<   2009年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

3月の声を聞くと…

ここ数日雨の日が続いている。
しかし今日で2月も終わり。
明日から弥生三月である。

三月の声を聞くと…
柳川が気に掛かる。
e0056537_22451871.jpg


八女も気に掛かる。
ひな祭りの季節である。
e0056537_22462499.jpg


なかでも柳川の「さげもん」は
興味深い。
まして今年は、マーコとmaomaoの雛祭りである。
e0056537_22475747.jpg


さげもんの柳川は、いいものである。
e0056537_2249423.jpg


柳川だけでなく、八女のそれぞれの家の雛飾りも
また楽しい。
今年も全てを見て回りたいものである。
by shin0710s | 2009-02-28 22:50 | 祭り | Trackback

連日の仕事?

夜の会合が続く。
飲み会だったり(飲めないけど)会議だったり。
カメラが退屈している。
ブログの写真がない。
困った。

そうだ、maomaoに頼ろう。
e0056537_2239930.jpg

by shin0710s | 2009-02-26 22:39 | その他 | Trackback

マーコもでるう…

maomaoちゃんだけでなく、
私も出たい。

マーコのプチ里帰り。
机の周りで愛嬌振りまく。
e0056537_21581418.jpg


マーコと呼ぶと振り向く。
二女そっくりである。
遠い昔の子育てを思い出す。
e0056537_21593816.jpg


お風呂が大好き。
e0056537_220156.jpg

by shin0710s | 2009-02-25 22:00 | 遺跡 | Trackback

チマリの昼下がり。

雨も小康状態。
そして微かに太陽が姿を見せる。
暖かい。
春の暖かさ。
チマリももそもそ動き出す?
e0056537_1821360.jpg


背伸びをして…
e0056537_1821278.jpg


大きなあくび。
春っていいなーの世界である。
e0056537_1822851.jpg

by shin0710s | 2009-02-24 18:22 | ワン公 | Trackback
赤ちゃんは苦手だといっていた。
どう扱っていいかわからない、ともいっていた。
別に欲しくない、とも。
それが、今では、赤ちゃんべったり。
e0056537_22251176.jpg


父親似かも知れないが、男の子みたいな所は娘そっくり。
現在3ヶ月。
首も据わって扱いやすくなっている。

まだ板に付かない、ままごとのような夫婦である。
子どもが、親を育てるのであろう。
日々母親らしくなっている娘を見てそう思う。
by shin0710s | 2009-02-23 22:26 | 赤ちゃん | Trackback

130年の歴史。

雨の日曜日。
本日は、本町にある宮内小学校の閉校式。
明治7年4月に上揚小学校として発足し、本年度をもって
その歴史を閉じる。
e0056537_19583665.jpg


全校児童13名。
その子どもたちが「宮内のくらし」
として劇で発表する。
e0056537_2001325.jpg


お年よりの方々も感無量。
時々涙をぬぐっておられる。
地域から学校がなくなるということは地域のシンボル
がなくなるということ。
その寂しさはいかばかりかと思う。

学校長から町長へ校旗の返還。
e0056537_2023131.jpg


そして児童よる構成詩「明日をめざして」
e0056537_2035290.jpg


閉校式のテーマは、
「明日をめざして 輝け 宮内っ子」
力強く明日への希望を歌う。
e0056537_2051280.jpg


激しくふっていた雨も記念碑の除幕式の時間には
やむ。
e0056537_206697.jpg


閉校式は、子どもたちにとってまた地域の方にとっても
新たな出発の時である。
子どもたちの確かな歩みを見守りたい。
by shin0710s | 2009-02-22 20:07 | 学校 | Trackback

北岡自然公園へ。

寒い日が続く。
ふと思いついて北岡自然公園へ。

北岡自然公園は熊本市街西方、花岡山山麓にあり
細川家菩提寺・妙解寺跡として、
園内の一 角に歴代藩主やその妻子、歴代住職の墓所がある。
細川家三大藩主で肥後初代藩主の忠利公の菩提を
弔うために建立されたもので、
五代藩主 綱利公や八代藩主重賢公の墓もある。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kenzoh/kitaoka.html

梅の花は?
と思ったけど残念ながら梅の木がない。
当然この季節花はほとんどない。
e0056537_22514929.jpg


観光客も見あたらない。
e0056537_2252651.jpg


霊廟の周囲には殉死者の墓がある。
森鴎外の武家社会の非情のドラマ名作「阿部一族」
の主人公・阿部弥市右衛門の墓もこの境内にある。
e0056537_22522226.jpg


阿部弥市右衛門の墓
e0056537_22524344.jpg

by shin0710s | 2009-02-21 22:56 | | Trackback

無為徒食。

何か記事を?
と思ったも何も思い浮かばない。
無為徒食の日?
全てが記事に出来るわけではないのでそんな日もある。

隣のラン。
e0056537_2284443.jpg


そして花壇のスミレ?
e0056537_2292162.jpg

by shin0710s | 2009-02-20 22:10 | その他 | Trackback

愛語よく廻天の力ある…

冷たい雨の一日。
一昨日は雨水。
ところが今日は冷たい雨。
時雨のような雨である。

「人を思いやる言葉の大切さ」
との見出しの文章を読む。
「愛語といふは、
衆生をみるにまず慈愛の心を起こし
顧愛の言語を施すなり
おほよそ暴悪の言語なきなり…
愛語よく廻天の力あることを
学すべきなり」


言葉はエスカレートする、と常に思ってきた。
そして子ども達に、言葉の大切さを語ってきた。
争いになるのは、うたれたり、叩かれたりしたからではない。
言葉が、鋭い刃となり、心をえぐるからであると。
それだけにこの言葉は重みがある。
言葉は、その人の人生をも左右する重みのあるものであることを意識し、
相手を認め思いやる言葉を発することが出来る大人でありたいと思う。

コウメのダイエットが成功している。
可愛い、サクラに似たダックスになっている。
e0056537_20372673.jpg

by shin0710s | 2009-02-19 20:39 | その他 | Trackback

雨水。

本日は雨水。
二十四節気の一つ。
雨水の肌に与える冷たさが和らぎ、
草木が芽ぐみはじめる時分の意味だそうである。
e0056537_20381016.jpg

確かに夜明けも早くなったし、日暮れも遅くなってきた。
太陽も暖かさを増してきている。

とはいうものの今朝は随分冷え込んでいた。
放射冷却現象だとか。
それでも昼間は、暖かな日差しが学校全体に降り注いでいる。

暖かくなったり、寒くなったりして春になっていく。
三寒四温の言葉が、わたしの体を通して納得できる。

五十代も後半に入って季節の移り変わりに目がいくようになった。
自然の動きに心が惹かれ始めた。
何でも季節の変化を体で感じることが出来るようになったら老人の証だと。
還暦を迎え、大きな気温の変化に体がついて行かなくなったのは確かである。
厳しい寒さや猛暑は、少しずつ逃げ腰になっている。
体に堪えるとまではいわないけれど。

しかし、逆に季節の移り変わりに体が反応するというのは素晴らしいことである。
感性が豊かになったといってもいいはずである。
e0056537_20384052.jpg


ほっ、暖かくなったな。
梅の便りはまだかな?
水仙が咲いているな。
木蓮のつぼみはどうかな?
随分サクラの花芽が大きくなったな。
いのちあるものに五感が反応する。

これこそ、年齢を重ねた恩寵といえるのかも知れない。

1歳を過ぎたマーサ。
元気いっぱい。
e0056537_203858100.jpg


登る、走る。
e0056537_2039165.jpg

by shin0710s | 2009-02-18 20:39 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s