隠れキリシタンの里へ。

天草西海岸は今でこそ車で行くことができる場所であるが、
天草五橋がない時代は大変な場所だったに違いない。
妙見浦から大江天主堂を目指す。
e0056537_11373599.jpg
小高い丘の上に白い天主堂が見える。
天主堂までの道には、
e0056537_11374586.jpg
マリア像。そして墓地が並んでいる。
天草に来なければ見ることがない墓地である。

e0056537_11375387.jpg
青空にそびえる天主堂は美しい。
e0056537_11380096.jpg
e0056537_11381300.jpg
e0056537_11380837.jpg
次は崎津を目指す。
e0056537_11423931.jpg
入江にひっそりとたたずむ「﨑津天主堂」は、天草市河浦町﨑津地区のシンボル。
穏やかな羊角湾を望む美しい姿は「海の天主堂」とも呼ばれています。
1888年(明治21年)建立の木造﨑津教会の老朽化に伴い、現在の建物は1934年(昭和9年)に
フランス人宣教師のハルブ神父のときに建てられたもの。

e0056537_11425427.jpg
高くそびえる尖塔と、パステルカラーが愛らしいステンドグラスに飾られた、ゴシック様式の教会です。
アーチ天井に覆われた建物内部はとても珍しい畳敷きで、
壁にはキリストの受難を描いた絵がずらり。正面奥の祭壇がある場所では、
かつて「絵踏み」が行われていたと言われています

e0056537_11431590.jpg
e0056537_11425021.jpg
現在も毎週日曜日にはミサが行われ、厳しい弾圧を受けながら信仰を貫いた人々の暮らしを見守り続けています。

e0056537_11425982.jpg
e0056537_11430748.jpg
私たちが世界遺産へ登録を推進している「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、
キリスト教の伝来から、今日までの歩みが、世界史の中でも高い価値とストーリーを
有している文化遺産です。
中でも、「天草の﨑津集落」は、弾圧から潜伏が高い評価を受け「長崎の教会群」の
構成資産に選ばれました。
世界遺産推進室では 天草市から世界遺産を排出すべく『「天草の﨑津集落」を世界遺産へ!』
というスローガンを掲げ、熊本県・長崎県・関係市町とともに
平成30年の世界遺産登録を目ざしています。



世界遺産を目指している崎津である。
「秘すれば花なり」のことばがあるけれど、こうしてひっそりと生活に根ざした集落であるからこそ
と思うのは私だけであろうか。
人々の日々の生活が世界遺産に登録されることにより、この静かな入り江が変わることがないようにと思う。
多くの観光客の行き交う喧噪は似合わない。
e0056537_11424301.jpg

# by shin0710s | 2017-04-17 11:58 | | Trackback

一男一女一ワン公の低山トレッキング。

「山の上で飲む入れたてのコーヒー絶対に美味しいよね。」
娘のことばに急遽本日は山登り。
天気にも恵まれる。
参加者は一男一女一ワン公。
白秋家のトレッキングである。訓練中のジャスミンが参加。
午前9時45分登山開始。
e0056537_21400711.jpg
昨日雨が降ったので滑りやすく登りにくい。
滑らぬように用心しながら登っていく。
最初の休憩は、9時59分。
e0056537_21410591.jpg
目の前に三角港が見える。
まだ登り始めたばかりなので余裕がある。
e0056537_21414548.jpg
ロープを伝いながら登っていく。
次の休憩は、天翔台分かれ。10時21分。
e0056537_21423168.jpg
10時40分、天翔台へ。
e0056537_21430343.jpg
さてジャスミン撮るよ。
ここでちょっと休憩?3回目である。
e0056537_21513668.jpg
さあ、次は雲竜台まで登るぞ。
山々の新緑が輝いている。
e0056537_21514282.jpg
岩山に出る。岩松が群生している。
岩場を用心しながら登っていく。ジャスミンは余裕だけど、三女は?
e0056537_21514768.jpg
雲竜台へ。11時27分。
e0056537_21521492.jpg
一気に天草の海と山が広がる。
晴天なので一段と気持ちよい。
e0056537_21522056.jpg
ジャスミンいいかい?
e0056537_21521708.jpg
さあ、後は登り坂だけ。
ハルリンドウ?阿蘇の山ではよく見ていたのだが。
e0056537_21522710.jpg
休憩が増える。登りだけなので仕方ないけど。
12時15分山頂へ。
e0056537_21523126.jpg
ここが宇土半島の先端であることがわかる。
左右に海が広がっている。
e0056537_21523601.jpg
e0056537_21524086.jpg
よし、ここで弁当だ。
ジャスミンにもお裾分けしながら食べる。
入れたてのコーヒー、うまい。
山頂でのコーヒーは絶対美味しい。納得。
13時13分下山。
すいすいとは行かないが登りに比べるとずいぶん早い。
娘も体力が回復しているようである。
e0056537_21524532.jpg
14時16分。登山口へ。4時間半あまりのトレッキングであった。
今日はよく汗をかいた。気持ちのいい汗であった。


# by shin0710s | 2017-04-16 22:09 | | Trackback

妙見浦へ。

我が家から苓北町の妙見浦まで109km。
今回は、回り道をしたのでもっと距離があった。
象の姿に似ている。
e0056537_21013444.jpg
海辺まで下りてみる。
e0056537_21020263.jpg
桜並木が山を横切っている。
e0056537_21015031.jpg
象の岩へ入る。
e0056537_21020571.jpg
何を取っているのだろう。
よくわからないし、あまりに真剣だったので聞きそびれてしまう。
e0056537_21015886.jpg
e0056537_21021111.jpg
ここの滞在時間は15分。さあ、次の場所へ。

# by shin0710s | 2017-04-15 21:07 | | Trackback