納棺

納棺の様子を見ることはこれまでも何度かあった。
納棺師として映画「おくりびと」では見ていたのだが、
その様子を最初から最後まで実際に立ち会ったのは
初めてである。


主に葬儀社からの依頼で火葬までの遺体の状態を管理しつつ、
遺族や参列者等が故人と対面できる様に遺体の見栄えを整える。
具体的には、ドライアイス等で内臓や体全体を冷やし腐敗の進行を抑えたり、
表情を整え臭いを抑える含み綿、経帷子等の衣装に着替えさせ顔剃りや化粧をする。
      ウィキペディア(Wikipedia)より


e0056537_19510732.jpg




一つ一つの所作が尊い。
生涯を終えた亡き人に敬意をもって
接しておられる姿に改めて感動を覚える。


e0056537_19513125.jpg




死は終わりではないのです。新たな旅立ちですよ、
と呼び掛けておられるような気がする。


トラックバックURL : https://keishintei.exblog.jp/tb/28537652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by shin0710s | 2019-08-24 19:53 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s
カレンダー