巌洞へ。

e0056537_20595177.jpg
e0056537_20595613.jpg
モミジの透き通った美しさもまた今日の収穫であった。
e0056537_21000309.jpg

# by shin0710s | 2017-04-23 21:01 | | Trackback

どっこいしょの日々。

モンシロチョウがツツジの間を飛び回っている。
e0056537_20435888.jpg
本日は、晴天に恵まれている。
e0056537_20435808.jpg
e0056537_20440037.jpg
境内の紅葉や梅が新緑の若葉を次々に広げている。
e0056537_20435976.jpg
e0056537_20435949.jpg
古稀を迎える年になるとひとつひとつの動きがスムースでなく、ギクシャクした動きになる。
一つの動作から次の動作に移るには「ため」が必要になる。「ため」をつくり、
かけ声とともに動きを変える。
「よいしょ」あるいは「どっこいしょ」のかけ声出すことによって次の動きとなる。
当然ゆっくりとした動作になる。気持ちが急いていてもこのかけ声が必要になる。
これが年を取るということであろう。

「どっこいしょ」は、六根清浄がなまって生まれた言葉という説がある。
眼耳鼻舌身意の六根であるが、五感プラス第六感が清浄であるならば
日々新たな喜びが生まれることであろう。
六根を研ぎ澄まし感動ある日々にしていきたいものである。

ショウをレンゲ畑に連れて行く。
e0056537_20440093.jpg
きっとレンゲの新鮮な薫りを味わうことだろう。
e0056537_20435963.jpg


# by shin0710s | 2017-04-22 20:50 | | Trackback

さがしものは何ですか?

ルランが地面を見つめている。
e0056537_20224004.jpg
何がいるのかな。
「さがしものはなんですか、みつけにくいものですか?」
とつい言いたくなる。
e0056537_20222756.jpg
よくわからない。
そのうち去って行ったけど何をしていたのかな。

# by shin0710s | 2017-04-21 20:24 | ねこ | Trackback