ブログトップ | ログイン

白秋の黄昏

「麻生原のキンモクセイ」調査

本町の国指定天然記念物である「麻生原のキンモクセイ」調査が
行われた。
樹勢が20年前と比べるとずいぶん落ちている。
そこで専門家の先生の指導・意見を受けることになった。
今日は晴天。花期のピークは過ぎているもののまだ花をつけかぐわしい香りを
あたりに漂わせている。



e0056537_17092697.jpg


e0056537_17093162.jpg
今年度の様子として
「平成29年7月4日の台風5号の際、キンモクセイの樹枝が強風にあおられて、樹枝が下垂
し、直下の神社の屋根瓦十数枚を破損させる。屋根と接触した部分の樹枝も傷ついており、
樹勢への影響を考慮して損傷個所の剪定することとし、平成29年9月7日付けで現状変更届を提出。
平成29年9月28日ごろ開花。


e0056537_17102022.jpg


専門の先生の調査が始まり、その様子を見守る。



e0056537_17094977.jpg



e0056537_17094679.jpg



e0056537_17093717.jpg


根の部分は腐食しており、ボロボロと木くずが落ちる。
反対側は空洞になっているが固まり元気な様子である。



e0056537_17094291.jpg


今日も村の人がお客様のお接待中。
お客様への説明や


e0056537_17095218.jpg

それぞれの家庭で作られた漬物等がふるまわれる。
皆さんのにぎやかな話声が聞こえてくる。




e0056537_17095511.jpg

# by shin0710s | 2017-10-05 19:31 | その他 | Trackback

太宰府天満宮へ。

天満宮の境内に入ると観光客でいっぱいである。
そして中国語、韓国語が行き交ってい来る。
天満宮の楼門が色鮮やかで人目を引いている。
スマートフォンのシャッター音があちこちから聞こえてくる。


e0056537_21160813.jpg


楼門と楠そして青空の対比が面白い。



e0056537_21161991.jpg


e0056537_21174791.jpg


e0056537_21171552.jpg


楼門をくぐると本殿が見えてくる。



e0056537_21163296.jpg


ちょうど結婚式が行われたらしく花嫁はナムコの参拝中。


e0056537_21164575.jpg


e0056537_21170097.jpg



裏に回るとたくさんの絵馬。
善男善女の願い事が書かれている。
菅公様も大変だろうな。


e0056537_21172957.jpg

つい口ずさみながら橋を渡る。
しかしさだまさしの飛梅の世界に入るには人が多すぎるかな。


e0056537_21180942.jpg



心字池にかかる 三つの赤い橋は
 一つ目が過去で 二つ目が現在
 三つ目の橋で君が 転びそうになった時
 初めて君の手に触れた 僕の指
 手を合わせた後で 君は神籤を引いて
 大吉が出る迄と も一度引き直したね060409tenman3
 登り詰めたらあとは 下るしかないと
 下るしかないと 気づかなかった
 天神様の細道



e0056537_21175744.jpg

# by shin0710s | 2017-10-04 21:31 | | Trackback

麻生原のきんもくせい

今年もまたきんもくせいの花が咲く季節になった。
このきんもくせいは、大きさにおいては日本一であり、昭和9年に天然記念物に指定されている。
樹高18mもあり、香りが緑川対岸まで漂わせている。



e0056537_19282940.jpg


平日だけどきんもくせいの香りに誘われて多くの人々が訪れる。
今日は少ないということだけとひっきりなしのお客様である。


e0056537_19283958.jpg


見上げると薄黄色の小さな花がちりばめたように咲いている。



e0056537_19285015.jpg


きんもくせいのよこにはせったいしょがあり、ちいきのかたがたが、お客様を
喜んで迎えられている。


e0056537_19292480.jpg


接待所の中では笑顔と笑い声が広がっている。


e0056537_19290756.jpg

# by shin0710s | 2017-10-03 19:35 | 赤ちゃん | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。