今朝の寒さは真冬並み?

緑川もいつもと違う橋から眺めると
別な姿を見せてくれる。
e0056537_21572044.jpg

また、町の姿も異なる。
ただ、どこから見てもやはり我が町である
眺めである。

今日の朝刊に
「酒気帯び運転で速度違反」
小学校教諭停職4ヶ月
の記事が出ている。
また昨日は、校長会議の中で
「いじめ問題について」
「教職員の不祥事について」
が大きな議題となっている。
職員への自戒すべき資料として詩が出される。

わたしたちの目にとげはないか。
わたしたちの言葉にとげはないか。
わたしたちの気分にとげはないか。
もとより自分で心づかぬ時のことである。
まさかに、心づいてそんなことのありようはないが、
ちらと光る目、ふと出る言葉、思わず動く気分に、
自分でも心づかない峻烈はないか。
もとより瞬間のことである。
直ぐ気がついて急いで取り直さずには居ないが、
しかしとげはいつでもちょっと刺すものである。
その一つ突きが、
もう相手の皮膚を破っているものである。
   倉橋 惣三 「育ての心」より「とげ」


自らを振り返り、そして反省する。
わたしたちは、反省が好きである。
学校では、帰りの会という名の反省が、
多くの学級で行われる。
「反省する」のは大事なことである。
ただ、そうすると、いつも
「たりなかった」「できなかった」
と自己点検の結果なかなか展望が開けない。

ある学校の1年教室の掲示である。

話すとき
あ あかるく
い いきいき
う うきうき
え えがおで
お おわりまで話す


e0056537_220139.jpg


聞くとき

あ あいてを見て
い いっしょうけんめいに
う うなづきながら
え えがおで
お おわりまで聞こう


このような楽しい雰囲気の中で子ども達とすごしたい。
どんなにか楽しいことだろう
わたしたち教師もこのようにありたい。
そうあってこそ、教育はロマンであるの言葉が真実となる。

しかし、教育にたいする内外の声は大きく騒然としている。
多くの教師は、子どもたちに日々真摯に向かい合っているのだが。

サクラとコウメ。
暗くなっての帰宅なので写真が撮れない。
休日のサクラである。
e0056537_2261844.jpg

そしてサクラとコウメである。
e0056537_2264422.jpg

トラックバックURL : https://keishintei.exblog.jp/tb/4512557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by shin0710s | 2006-11-08 22:14 | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s