カテゴリ:遺跡( 85 )

甲佐の民話から

麻生原部落の緑川沿いに小さな祠がある。
金八水神である。

e0056537_18090713.jpg


小さな小さな祠である。


e0056537_18091593.jpg


そして緑川対岸の浅井部落には
猿王権現堂がある。



e0056537_18113119.jpg


e0056537_18112510.jpg

この二つの祠にまつわる民話が残されている。
ちょっと長いけど。

 猿王権現堂
むかしむかし、まだ緑川が二つにわかれ、龍野の下と乙女の下を流れていたころのお話です。
乙女村に、金八という力の強い男が住んでいました。
あまり力が強いので、だれもかなうものがいませんでした。
金八は、たくさんの家来をしたがえて、龍野や白旗の方まで出かけて乱暴をしましたので、近くの村人たちはとても困っていました。

e0056537_19305779.jpg


そこで、村人たちはこのあたりをおさめている阿蘇の大宮司に、金八をこらしめてくださいとお願いしました。願いを聞いた大宮司は、
すぐたくさんの軍勢をつかわしました。阿蘇の軍勢が、緑川のほとりまで来てみると、水かさも多く、渡る橋もありません。
そこで、川をおよいで向こう岸に渡ることにしました。
ところがどうでしょう。
川の中ほどまでくると、足を引っ張ったり、きものを引っ張ったりして、川の中に引きずりこまれてしまいます。
実は、川の中には、金八の手下のカッパたちがまちかまえていたのです。阿蘇の軍勢はたくさんおぼれたり、岸まで引き返したりしてしまいました。
またつぎの軍勢を川にいれましたが、やはりおんなじで、なんどくりかえしても、向こう岸までたどりつくことはできませんでした。
大宮司はどうしたらよいかみんなにたずねました。

e0056537_19305275.jpg

すると猿の王が、 『甲佐岳に住む猿たちをつかってください。』といいました。大宮司は、猿にたすけをたのむことにしました。
猿の王は、甲佐岳に住む猿たちをあつめて、
『阿蘇の神様のためにみんながんばってほしい』とたのみ、龍野の砂溜あたりに集めました。
何万という猿が命令が出るのを待ちました。そのうしろには阿蘇の軍勢がならんでいます。
一方、向こう岸には金八の軍勢があつまっています。川の中には、カッパたちが息をこらしてまっています。
どちらからともなく、ほら貝がたからかになりひびきました。
砂溜の方から、猿たちがいっせいに水に飛び込みました。
そしてカッパたちと激しい戦いがはじまりました。
どれくらいたったでしょうか。緑川はカッパと猿の死体でうずまりました。そしてとうとう猿がカッパを追い散らしてしまいました。
このときをまっていた阿蘇の軍勢たちは、先をあらそって水に飛び込み、川を渡って金八の軍勢と戦いました。
そのうち、数の多い阿蘇軍は、金八の軍をおいちらして、とうとう金八をとらえて首を切りました。
こうして、乱暴をするものもいなくなり、平和な村がかえってきました。
 このときのたたかいで、カッパや猿の死体が、万が瀬というところに何万も打ち上げられました。
また猿の王も浅井の浅瀬死体になって打ち上げられました。村人たちは、猿の王のおかげで勝てたことに感謝して、
猿の王のためにお堂をつくり、ねんごろにとむらいました。
これが猿王堂です。
猿王堂のおまつりは、九月十五日ですが、むかしは、九月の十三日ごろになると、甲佐岳から猿がおりてきて、猿王堂のそうじをしたそうです。
いっぽう、首を切られて死んだ金八も、このままではあまりにかわいそうだと、麻生原の人々がこっそり首をとりかえし、
小さな塚を作り水神さんとしてまつりました。これが『金八水神』のおこりです。
麻生原の人々は毎年七月一日『金八さん祭り』をして金八のたましいをなぐさめました。
これからは、麻生原の村からは、水におぼれて死ぬものがいなくなりました。
それは金八の家来だったカッパたちが、村の人たちを守ってくれるからだそうです。

