カテゴリ:花( 249 )

酔芙蓉咲く。

垣根を越えて境内に懸かっていた酔芙蓉がやっと咲き始めた。
純白と昨日咲いていた薄桃色の花が枝に連理の枝のようにとまっている。

一年を通してこの花の季節のみ酔芙蓉として認められる?
この花の時期以外は、酔芙蓉としてみていないのではないかな。


e0056537_21214282.jpg

今朝も8時半より晨朝勤行。
お参りをされている女性が一人。
手を合わせておられる姿が美しい。



e0056537_18103749.jpg

by shin0710s | 2018-10-14 21:35 | | Trackback

シュウメイギクが咲く。

裏庭のシュウメイギクの花がやっと咲く。
日当たりが悪い?からか咲くのが遅い。

楚々とした白い花が緑の槙の生垣を背景にくっきりと浮かぶ。

e0056537_20350764.jpg


薄桃色のシュウメイギクは育て方?が悪かったのか無くなってしまった。
今はこの白いシュウメイギクのみである。



e0056537_20350729.jpg

船津の迫に出かける。
摩崖仏の件(10月2日)で村の長老の方にお話を聞くが、はっきりしない。
迫の村では関係してないようである。

そこで村中にあるお堂について話を聞く。


e0056537_20351288.jpg

観音さんと呼ばれており、4月10日が祭日であるとのこと。
回り持ちで座が開かれていたが、今はずいぶん簡素化されている。


e0056537_20350776.jpg

観音様ということであるが、私には、ご本尊は、観世音菩薩か判断がつかない。
ただ左手に何か持っておられる。水差し?のようなものなのでここから判断すると
観音菩薩であろう。


e0056537_20350745.jpg

by shin0710s | 2018-10-12 20:49 | | Trackback

天気は下り坂。

今日の天気は下り坂。
台風25号の影響が出始めている。
朝から雨が降ったりやんだり。


e0056537_20465724.jpg

裏庭の甘柿は今年は不作。
昨年は毎日食べることが出来たのだが。

境内の渋柿も今年はあまり実をつけていない。
干し柿にするには少なすぎるかな。


e0056537_20470200.jpg


そんな中で、毎年咲かせているのがジンジャーの花。
昨年は白い花もあったのだが、今年はこの色の花のみ。



e0056537_20470517.jpg

ジンジャーって何だろうと思っていたら。


e0056537_20564929.png
生姜の花かな。ちょっと大きさが違うけど。


by shin0710s | 2018-10-04 20:55 | | Trackback
麻生原の馬頭観音堂の境内に、うっそうと茂ったキンモクセイが今年は
沢山の花を咲かせている。
大きさにおいては日本一の折り紙が付けられ、昭和9年に国の天然記念物に指定されている。


e0056537_20194269.jpg



e0056537_20194123.jpg



e0056537_20194282.jpg



今年も専門の先生が調査に訪れ、樹勢等を調べ、今後の
処置等について説明が行われた。


e0056537_20194112.jpg


今年は昨年と比べ、花が多い。
暑さの厳しい今年の夏だったので心配していたのだが。


e0056537_20194263.jpg

先生は、ちょうど訪れた人々にも丁寧にお話をされている。


e0056537_20194238.jpg


e0056537_20194369.jpg

またこの時期には、村の人たちが花見に訪れた人への
お接待がなされている。
村の人たちの、この「キンモクセイ」に寄せる愛情が感じられる笑顔である。



e0056537_20194298.jpg

by shin0710s | 2018-10-03 20:27 | | Trackback

秋の香りが…

台風が去り、さわやかな風が吹いている。
余りに気持ちいいので外に出ると、
その風に乗って柔らかな香りが流れてきた。


e0056537_15100654.jpg

気持ちいいねえ、コウメ。
すっかりおばあさんになったコウメである。


e0056537_15100532.jpg


この香りは?
本町の町木である「キンモクセイ」の香りである。



e0056537_15100635.jpg

でもまだ花は蕾である。


e0056537_15100566.jpg


今からしばらくはキンモクセイの香りが我が家を覆うことだろう。
秋の香りを楽しむことが出来る。
コウメ、お前もわかるかな。



e0056537_15100662.jpg


e0056537_15100565.jpg




by shin0710s | 2018-10-01 15:14 | | Trackback

この白い花は何?

