カテゴリ:人( 16 )

一枚の絵から

お寺の本堂に寄贈されている油絵がある。
甲佐町の憩いの場所である清正公山から眺めた風景である。


e0056537_21325643.jpg


この油絵は、昭和28年の県美術展での入選作品である。
私の村やお寺、そして緑川。さらには県道を兼ねた緑川の堤防が描かれている。
その堤防には、私の記憶にある大きな木、ハゼノキそして堤防下の人家が思い出される。

当時の農家の様子を描いていたのが本年度の天草宮地岳町の案山子である。
まずは、昭和三十年代の農家の様子である。


e0056537_21333146.jpg


e0056537_21332787.jpg


農業の様子がよく表現してあった。
この写真を老人会で公開したら当時のことを次々に話してくれた。


e0056537_21372039.jpg


e0056537_21372116.jpg


e0056537_21372087.jpg


e0056537_21364923.jpg


e0056537_21364364.jpg

私の記憶に眠っていた小学校時代の村の姿と重なる。
水道もガスもテレビもなかったけれど働きが見える時代であった。


by shin0710s | 2018-04-12 21:45 | | Trackback

老後の多様性

江津湖の湖畔を歩くと多くの人に出会う。
平日ならば95%は高齢者である。
もちろん私もその一人。

歩いている人、走っている人。
陽だまりで居眠りしている人。
春の陽気ならばいろいろな過ごし方があってもいい。

高齢者の魚釣り談義かな。


e0056537_17172465.jpg


こちらは大きな望遠レンズで何かを撮ろうとしている人たち。

e0056537_17181209.jpg


その先には何がある?


e0056537_17180032.jpg


こちらも写真談義かな。


e0056537_17173292.jpg



しばらく歩くと一人静かに構えている人。



e0056537_17175113.jpg



いろんな老後の楽しみ方があっていい。
サークルやグループ。老人会や退職何とか会などに属するのもいい。

一人で家にいるのが楽しいという人もいるだろう。
野菜を作ったり絵をかいたりして。
多様な老後があっていい。
孤立しているのではなく一人でいるのがいいという人もいるはず。

ね、ジャスミン。そう思うだろう。


e0056537_17174834.jpg

by shin0710s | 2018-02-28 17:25 | | Trackback

電線工事

曇天。寒さはずいぶん和らいでいる。
それでも曇り空なので寒々しい。
我が家の前で電柱工事が行われている。
一昨年の地震で傾いだ電柱の取り換え工事である。

今日は、電線の移動工事である。
電線工事用のクレーン車が三台きて終日の工事が続いている。

e0056537_13045558.jpg


二階の窓からその工事の様子がよくわかる。


e0056537_13045599.jpg


e0056537_13045611.jpg


雨が降っていないだけでも良いのかもしれないが大変のものである。


e0056537_13045583.jpg


工事を始める前には、あいさつに来られている。
交通の邪魔にならないようにし、かつ安全に気を配る。
ありがたいことである。


e0056537_13045518.jpg

by shin0710s | 2018-02-16 13:11 | | Trackback

ちょんかけ独楽。

寒いけど動かなければと思い公園へ。
陽射しがあるものの丘の上の公園は風が冷たい。

ふと見ると、
「ん、太極拳か?」


e0056537_19365264.jpg

よく見ると、独楽が浮かんでいる。
ちょんかけ独楽である。

肥後地方で伝承されている「ちょんかけごま」と呼ばれるコマです。
400年以上前の文献に記録として残っている
この独楽は当時に大道芸人がいて、販売をしていたというヨーヨーの売り方の原型のような側面も持っています。
また回転の付け方や動き的にはディアボロに近いですがスティックを使わず、
ヨーヨーのように指にヒモを直接つけるので、技自体はヨーヨーのオフストリングの動きの中でも
最新とされる要素が含まれていて、400年の伝統でありながら最新にもつながっている面白さがあります。

との説明があった。保存会の人である。
見事な技を見せてもらえた。

e0056537_19365343.jpg



e0056537_19365359.jpg



e0056537_19365398.jpg

e0056537_19365332.jpg


e0056537_19365308.jpg


思わず拍手である。
子どものころはよく見かけていたが、すっかり消えてしまっている
伝統芸能である。


e0056537_19365423.jpg

十年前チャレンジしたら少しはできたかも?
無理かな。


by shin0710s | 2018-02-05 19:43 | | Trackback

似ているかな?