この民話の背景が気にかかる。
先日行った堅志田城が関係しているのかもしれないと思うと
どんどん想像が広がっていく。

by shin0710s | 2018-01-31 19:33 | 遺跡 | Trackback

堅志田城へ。

先日、ジャスミンと一緒に堅志田城に行くつもりが
道に迷いいけなかったので本日再チャレンジ。
晴天でもあるし、気温も高い。
今日もジャスミンの一緒に出掛ける。

e0056537_21310594.jpg

堅志田城については、以下のとおりである。


e0056537_21415292.jpg

堅志田城跡は、肥後国で活躍した阿蘇氏の城跡であり、
熊本県中央部を流れる緑川中流左岸の最高236mを測る「城山」と呼ばれる山尾根筋に所在する。
阿蘇大宮司職を世襲する阿蘇氏は矢部館を本拠にして肥後国阿蘇郡・益城郡一帯を支配していたが、
その勢力圏の西南部に位置する堅志田城は、肥後国の中央部に近く、戦略上の重要な地点であった。
16世紀の前半、阿蘇大宮司職を巡って生じた阿蘇氏の内紛のなか、
阿蘇惟前が大永3年(1523)に堅志田城に拠って、阿蘇惟豊と対峙した。
また、天正10年(1582)より薩摩の島津氏が肥後国に進攻すると、阿蘇領の最前線として、
阿蘇氏・島津氏の攻防の舞台となり、天正13年閏8月、島津勢の一斉攻撃を受けて落城した様子は『上井覚兼日記』に詳しい。
落城後は島津氏の番城となり、その後、廃城となった。発掘調査等の結果、西方から東北方の栫集落へ向かって
円弧状に延びる延長約400mの主軸尾根と、主軸尾根の西部から南方の熊取集落へむかって延びる
延長300mの派生尾根上に、11箇所の郭、15箇所の堀切や畝堀等を有する大規模な城跡であることが判明した。
このように、堅志田城跡は中世肥後国を代表する大規模な城跡の一つであり、
阿蘇氏の内部抗争、島津氏との攻防が繰り広げられた舞台として知られ、中世肥後の政治状況を知る上で重要である。

地震の影響であちこちに被害が出ている。

e0056537_21310596.jpg



自然の地形を利用した山城である。



e0056537_21310423.jpg



e0056537_21310439.jpg



城というより砦のようである。お城と言えば石垣を思い浮かべるが、中世のお城は
自然の地形を生かした砦のようなものであろう。



e0056537_21310427.jpg




e0056537_21310356.jpg



e0056537_21310311.jpg
多くの切岸や郭の崖が崩落してしまい、
立入禁止となっている郭も少なくないのが残念である。




by shin0710s | 2018-01-19 21:55 | 遺跡 | Trackback

甲斐早雲の墓へ。

晴天なので買い物ついでに寄り道。
隣町の甲斐早雲夫婦の墓へ。


e0056537_19424648.jpg

甲斐氏は菊池氏から分かれ、一時、甲斐国に住したことから甲斐と名乗るようになりました。
足利尊氏に従って九州に下ってきた後、日向国の高千穂に土着しました。
宗運の父・親宣(ちかのぶ)は、阿蘇氏の内紛において阿蘇惟豊(これとよ)に従って活躍し、
惟豊を阿蘇大宮司に復位させました。
この活躍で甲斐氏は厚い信頼を得て、父とともに戦った宗運も御船城主となって
阿蘇氏の大黒柱として活躍し、名軍師として知られるようになりました。
阿蘇惟豊を継いだ子の惟将(これまさ)にも重用され、
大友氏や相良氏と結んで島津氏に対抗するなど、阿蘇氏の独立を維持するために努力しました。
宗運の活躍と大友氏との同盟を支えに、阿蘇家は一時肥後で最も有力な大名となりました。
しかし、大友氏の衰退、宗運の死去などで支えを失った阿蘇氏は島津氏の手にかかって滅亡し、
甲斐氏も主家と運命を共にしました。
ちなみに、宗運とは出家後の名で、それ以前は甲斐親直(ちかなお)と名乗っていくまもとました。
(熊本県総合博物館ネットワークポータルサイトより)

