カテゴリ:建物( 104 )

三井グリーンランドへ。



maomaoに誘われて南関へ。
天気もいいし、今日はどこに行こう?

maomaoは長女に相手をさせて、
私は、そんなに暑くもないので木陰で読書をしよう。

何十年ぶりかな、ここは。




e0056537_20570208.jpg





なんかものすごい遊具?がある。
そしてすごい音を立てて走っている。





e0056537_20570674.jpg




e0056537_21054785.jpg



どうしてこんな怖い遊具に乗るんだろう、どうにも理解しがたい。
これなどグルんぐるん廻るだけでなく一つ一つが逆立ちしている。回転もしている。




e0056537_21081130.jpg




e0056537_21001513.jpg





e0056537_21002225.jpg





e0056537_21002446.jpg





乗ってみようかなど絶対に思わない。
年齢制限に引っかかっているから、乗りたいけど乗れない。
残念だ、と心にもないことをmaomaoに行っている。





e0056537_21030194.jpg




他にも年齢制限に引っかかるものがあった。
全然悔しくない。






e0056537_21042102.jpg




e0056537_21040982.jpg




まあ、私が乗ってもいいかな、と思ったのは、この遊具くらいかな。





e0056537_21050954.jpg


e0056537_21051313.jpg



6月の陽射しは強烈だった。
腕が赤くなっている。
今日はよく焼けた。

by shin0710s | 2019-06-16 21:07 | 建物 | Trackback

駅が…。変わっている。


久しぶりに熊本駅へ。

駅舎がない。
変わっている。

e0056537_17230535.jpg

熊本城の石垣をイメージしたという駅舎である。
武者返しが思い浮かばない。



e0056537_17231861.jpg


e0056537_17235813.jpg

最初の記憶にある熊本駅は、昭和39年。
中学3年生の時である。
集団就職で大阪に行く友達を見送りに来た遠い日。


新しい元号が発表されている。
「令和」だと。

物心ついた時から昭和だった。
今「令和」だといわれてもなじむまで生きているかな。


この後この年号になじんでいくように、この新しい駅舎も
人口に膾炙されていくのだろうな。



e0056537_17292538.jpg


by shin0710s | 2019-04-01 17:33 | 建物 | Trackback

陽射しが暖かい。

余りに気持ちがいいので少し歩く。
タンポポはどうなっているかな?



e0056537_18301665.jpg


気持ちよさそうに日の光を吸収している。


今日は保育園の理事会。
歩いていくにはちょうどいい距離である。
カメラをもってゆっくりと歩く。


e0056537_18300679.jpg



御崎宮?何と読むかわからない。
祭神もわからないので別の機会に調べることにする。



e0056537_18301028.jpg


中横田の阿弥陀堂へ。


e0056537_18301616.jpg

阿弥陀如来像である。


e0056537_18302258.jpg


会議は2時から。ゆっくり楽しみながら歩くことが出来た。

会議後は、ワン公と散歩へ。


e0056537_18302265.jpg


午後4時半。陽射しがまだ残っており、
するにはもってこいの時間である。
そうだろう、チョコ太?



e0056537_18302215.jpg


by shin0710s | 2019-01-29 18:38 | 建物 | Trackback

熊本市立博物館へ。

12月にリニューアルオープンになった熊本市立博物館へ。
maomaoが来ているのできっと喜ぶに違いないと思って出かける。



e0056537_19312624.jpg

ところが、maomaoはプラネタリウムへ。
旧博物館時代に何度も見ているので
私は、収蔵物を見て回る。

中でも本町の民俗資料館を整理しているので
展示の様子が気にかかる。


e0056537_19312757.jpg

平成も残り少ない。まして昭和はずいぶん遠くなっている。
私の子どもの時代を垣間見るような展示である。


e0056537_19312692.jpg

もちろん農機具もわかりやすいように展示してあり、
解説もいい。とても参考になる。


e0056537_19312732.jpg


さて、展示物で一番目を引くのは?
これである。



e0056537_19312716.jpg



by shin0710s | 2019-01-04 19:42 | 建物 | Trackback

光庵

茶室とは、茶事を行うための独立した部屋または建物である。

古くは茶の湯座敷,数寄屋,囲いともいい,江戸時代以降,茶室という。
草庵茶室と書院茶室に大別され,約 3m四方の4畳半を基本として,
それ以上を広間,以下を小間 (こま) という。
また客座と点前畳 (てまえだたみ) の配置,畳の数と敷き方,
炉の切り方,床と出入口の配置などによって茶室の内容が定まる。