今日も梅の木にスズメが集まっている。
なぜ⁇
飽きることなく集まっているスズメたち。
同じくその動きが面白いのでついつい眺めている私。
今日もカメラを向けている。


e0056537_17050284.jpg

同じような顔を持つ雀であるが、よく見れば違いがある。
これまた楽しいものである。

昨日行った蓮華院誕生寺の南大門には四天王が守護している。
その中の一体が広目天である。
モデルは現在渦中の力士、横綱白鵬である。
似ている?


e0056537_17080042.jpg

by shin0710s | 2017-12-04 17:14 | | Trackback

夫唱婦随

昨日とは一転して今日は雨。
今日も庭師さんご夫婦が庭の剪定にかかりっきりである。
小雨の降る中、大変なことである。



e0056537_16431953.jpg

e0056537_16431866.jpg
剪定の中で会話があるわけではない。
二人で段取りよく進めていかれる。


e0056537_16431729.jpg


e0056537_16431786.jpg


「雨が降って大変でしょう?」
「いえ、雨が少し降るくらいが、はさみのノリがいいんですよ。
キノヤニがつきにくくてよく切れるんですよ」

そういえば刈り払い機を使うときも少しの雨が降っていたほうがやりやすい
と聞いたことがある。
それにしても雨に濡れて滑りやすいので大変なことである。


e0056537_16431944.jpg


e0056537_16431867.jpg



e0056537_16431874.jpg

父の残してくれた庭である。
渓眞苑と名付けている。
大きな庭石と年ごとに落ち着きある姿になっていく槙のバランスを考慮して
剪定をしてもらっている。
これで新しい年がいつ来てもよくなった。




by shin0710s | 2017-11-29 16:56 | | Trackback

庭木の剪定

暖かな陽射しが心地いい。
昨日から、植木職人さんが庭木の剪定中。
槙が多い我が家の庭木である。
根気のいる仕事である。

e0056537_14145170.jpg


十年以上も剪定していただいているのでいい姿になってきている。


e0056537_14145589.jpg


今年は、ご夫婦での作業であり、阿吽の呼吸がみてとれる。

e0056537_14150172.jpg


樹上はご主人。


e0056537_14150625.jpg

e0056537_14151004.jpg

家の周りいっぱいに庭木があるので数日かかる。
父の残してくれた庭である。
大事にしていきたい。

by shin0710s | 2017-11-28 14:19 | | Trackback
昨年の地震で傾いていた電柱工事が始まり、今日は、電線の付け替え。
工事を行っている。
見ていて飽きることがない。


e0056537_18591818.jpg

箱に乗っている人がクレーンを動かしているのかな。


e0056537_18592751.jpg
午後4時ずいぶん仕事が進んだようである。



e0056537_18593888.jpg


クレーン車が2台で最後の仕事であろう。


e0056537_19081135.jpg


クレーン車が7台集まっている。
ここを今日は集中的に復旧工事がなされたのであろう。


e0056537_19082990.jpg

by shin0710s | 2017-11-14 19:11 | | Trackback

古稀同窓会へ。

午前10時、役場の輝きホールに集合。


e0056537_16564923.jpg
本日は、昭和39年中学校卒業生同窓会である。
卒業以来半世紀以上が過ぎている。
そして今年は古稀の年となった。
皆、すっかりおじいちゃんおばあちゃんである。

久しぶりの同窓会なのであちこちで昔話に花が咲いている。


e0056537_16570366.jpg

とにかく団塊の世代なので生徒が多かった。
7クラスもあった。
今は、二つの学校が一緒になっているのに、2クラスである。
いかに当時の子供たちが多かったかと思う。


e0056537_16571645.jpg


e0056537_16592256.jpg

まずは、各クラスごとの記念写真。


e0056537_16571941.jpg

そして町長にも参加していただいて、全体写真。


e0056537_16572344.jpg

今回の参加者は、六十数名となっている。
また同級生で鬼籍入っているのが30名。
にぎやかで、話が途切れることなく続く。

ふと思い出したのが、当時と思うが高村光太郎の詩である。


  道 程  
     高村光太郎
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

当時それぞれに大きな夢を描いていた。
50年以上たった今どのような道ができているのだろうか。
満足すべき道であるだろうか。





by shin0710s | 2017-10-30 19:10 | | Trackback

見送りに行ったら。

空港に見送りに行ったら、車が多い。
何事ならん、と見回すと。


e0056537_22024885.jpg


せっかくである、レンズの準備はできていないけど。


e0056537_22025402.jpg



e0056537_22025926.jpg


続いてロビーから音楽が流れてきた。
フラダンスの始まり。


e0056537_22030443.jpg


e0056537_22030941.jpg


小学生も踊っていた。



e0056537_22031475.jpg


しばらくしたら曲調が変わっている。
ベリーダンス。


e0056537_22031911.jpg


e0056537_22032412.jpg

あまり考えもせずに撮ったのでぶれることおびただしい。
がっかりである。


by shin0710s | 2017-10-14 22:07 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s