青木繁展へ。

石橋文化センターへ最初にいったのは小学校6年生。
50年も昔の話である。
修学旅行の見学地の一つだったように思う。
そこで英語で石橋のことをブリジストンと言うんだよ、と教えてもらった
e0056537_20493256.jpg

ように記憶している。何せ50年も昔のこと。不確かではあるが。

さて久しぶりに訪れたのは、青木繁展が催されていたからである。

多くの作品そして私信等を見て回る。
28歳で夭折した青木繁。
没後100年を記念しての展覧会で見応えのあるものであった。

興奮した気持ちを静めるべく文化センターの庭を歩く。
e0056537_20492681.jpg


e0056537_20494793.jpg


幸せな生活をかいま見る思いがする家族連れ。
e0056537_20494042.jpg


風雪をともにした夫婦。
e0056537_20493793.jpg


そして坂本繁二郎のアトリエ。
e0056537_20494328.jpg


青木繁の生涯は、才能に振り回された短い生涯ではなかったか。
我が才能への自負とそれを評価し得ない美術界への怒り。
芸術には縁遠い私にとってうかがい知れないものである。
トラックバックURL : https://keishintei.exblog.jp/tb/14701775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by shin0710s | 2011-05-01 20:52 | 建物 | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s