と物の本には記してある。

さて今回はガラスの茶室へ。



e0056537_21114216.jpg




ガラスの茶室である。光の変化を楽しみ味わうことが出来る。



e0056537_20590238.jpg



ベンチが置いてあるがこれもガラスでできている。



e0056537_20591050.jpg


作者は、吉岡徳仁氏。



e0056537_20592444.jpg



吉岡徳仁氏(1967年生まれ)は、デザイン、アート、建築など幅広い領域において、
自由な着想と実験的な創作から生まれる作品により、
世界に影響を与える創り手の一人として多数のデザイン賞を受賞するなど、
国内外で高く評価されています。
 「ガラスの茶室 - 光庵」は、2011年第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にてデザインが発表され、2015年に京都の天台宗青蓮院門跡境内、将軍塚青龍殿の舞台にて初めて披露されました。



e0056537_20593501.jpg




光の変化を味わうには戸外がふさわしいのだろう。
屋内では作者の意図する作品の世界が味わいにくいのかもしれない。



e0056537_20584756.jpg




外に出ると古い石碑がある。
ガラスの茶室を何とか理解しようしていた私には
ホッとする安らぎの石碑等である。





e0056537_20594047.jpg





e0056537_20594069.jpg

by shin0710s | 2018-12-22 21:07 | 建物 | Trackback

見晴台駅へ。

避暑を兼ねて南阿蘇へ。
陽射しは強いものの、空気が澄んでいて木陰は涼しい。
南阿蘇鉄道の見晴台駅である。


e0056537_22044985.jpg


ちょうどトロッコ列車が到着。


e0056537_22044937.jpg




e0056537_22094500.jpg


里芋畑の横を列車が通る。



e0056537_22113850.jpg



遊園地の遊具のような列車である。



e0056537_22044816.jpg


しばらく停車。
そして出発。


e0056537_22044869.jpg

ちゃんと遮断機が下りている。
観光客を乗せて高森駅へ。



e0056537_22044891.jpg

by shin0710s | 2018-07-15 22:12 | 建物 | Trackback

もう一度行きたかった。

今日も晴天。
気持ちのいい早春の日差しである。
先日行ったJA植木市、もう一度行きたかったな。

e0056537_19372356.jpg


次は5月の連休のころがバラの見ごろ。
その時に出かけることにしよう。


e0056537_19372037.jpg

ここに来たのは、9年前。
幼稚園に勤めていたころ。
お見知り遠足で園児たちときている。
遠い昔のことである。

by shin0710s | 2018-02-18 19:39 | 建物 | Trackback

台風一過。

青空が広がる。
さわやかな風がそよいでいる。
久しぶりに西港に出かける。
青空にきっと洋館が映えるはず。



e0056537_20303178.jpg

連休最後の日のためかにぎわっている。



e0056537_20310785.jpg

日差しはまだ強いものの秋風が心地よく流れている。



e0056537_20305226.jpg



コーヒーを飲みながらこの心地よさを味わうのは
この季節ならではかもしれない。



e0056537_20314170.jpg

by shin0710s | 2017-09-18 20:35 | 建物 | Trackback

熊本城へ。

山や海をやめて街中へ。
猛暑の日々なのできっと山も海も混雑しているに違いない。
ならば街中が人が少ないに違いない。
そこで、熊本城へ。

e0056537_20031992.jpg

熊本地震で大きな被害に遭った熊本城である。
その後の復旧工事もまだ緒に就いたばかり。
長塀は撤去されている。
天守閣等の工事はまだまだである。


e0056537_20032098.jpg

e0056537_20032048.jpg

監物台樹木園から眺めると石垣の崩れた後に雑草が生えてきている。
何とも寂しいものである。


e0056537_20032039.jpg

伝統工芸館からは壊れていない石垣を見ることができる。


e0056537_20032153.jpg
熊本城を一周したけれど暑かった。
汗が止まらなく上着がびちょびちょである。

パパさん、どこに行っていたの。
私たち寂しかったよ。


e0056537_20031953.jpg


by shin0710s | 2017-08-12 20:10 | 建物 | Trackback

懸魚?

晴天。気持ちのいい日である。
部屋から本堂の屋根が見える。
e0056537_19285649.jpg

屋根の合わさったところにある飾りを「懸魚(げぎょ)」というらしい。


e0056537_19291382.jpg

調べてみると、

建築装飾の一つ。中国や日本の建築で,破風 (はふ) の下部内側またはその左右に六葉といわれる
金属製や木製の栓で取付け,棟木や桁の先を隠すための飾り板。
形により梅鉢懸魚,猪目 (いのめ) 懸魚,かぶら懸魚,三花懸魚などの種類がある。
当初魚をつるしたような形であったのでこの名がある。

天草市の明徳寺の懸魚

e0056537_19292859.jpg
懸魚は、火に弱い木造寺院を火災から守るため、水に縁のある魚の形をした飾りを
屋根に懸けて火除けのまじないとしたのが始まりと考えられます。
魚の身代わりを屋根に懸けることが「水をかける」という意味にも通じています。
これが魚に由来する呼び名の語源です。


有田の報恩寺の懸魚

e0056537_19293149.jpg


有田町の八坂神社。


e0056537_19292496.jpg


蓮華院誕生寺山門の懸魚。

e0056537_19293479.jpg

今まで何となく眺めていたが、改めてみてみると
その意匠がすばらしい。
お寺を訪ねるとき、この懸魚に目を向けてみよう。

by shin0710s | 2017-05-17 19:43 | 建物 | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s