見つめる。

本を読みながらふと横を見ると
ジャスミンがいる。
じっと私を見ている。
見つめている。
高見順の詩を思い出す。
高見順「みつめる」
本を読みながらふと横を見ると
ジャスミンがいる。
じっと私を見ている。
見つめている。


e0056537_19445181.jpg



高見順の詩を思い出す。

「みつめる」
        高見順
犬が飼い主をみつめる
ひたむきな眼を思う
思うだけで
僕の眼に涙が浮ぶ
深夜の病室で
僕も眼をすえて
何かをみつめる


病気療養というわけではないが、年を重ねてくると
この詩が迫ってくる。
生老病死は常に私の身にまとわりついている。
若くて元気な時代には思うこともなかった心身の事実
が年とともに迫ってくる。
それは実はありがたいことである。
わが身の事実に向かい合うことになるのだから。

トラックバックURL : https://keishintei.exblog.jp/tb/27144774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by shin0710s | 2018-03-18 19:51 | ワン公 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s