2018年 09月 23日 ( 1 )

里山ウオーキング。

朝から涼しくて秋らしい日となる。
本日は、「栗拾いと免の山探訪」ということで里山ウオーキングの日。
ウオーキングをするにはもってこいの一日。
老若男女31名の参加。
8歳の子どもから86歳のお年寄りまでが2時間余りのウオーキングである。

まずは開会式。


e0056537_19090951.jpg

それが終わり、
午前9時出発。


e0056537_19042432.jpg

彼岸花が咲き乱れる道を歩く。
稲穂も実りの秋を前に重く垂れている。

子どもたちの声が心地いい。
木下利玄 の歌で 『子供等は列をはみ出しわき見をしさざめきやめずひきいられてゆく』
子があるが、その姿を見ているだけでうれしくなる。



e0056537_19042594.jpg

軍人墓地の横を抜け、里山の道を歩く。


e0056537_19090423.jpg

e0056537_19042544.jpg

9時30分、栗山に到着。


e0056537_19042527.jpg

持ち主のお話を聞き、早速栗拾い。


e0056537_19042545.jpg

e0056537_19042692.jpg

イガの中から姿を見せた栗の姿が秋を感じさせる。


e0056537_19120652.jpg

栗拾いに集中し、会話も少ない?


e0056537_19120769.jpg
   
e0056537_19120707.jpg

ほらこんなに取れたよ、の笑顔が広がっている。


e0056537_19120615.jpg


10時にはみんなの袋が栗でいっぱいになる。



e0056537_19120767.jpg

ここで栗拾いは終了し、少し休憩。

10時10分、免の山に向かって出発。
少し上り坂。


e0056537_19211666.jpg
通称は免の山であるが、正しくは、「陣の内館跡」の入り口に到着。

e0056537_19211647.jpg


そこから少し遠回りになるが本町を眺める場所に進む。


e0056537_19211672.jpg


自分の足で歩いてきたからこそ、味わえる眺めである。
甲佐町が眼下に広がる。


e0056537_19211650.jpg


九州山脈を遠く眺めながら下る。


e0056537_19211790.jpg


e0056537_19211792.jpg

11時到着。
約2時間の里山ウオーキングであった。
ちなみに万歩計は、7500歩余り。
途中から日差しが強くなり、汗もずいぶんかいてしまった。
それでもその汗が心地いい。



e0056537_19212237.jpg

会食となり、弁当をみんなで美味しくいただく。

by shin0710s | 2018-09-23 19:31 | スポーツ | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s