猫の恩返し

ジブリのアニメに「猫の恩返し」がある。
我が家のネコは、どうかな。
それなりに可愛がっているつもりだけど、
どう感じているのだろう。


e0056537_18461002.jpg

朝と夕方は必ず甘え声で頭を擦り付けてくる。
餌の時間である。

散歩にも時々ついてくる。途中までだけど。


e0056537_18461004.jpg

市原悦子の言葉に

「人間ってちっぽけだっていうことを、やるたびに思い知らされたわ。
昔話は、めでたし、めでたし、ばかりで終わる話ばかりじゃない。
どんなに素直になってもいいことは起こらない。努力しても実らない。理不尽なことがどんどん起こる。
それでもこつこつと生きていく、大きなものの中で生かされていくのが人間なんだということをまた深く思い知らされる。
そこが不思議な魅力よね」



がある。大きなものの中で生かされていくのが人間なんだ、と。



e0056537_18461105.jpg

すべての答えは、自分の中にある、そう言っているような気がする。

# by shin0710s | 2019-07-21 18:51 | ことば | Trackback

もう7月も下旬となる。

 未来を選び直そうとの記事があった。
年を重ねると、月日の流れがどんどん速くなる。
楽しい時が駆け足なのは常としても、退屈な時間まで大股である。
物の本によれば「心の時計」のせいらしい。
子どもには未知の行事や出来事が次々と訪れ、心の時は細かく刻まれる。


e0056537_17555631.jpg



だから時間がゆっくり進むように感じる。
大人になると胸躍るイベントが減り、加齢で代謝も鈍り、心の時計は緩慢になる。
つまり実際の時の流れを速く感じる、というわけだ…。


e0056537_17575659.jpg


年を取るほどに時間の流れが速く感じられるのは、の疑問の答えである。
またあるブログで、年を取るほど時間の経過が早く感じられるのは?

オスロ大学・認知機能研究センターの末神翔先生に真相を確かめてみた、の書き出しで
「年を取るほど時間の経過が早く感じられるという感覚は、
じつは50年以上も前から議論されてきたテーマです。
これは国や文化を超えた感覚のようですね」

 やはりこの不思議な感覚は、全国…いや全世界に共通するものなのだ。
しかし、その奇妙なメカニズムは、いまだはっきりとは解明されていないのだと末神先生は語る。
そのうえで、現時点で有力なのは次のような説だという。
「歳を重ねることは、身体機能や脳機能はもちろん、“過去の記憶”の量、
社会環境や人間関係など多くの変化を引き起こします。
脳科学の世界では、これらの要因が複雑に影響し、主観的な時間の感覚を変化させるもの、
と考えられています。
たとえば、加齢にともなって身体機能や脳機能が低下すると、
どうしても一つ一つの判断や行動にかかる時間が長くなってしまいます。
そうすると、1日の仕事や行動量が減り、相対的に1日が短く感じられるようになるかもしれません」

 また、末神先生によれば、昨年フランスとアメリカが共同で行った研究で、
人は体を使う課題に取り組んだ時は時間を長く感じ、
頭を使う課題に取り組んだ時は時間を短く感じるとの結果が得られたという。
これは真相解明に向け、大きなヒントになりそう。
とまとめてある。

とにかく「年を取るほど時間の経過が早く感じられても感じられなくても
生きていかなければならない私である。」
ならば、どう生きていくか、が私の課題となるのだろう。

# by shin0710s | 2019-07-20 17:59 | ことば | Trackback
晴耕雨読の言葉があるが、この季節は
雨読はできるものの、外での仕事はとても無理である。

ちょうどいい具合にここ数日雨の日が続いている。
晴れたら草刈そして庭の草取りなどの仕事があるが、
雨を言い訳にして外仕事は中止。

今日は終日の雨。
そこで読書を。
現在二冊の本を並行して読んでいる。

一冊は、有川浩の
「明日の子供たち」




e0056537_19293384.jpg

そしてもう一冊は、
尾脇秀和の
「壱人両名」
である。



e0056537_19314065.jpg

根気がなくなったためか、それとも視力が落ちてきたためか
なかなか先に進まない。




# by shin0710s | 2019-07-19 19:32 | 読書 | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s