e0056537_19480381.jpg

e0056537_19481641.jpg


e0056537_19474622.jpg

このお墓は、東禅寺の裏手に小さな丘にあり、そこにある幹まわり2.2mの大きな楠の下に、菩薩形をした2基の石仏が並んでいます。これを甲斐山塔とよび、像の高さ60cm、像の左膝に名前がきざんであり、蕉夢(宗運)、妙性と類推でき、甲斐宗運夫妻の供養塔と考えられています。
東禅寺の過去帳によれば、宗運は天正12年(1584年)7月5日、夫人は天正5年(1577年)5月19日に亡くなっています。そばに小さな墓石があり、高さ50cmの自然石で上部に梵字がきざまれ、下部に「天正十二年七月二十三日禅定門」と書かれてあり、これが甲斐宗運の墓と伝えられています。
  (熊本県総合博物館ネットワークポータルサイトより)


by shin0710s | 2017-12-22 19:52 | 遺跡 | Trackback

松ノ本の共同墓地へ。


一昨年から気にかかるお墓がある。
船津の松ノ本共同墓地にある墓石(?)である。
新しく共同墓地にする折、旧墓地にあった古い墓石を移転したそうである。
墓石に書かれている文字が完全に読めない。
「南無阿弥陀仏」は読める。何時のものかは拓本をとらないと
わからない。

e0056537_19374070.jpg


墓地の先には甲佐岳が見える。
この後夕陽に染まることだろう。


e0056537_19385433.jpg

家に帰ると庭石にいるのはジャスミン。
珍しく外に出ている。


e0056537_19393852.jpg


ジャスミン、おいで。


e0056537_19401996.jpg
ぴょんと飛んでくる。
軽やかな動きである。


e0056537_19415221.jpg

by shin0710s | 2017-12-08 19:43 | 遺跡 | Trackback

六地蔵が伝えるもの

乙女校区には六地蔵が三体残っている。
南三箇の六地蔵、下田口の六地蔵そして船津の六地蔵である。
南三箇の六地蔵は熊本地震で倒れたものの地域の方のご尽力により、
ほぼ完全な形で復元されている。


e0056537_16292362.jpg


e0056537_16292963.jpg


六地蔵は六体の地蔵菩薩を彫り込んだ石仏で、この信仰は平安時代の終わりごろに始まったといわれており、
仏教の教えの六道(地獄、餓鬼、畜生、 修羅、人間、天上)の境遇にある人々の迷いや苦しみなどを救うために建て
られている。


e0056537_16293803.jpg
 室町時代以降、「死んだ肉親・知人たちが、六道のどこに生まれ変わっていようとも、ぜひその人を救って頂けますように」と願って各地に建てられてきた。
供養塔として街道沿いに建てられることが多いようである。
 南三箇の六地蔵は、享保17年(1732)に建てられ、六面に六地蔵が彫られている六地蔵塔で
他の地域の二体もほぼ同じ時期に建てられたと思われる。

e0056537_16293428.jpg

 この享保17年は、江戸三大飢饉である享保の大飢饉の年で、甲佐町史には、
「春から翌年の春にかけて大飢饉。餓死者山のごとし。糸田村も60人余餓死」
「秋、蝗が大量発生し、稲の被害甚大、飢饉で餓死者多数、翌年春の籾種も無く、藩より種子籾が渡される」
と記されている。
 多くの大変な飢饉(ききん)や水害など不安定な世から起ち直る時期にできた六地蔵である。
そして今も地域住民の心のよりどころであり、結束の象徴でもある。


 享保の飢饉
1731年(享保16年)末より天候が悪く、年が明けても悪天候が続いた。
1732年(享保17年)夏、冷夏と害虫により中国・四国・九州地方の西日本各地、中でもとりわけ瀬戸内海沿岸一帯が凶作に見舞われた。
梅雨からの長雨が約2ヶ月間にも及び冷夏をもたらした。このためウンカなどの害虫が稲作に甚大な被害をもたらして蝗害として記録された。
被害は西日本諸藩のうち46藩にも及んだ。46藩の総石高は236万石であるが、この年の収穫は僅か27%弱の63万石程度であった。
餓死者12,000人(各藩があえて幕府に少なく報告した説あり)にも達した
(『徳川実紀』によれば餓死者969,900人)。また、250万人強の人々が飢餓に苦しんだと言われる.


