十年一日というけれど。

晴天。いつものように緑川の土手を歩く。
こうしてワン公をつれての散歩も20年近くの月日が流れている。
私の町は、過疎の町である。そして昨年は大地震に大雨被害と
大変な年であった。
人が減ることはあっても増えることがほとんどない町である。
毎日の散歩道から眺める景色もほとんど変わることがなかった。
それがここ10年の間に大きな変化が現れている。
住宅が建ち並んでいる。
e0056537_21032797.jpg
このあたりは、田んぼであり耕作放棄地となって雑木に覆われていた。
それが住宅が建ち並び近くの小学校は児童数の増加により増築がなされることになっている。
更には大きな倉庫あるいは工場のような建物も作られている。
十年一日というけれどさにあらず、大きな変貌を遂げている。
e0056537_21033203.jpg
散歩をはじめて以来我が家のワン公も変化を遂げている。
最初の頃のワン公は老衰によりなくなっている。
そして二代目のワン公もずいぶん年老いてきている。
そのためここまでの散歩は無理なのである。
そしてここまで散歩に来ているのは、三代目である。
e0056537_21104490.jpg
e0056537_21105683.jpg
e0056537_21104907.jpg
初代の孫世代となっている。
20年というのはワン公にとって100年近くの年月なのかもしれない。

トラックバックURL : https://keishintei.exblog.jp/tb/25307256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by shin0710s | 2017-02-07 21:13 | ワン公 | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s