ワン公と散歩の途中で出会った花である。
小さな花をたくさんつけてあたりが真っ白になる。


e0056537_18181157.jpg

十年以上この道を散歩しているが気づくことがなかった。
ネットで調べてみると「タラの木の花」。



e0056537_18181168.jpg


山菜の王様であるタラノ木。
来年の春が待ち遠しい。
タラの芽をてんぷらにして食べたいな


花より散歩は、ワン公たち。


e0056537_18210747.jpg


e0056537_18211687.jpg


チョコ太が一番。
そしてチョコマミー。





e0056537_18211225.jpg



e0056537_18211992.jpg

一番後ろは、ショウ。
仕方ないな、もう年寄りになったのだから。



e0056537_18212303.jpg

by shin0710s | 2018-09-21 18:23 | | Trackback

彼岸花に魅せられる。

家の周りにあ朱色の明かりがともり始めた。
彼岸花があちこちで花を開いている。
彼岸花は、死人花とか呼ばれ花瓶に生けられることも少ない。
稲穂の垂れるころになると豊年を祝うかのように
重なり合いながら大輪を広げる。


e0056537_19092833.jpg


e0056537_19092825.jpg

曼殊沙華は彼岸花の別名であるがその意味は、

仏教で伝説上の天の花。サンスクリット語 majūṣakaの音写。
純白で,見る者の悪業を払うといわれ,天人が雨のように降らすという。
日本ではヒガンバナと呼ばれ鮮紅色の花を咲かす。

となっている。確かに白の彼岸花もある。
本来は、天の花なのである。

e0056537_19092764.jpg


e0056537_19092767.jpg

死人花とか葬式花とか言わずに曼殊沙華と呼びたいものである。


e0056537_19092830.jpg



チョコ太もそう思うだろう?



e0056537_19092770.jpg


by shin0710s | 2018-09-16 19:16 | | Trackback

季節を味わう。

ジャスミンと散歩に行くと、何か動いた気配。
様子をうかがう。

大丈夫、何もいませんよ。



e0056537_20131514.jpg


大丈夫です。気にしなくていいですよ。



e0056537_20131571.jpg


畦道に彼岸花が咲き始めた。
9月になれば忘れることなくその姿を見せてくれる。
このブログでも毎年彼岸花をアップしている。
今年一番の彼岸花である。


e0056537_20131489.jpg

ジャスミンも彼岸花をめでる?



e0056537_20131595.jpg

by shin0710s | 2018-09-12 20:16 | | Trackback

季語は?

散歩の途中の畦道に咲いていた。


e0056537_22213921.jpeg

昼顔である。


e0056537_22225920.jpeg

季語は?
仲夏である。

そして朝顔は?
初秋となっている。
知らなかった。
夏と言えば朝顔を思い浮かべるのだが。

by shin0710s | 2018-06-30 22:30 | | Trackback

紫リュエリア咲く。

今年も庭のあちこちに紫リュエリアが咲き始めた。
生命力旺盛な花である。
抜いても抜いてもあちこちで花を咲かせている。


e0056537_20062679.jpg

朝咲いて、夕方には散る。
一日だけの花である。
切り花には向かないな。



e0056537_20063017.jpg


横を見るとルラン。


e0056537_20063521.jpg


退屈なのである。
庭は草だらけになっている。
草取りの手伝いをしてくれたらいいのだけど。



e0056537_20063801.jpg



by shin0710s | 2018-06-21 20:09 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s
カレンダー