by shin0710s | 2017-12-06 16:31 | 遺跡 | Trackback

南三箇の六地蔵から。

南三箇の六地蔵は享保17年(1732)に建立されている。碑文によると
建立者は部落有志となっている。


e0056537_17093824.jpg

今回の地震により倒れていたが、部落の方々の手によって元の姿を取り戻している。
碑文、地蔵像等損傷、欠損も少なく大事にされてきている。



e0056537_17094291.jpg
享保17年は、江戸時代の三大飢饉の年である。
以下のような大飢饉の年に建てられている。
この六地蔵へ込められた願いがいかばかりのことであったかと思う。

1731年(享保16年)末より天候が悪く、年が明けても悪天候が続いた。
1732年(享保17年)夏、冷夏と害虫により中国・四国・九州地方の西日本各地、中でもとりわけ瀬戸内海沿岸一帯が凶作に見舞われた。梅雨からの長雨が約2ヶ月間にも及び冷夏をもたらした。このためウンカなどの害虫が稲作に甚大な被害をもたらして蝗害として記録された。
被害は西日本諸藩のうち46藩にも及んだ。46藩の総石高は236万石であるが、この年の収穫は僅か27%弱の63万石程度であった。餓死者12,000人(各藩があえて幕府に少なく報告した説あり)にも達した(『徳川実紀』によれば餓死者969,900人)。また、250万人強の人々が飢餓に苦しんだと言われる。また、1733年(享保18年)正月に飢饉による米価高騰に困窮した江戸市民によって享保の打ちこわしが行われた


春から翌年の春にかけて大飢饉。餓死者山のごとし糸田村も60人餓死。
大洪水、院の馬場より横田と新橋までの塘筋破損。諸方田方腐れ、収穫皆無。
秋、蝗が大量に発生し、稲の被害甚大。気が出が死者多数、翌年の春の樅種もなく
藩より種子籾が渡される。 (新甲佐町史)



by shin0710s | 2017-10-21 17:27 | 遺跡 | Trackback

宝暦のお地蔵様

甲佐神社の横から山沿いに登っていくと
御手洗神社が見えてくる。


e0056537_19163108.jpg


今は工事中である御手洗石橋を渡り少し先から左手に山道を登っていくと
安平の共同墓地に出る。



e0056537_19164416.jpg
新しくできた共同墓地に古いお地蔵さまがある。
宝暦五年五月六日と彫り込んである。



e0056537_19183342.jpg


以前の村の墓地にあったものをここに移築したものである。
西暦1755年に当たる。
ここから御手洗神社を見ると古墳のような姿となっている。



e0056537_19184619.jpg

by shin0710s | 2017-09-29 19:25 | 遺跡 | Trackback
吉野ヶ里町へ行く機会があったので都紀女加王の墓に出かける。


e0056537_20434465.jpg

佐賀県三養基郡上峰町大字坊所七本谷にあり, 遺跡名:上のびゅう塚古墳という。


e0056537_20435416.jpg


e0056537_20440746.jpg

古墳は前方後円墳で、前方部を西に向ける。墳丘長は49メートルで5世紀の築造と推定されるが、埋葬施設は明らかでない。墳丘表面からは埴輪・葺石が見つかっているほか、墳丘周囲に周溝が巡らされたことが明らかとなっている。昭和18年(1943年)に宮内省(現・宮内庁)によって都紀女加王の墓に治定された。



