にわか雨の中で…

「花虎の尾」
e0056537_2135715.jpg

朝からハナトラノオを眺める。
毎日花をつけ続けている。
生命力旺盛である。そして清楚でもある。

昼3時過ぎに激しい雨が降り始める。
廊下や教室の窓を閉める音が聞こえてくる。

町内の生徒指導担当者が集まっての会議。
各学校の夏休み中での報告がなされる。

5つの小学校からの報告がある。
「13人元気に登校しています。」
「川に泳ぎに行き、堰の門を開いて田んぼの持ち主からとても怒られ、
学校に電話がありました。」
「ラジオ体操に参加しない子が増えています」
「自転車で校区外に出かけている子ども達がおり、指導をしたところです。」
「今年は暑かったのでプールの利用者が多かったです。」

小学校からの報告では特に問題になることもない。
本校からも担当が報告する。

実際に大きな問題は出ていない。
そこで中学校での校門指導について話をする。

2学期はじめの生徒指導項目は以下のとおりである

①茶髪、ズボンやスカートの違反、色物柄物下着着用
→ 正しい身なりになって登校させ直す。
②くるぶしソックス
→脱がせて預かる
③眉そり
→放課後残して指導
④名札忘れ、女子の長い髪
→紙名札をホッチキスで留める
→ゴムで結ばせる
⑤その他の違反
→必ず指導して入室させる


との視点で校門指導が行われている。この指導を徹底しないと
この姿の生徒が出現し、どんどん増えていく。
学校が学校として機能しなくなるのである。

こんなことをしているのか、と4月当初は思っていた。
しかしこの指導があってこそ、学校が平穏である。
この指導が徹底されて、授業が成り立つのである。

サクラとスミレは佐賀に遊びに行っている。
しばらくは、コマメが寂しがる。
e0056537_2137509.jpg


でもコウメがいる、大丈夫。
よく遊んでいるから。
e0056537_21383598.jpg

トラックバックURL : https://keishintei.exblog.jp/tb/6401993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by shin0710s | 2007-09-04 21:45 | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s