カテゴリ:花( 235 )

梅雨近し!

5月も下旬。少し歩けば梅雨が近いと思う。
今日は、空気が乾燥して清々しい日であった。
それでも梅雨が近い。

梅雨の花である紫陽花が花を開き始めている。


e0056537_19503168.jpg

e0056537_19503811.jpg

e0056537_19503239.jpg

やっと咲き始めた紫陽花である。
雨に濡れた紫陽花を見るのも近い。
今日は、咲き始めの紫陽花を味わう。


e0056537_19503205.jpg

e0056537_19503102.jpg

大輪の紫陽花も姿を現している。


e0056537_19503882.jpg

e0056537_19503164.jpg


散歩に行きますよー!
チョコマミーが待っている。



e0056537_19503111.jpg


by shin0710s | 2018-05-25 19:54 | | Trackback

晴れ間が見える。

午後3時過ぎから晴れ間が見える。
陽射しがあたりを明るくする。
よし、庭の花にチャレンジ。



e0056537_18563837.jpg

三脚を使わずここまで撮れたら良しとすべし。



e0056537_18563133.jpg

ワン公は、どうかな?


e0056537_18564418.jpg

タッチパネルがあると低い位置から撮ることが出来る。
これはなかなか使いやすい。
足の短いダックスを撮るにはもってこいである。


e0056537_18565072.jpg

by shin0710s | 2018-05-23 18:59 | | Trackback

雨残る。

朝から霧雨。
シモツケに雨が残っている。


e0056537_18252594.jpg

季節外れのコスモスにモンシロチョウが寄っていく。


e0056537_18253166.jpg

この季節である、華やかさと鮮やかさが欠けるように思う。


e0056537_18253059.jpg

元気なのは、夏の野菜。かぼちゃである。
一面のカボチャ畑に花が見える。


e0056537_18253484.jpg

これこそ初夏の花である。
鮮やかな黄色が緑の葉の中で躍動感を醸している。


e0056537_18253735.jpg

by shin0710s | 2018-05-19 18:29 | | Trackback

初夏の花を。

下野(しもつけ)の花が咲いた。
ほとんどほっぽり出しているが、毎年咲いてくれる。
初夏の花なのでこの暑さで花期が早まっているのかもしれない。


e0056537_21230158.jpg

e0056537_21225261.jpg

裏には、ヒメリョウブが満開である。
枯れてしまったと思っていたが、新たに芽を出し、枝を張り大きく育ってきている。




e0056537_21230919.jpg



e0056537_21230540.jpg


季節は夏に向かってまっしぐらであろうか、暑い日が続いている。


by shin0710s | 2018-05-17 21:29 | | Trackback

5月はバラの季節

華やかな5月になる。
中でもバラはカメラを向けたくなる。
レンズを通して花を愛ずることになる。


e0056537_20454439.jpg


e0056537_20454434.jpg

アップで撮るにはカメラの腕とよきレンズが必要かな。

e0056537_20454468.jpg


e0056537_20454304.jpg

e0056537_20470386.jpg

by shin0710s | 2018-04-30 20:47 | | Trackback

定家かずら?

お隣の柿の木はもう少しで朽ちてしまいそうである。
今は無人の家なので手入れがなされないままカズラが覆っている。


e0056537_20391302.jpg


花弁が面白いので調べてみたら、定家カズラというらしい。


e0056537_20391361.jpg


  京都を旅していた僧侶が
 夕立にあい、雨宿りで駆け込んだところが、
 歌人の「藤原定家」が昔建てた家だった。

 どこからか現れた女性が、その僧侶を、葛(つる)のからんだ
 「式子内親王(平安時代の、
  後白河法皇の第三皇女)」の
 墓に案内し、こう語った。

 ”藤原定家は式子内親王を慕い続けていたが、
  内親王は49歳で亡くなってしまい、
  定家が式子内親王を想う執心が葛となって
  内親王の墓にからみついてしまった。
  内親王の霊は葛が墓石にからんで
  苦しがっているらしい”

 僧侶はそれを聞き、内親王の成仏を願って
 墓の前で読経した。

 じつは、先ほどの女性は式子内親王本人の「霊」で、
 僧侶が読経してくれたことで成仏できて喜んだ。
 そして、この、からみついた葛」に後年、
 「定家葛」の名前がつけられた。


e0056537_20391378.jpg

by shin0710s | 2018-04-29 20:43 | | Trackback

やっとありついた?

やっとありついた?
じっとして蜜を吸ってる。
e0056537_12562033.jpg

e0056537_12562689.jpg
春の一日。
散歩道は花一杯。


e0056537_17551695.jpeg

ワン公も元気。走り回る。


e0056537_17563469.jpeg

e0056537_17572769.jpeg

by shin0710s | 2018-04-27 12:54 | | Trackback

花の里

山間の村、目野は新緑の世界である。
ここに花の里がある。
20年前、龍野小学校に勤めていたころ
子どもたちと一緒にこの花の里を訪れていた。

e0056537_17492851.jpg

丹精込めて育てておられたおじいちゃんも鬼籍に入られ、今は子供さん(60歳代)がそれを守っておられる。
この季節にこの花の里を訪れるのは20年ぶり。
裏山の斜面を利用してつつじ等の花を植えておられた。
それが大きく育ち、一面の花庭園となっている。
歩道の上には藤の花が馥郁たる香りを漂わせている。


e0056537_17492950.jpg


花見の客は、口コミで訪れてくる。


e0056537_17492890.jpg


e0056537_17492868.jpg

一年の中で花の咲くときは短い。一年のほとんどは、この花の季節への施しの時間である。
父の願いを受けて日々の手入れをされている息子さんたちに感謝したい。
あと少し、花をめでることが出来そうである。


by shin0710s | 2018-04-20 18:00 | | Trackback

我が家の庭も春爛漫。

今日は、庭の花見客。
今年は例年になくつつじが花をつけている。
きっと花の香りに誘われてやってきたに違いない。


e0056537_20060211.jpg


昨年は、肥料をやることもなく打ち捨てていたのに今年は
花がよくついている。


e0056537_20061194.jpg
長年肥料を与えてきたけれど
それは過保護になっていたのかも。


e0056537_20062015.jpg


まだ咲き始めたばかりである。
しばらくはつつじの花を楽しめそう。


e0056537_20062437.jpg

by shin0710s | 2018-04-09 20:09 | | Trackback

若葉広がる。

この暖かさで庭の若葉が一斉に芽吹きだしてきた。
欅の若葉、下記 (柿)の幼葉がまぶしい。


e0056537_20114321.jpg


その木々の下にはシャガの花が咲いている。


e0056537_20114832.jpg


e0056537_20115210.jpg


つつじも咲き始めている。


e0056537_20115637.jpg

by shin0710s | 2018-04-04 20:13 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s