e0056537_20442585.jpg

by shin0710s | 2017-09-23 20:47 | 遺跡 | Trackback

晩免古墳へ。

宇城市にある晩免古墳へ出かける。
3号線バイパスから少し入ったところに晩免古墳はある。
e0056537_19541545.jpg



e0056537_19542869.jpg

この古墳については、旧清和村の安徳天皇陵に行ったときに
もう一つの安徳天皇陵があることがわかり行ってみたいと思っていた。


e0056537_19544681.jpg


e0056537_19545279.jpg

この晩免古墳の天皇陵については以下のブログに詳しく述べてある。

安徳天皇陵。安徳天皇は高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の娘・建礼門院徳子。安徳天皇は平清盛の強引な後押しにより、生誕一ヶ月で皇太子に立てられ、翌々年にはわずか三歳で父・高倉天皇からの譲位により即位した。しかしながら、翌年清盛が死ぬと各地で平家追討の動きが出て、寿永2(1183)年7月の木曽義仲の入京に伴う、平家一門の都落ちに際しては三種の神器と共に奉じられ西国に脱出した。すると後白河上皇は後鳥羽天皇を即位させ、天皇が二人立つという異常事態となった。以後、安徳天皇は平家一門と共に西国を転々としたが、文治元(1185)年、源平合戦の最終決戦となった壇ノ浦の合戦で敗れた平家一門と運命を共にし、海中に没して亡くなったとされている。
しかしながら、『醍醐雑事記』に「先帝行方不明」とあり、『玉葉』でも「旧主御事、分明せず」とされていることなどから、実は安徳天皇は壇ノ浦から密かに脱出して生き延びたという伝説・伝承が西日本には平家落人伝説とともに各地に残されていて、全国には安徳天皇陵とされるものが十数ヶ所あると言われている。
この立岡に伝わる伝承によると、宇土を治めていた古保里越前守を頼って平家の残党が隠れ住み、安徳天皇の御霊を晩免の地に祀った、あるいは熊本県清和村(現山都町)に葬られた安徳天皇の墓をこの地に移したといわれている。


e0056537_19550104.jpg



e0056537_19550629.jpg



e0056537_19550947.jpg


この古墳は立岡古墳群の一つとして独立丘陵上に位置しており、直径30~35mの円墳である可能性が高いと考えられている。尚、明治16年にこの晩免古墳の近くに
ある潤野古墳の石棺が露出し、石蓋の裏に「吾人平資盛」との彫刻が見付かり、引き続き明治19年に行われた晩免古墳の調査で石棺の身の内面に菊花文があることが確認されたことなどから、地元に伝わる安徳天皇伝説を受け、宮内省(現宮内庁)より御陵墓伝説地(現陵墓参考地)に指定された。
ただし、潤野古墳の「吾人平資盛」の彫刻は書体から後世の偽刻である可能性が高いとされ、晩免古墳についても五世紀後半頃の築造であると考えられているという。
http://www5f.biglobe.ne.jp/syake-assi/newpage1032.html

by shin0710s | 2017-09-10 19:58 | 遺跡 | Trackback

文化財を守る

世持から乙女台地に沿って緑川の支流である錦郷川が熊本市城南町に流れている。
中山部落の西方から錦郷川下流に沿って横穴古墳群が数多く点在している。



e0056537_19414414.jpg




e0056537_19414900.jpg

 横穴古墳は、古墳時代の後半から奈良時代(約1500年~1300年前)頃に見られた
墓の一つで崖に横穴を掘って作ってある。
内部はドーム状になっており、コの字形に区画した遺体安置所(屍体)がある。
墓内にはふつう2~3個の屍床が設けられている。
 古墳時代を代表する遺跡といえば塚原古墳群であるが、
この塚原古墳群の築造が終焉を迎える6世紀末に本町の横穴群へと墓制が変化していったと考えられる。
 中山古墳群は、5~6世紀のもので山裾に現在十数基点在し、内部は三床の祭壇式になっていまる。
もともと入口は閉塞石(ヘイソクセキ)とよばれる石でふさがれていたのだが今はその石はない。
 この麻生原から中山にかけての錦郷川に沿っての低地は、
古墳時代後期から終末期には生産力が高く多くの人が住んでいたと思われる。

 本町にはここ中山古墳群、そして船津東前古墳群、



e0056537_19413198.jpg



e0056537_19420109.jpg


下豊内横穴古墳群がある。 緑川を挟む山々に残る横穴群や古墳をはじめ数多くの遺跡を守り、
後世に残していくことは我々の務めであろう。

by shin0710s | 2017-09-08 19:45 | 遺跡 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s