浄水寺で恩師を思う。

文化財研修で宇城市へ。時間があったので豊野町の浄水寺跡を訪れる。


e0056537_15501653.jpg

浄水寺は西暦828年に肥後国で国分寺に次ぐ寺格を有する寺院である“定額寺”に定められた古代寺院である。
(定額寺(じょうがくじ)とは、奈良・平安時代に官大寺・国分寺(尼寺を含む)に次ぐ寺格を有した仏教寺院)。

e0056537_15501727.jpg




延暦9年(790)南大門碑、延暦20年(801)燈籠碑、天長3年(826)寺領碑、康平7年(1064)如法経碑からなる。
奈良・平安時代のもので、一箇所にまとまって存在する碑として唯一であり、数少ない古代の碑として、
古代寺院を解明する上で重要な史料である。



e0056537_15501617.jpg



e0056537_15501603.jpg



e0056537_15501616.jpg


しかしこの寺については残された資料が少なく調査研究しても
その実態は謎に包まれており“幻の寺院”とも呼ばれているらしい。




e0056537_15501778.jpg


e0056537_15501733.jpg



e0056537_15501721.jpg
これらの石碑群は平成27年9月4日に“天保2年修理記念碑(1831年)”とともに国重要文化財に指定されている。




さて、そんな貴重な文化財である浄水寺跡に最初の訪れたのは、中学2年生の時である。
担任の先生が日曜日にクラス全員をこの遺跡に連れてこられている。
半世紀以上も昔のことである。英語の先生であった。
まだ、文化財等に目を向ける人がほとんどなかった時代の
昭和三十年代に中学生を案内された先生である。
昼食時間は、中学生にリンカーンの伝記を読んで聞かせておられた。
弁当を食べながら聞き入っていたことを思い出す。
また職員室で私一人1時間余り正座させられたこと。その理由はすっかり忘れている。
そして許されて帰る途中の廊下で何度もひっくり返ったことも今は懐かしい思い出である。
私が教師を目指したのは、先生の影響なのかもしれない。
もっとも、英語の苦手な私は、授業時間は、
ずっと下を向いていて指名されないようにしていたことを思い出す。

# by shin0710s | 2018-07-20 15:52 | 遺跡 | Trackback

猛暑日が続く。

暑い日が続く。
外に出るのがおっくうになる。
それは、ワン公にとっても同じこと。


e0056537_20303579.jpg


暑いなあ、何とかならないかなあ。



e0056537_20303611.jpg


お部屋に帰ろう。



e0056537_20303600.jpg


猛暑日が続いている。庭のつつじが弱り始めている。
朝夕の水やりが必要になっている。
まずは、日陰になったところから水やりを始める。



e0056537_20303542.jpg

水に勢いがないので時間がかかる。
水やりをしていると足に蚊が寄ってくる。
水やりも大変である。



e0056537_20303659.jpg

# by shin0710s | 2018-07-18 20:33 | | Trackback
民具の研修第2回目である。
外は猛暑日。
旧宮内小学校で本日は、
「民具のクリーニングの仕方」についての研修である。


e0056537_21240926.jpg

汚損の程度、資料の素材、状態に応じてその処理についての座学からスタート。


e0056537_21240456.jpg




次に場所を移してそれぞれ実技を行う。
ほこりを払ったり、乾拭き、水拭き等を実際に行う。
実技があるので時間があっという間に過ぎてしまう。



e0056537_21240669.jpg


そして最後は、台帳記入の仕方について学びながら書き込んでいく。
2時間の研修であったが、本当に短く感じる時間であった。



e0056537_21241203.jpg

# by shin0710s | 2018-07-17 21:29 | その他 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s