<   2011年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ルラン、憩う。

庭にたたずむ。
何を見ているか。
e0056537_2117892.jpg


暖かいのでひなたぼっこ?
e0056537_21171059.jpg

by shin0710s | 2011-11-30 21:17 | ねこ | Trackback
本日は学校訪問。
十数年前に勤めていた小学校へ行く。
丘の上の学校に至る道に
海陸大明神の社がある。
その社の横に大きな銀杏の木が枝を広げている。
今年は、公孫樹の黄葉が少ないと思っていたが、
やっと本来の姿を少し取り戻している。
e0056537_226433.jpg


やっぱり小学校はいいなあ。
業間の時間は、マラソン。
e0056537_226888.jpg


子どもたちが走る。
e0056537_2261357.jpg


先生も一緒に走る。
e0056537_2261573.jpg


運動場が一斉に花開く。
子どもが、学校の主人公である。
e0056537_2275155.jpg

by shin0710s | 2011-11-29 22:08 | 学校 | Trackback

堰遊び。

麻生原堰に行くか?
e0056537_22572912.jpg


といったところ、
「わん、わん」と答えたので
堰に出かける。
e0056537_22581838.jpg


ここからの緑川は中々いいものである。
e0056537_2258411.jpg


堰に行けば、遊ぶところはたくさんある。
川で遊ぶ。
e0056537_22592455.jpg


堰?で遊ぶ。
e0056537_22594570.jpg


ワン公にとって楽しい時間になる。
私にとっても緑川を独り占めしたみたいな気分になる。
by shin0710s | 2011-11-28 23:00 | ワン公 | Trackback

日々日暮れが早くなる。

午後3時を過ぎると太陽が赤みを帯びる。
枯れ葉となったケヤキがその色を増す。
e0056537_17452995.jpg


この後一気に日暮れとなる。
さあ、散歩に行こうか。
緑川へ。
マーサの喜ぶ顔。
e0056537_17453853.jpg


水辺は下りていったのは、ショウ。
e0056537_17455333.jpg


堰に下りた頃には日が落ちる前。
もっと早く来れば良かったかな。
e0056537_17465444.jpg

by shin0710s | 2011-11-27 17:47 | ワン公 | Trackback

飛翔。

新聞記事で「私はカモメ」のことばが出ていた。
このことばが巷間を賑わしていたのは何十年昔のことだろう。

そして「カモメのジョナサン」が語られていたのは1972年頃、もうずいぶん昔のことである。

ふと
カモメが見たい?気持ちになる。
e0056537_1394067.jpg


海の上を飛び回るカモメが見たい。
e0056537_22223711.jpg


自由に飛び回っているようだけど、案外束縛されているのかも。
e0056537_139368.jpg

by shin0710s | 2011-11-26 22:23 | | Trackback

山装う.

脊山が少しだけ秋らしくなっている。
すでに立冬を過ぎ師走間近。
e0056537_22472038.jpg


今年の秋は、短かった。
というより夏から冬に突き進んでいる。
秋が年々短くなっている。

山装う(やまよそおう)が、今年は十分見ることが出来なかった。
多くの公孫樹も黄葉になることなく枯れている。
櫨も紅葉することがなかった。

季節を十分に味わうことが出来なかった今年の秋である。
by shin0710s | 2011-11-25 22:50 | | Trackback

変わりゆくもの…

家の門を出ると目の前に広がる風景。
毎日眺めている。
何の違和感もなく目に飛び込んでくる。
しかし、記憶に残ることはない。
e0056537_16574872.jpg


3階建ての集合住宅。
柵に囲まれた駐車場。
ぽつんとある朱色の自動販売機。
鉄の欄干の橋。
橋の下を用水路が走る。
その用水路は、三方コンクリート。
そして柵で囲まれた国道が走る緑川の堤防。

夜になると国道にある街頭や信号機があたりを照らしている。
1台だけの自販機の灯りが妙に目立つ。

半世紀前は、堤防の上の道路は今と比べると貧弱であった。
堤防に沿ってハゼの並木が続いていた。
用水路も緑に覆われ魚が住む絶好の場所であった。
橋も石橋。
両脇には、さくらの木があった。
もちろん瀟洒な集合住宅などはない。
子どものころ見ていた風景はどこにもない。
私の村は子どももほとんどいない老人だけの田舎である。
それだけに、生命が宿るような息吹が消えていく。
そして無機質な部分がより多く侵入してきている。
便利で安全、安心ではあるのだが。
by shin0710s | 2011-11-24 21:57 | 建物 | Trackback

たたずむ。

ワン公の遊びを眺めている。
時々大人の佇まいがある。
e0056537_21265637.jpg


こうして世の中を眺めているのであろうか。
e0056537_2126583.jpg

by shin0710s | 2011-11-23 21:27 | ねこ | Trackback

飛びます。

次男ショウ、飛びます。
e0056537_1013097.jpg


e0056537_10135434.jpg


着地、成功。
e0056537_10142566.jpg


長男マーサと母コウメは様子見。
e0056537_10144552.jpg


長男、マーサ飛びます。
e0056537_1015329.jpg


e0056537_10152492.jpg


息子たちよくやるわ、
わたしゃ、飛ばないけどね。
e0056537_10153370.jpg

by shin0710s | 2011-11-23 10:16 | ワン公 | Trackback

おいで…

初冬の寒さとなった。
霜が降りている。
青天の日差しを受けた
山肌に紅一点のような朱色が目に入る。

e0056537_177254.jpg


庭で日向ぼっこ。
「ルランー」
声を聞きつけて振り返る。
e0056537_1774398.jpg


ワン公のように尻尾を振ることはないが、
呼べば一応寄ってくる。
e0056537_1782539.jpg


まあ、来るだけでもよしとすべきであろう。
ワン公ではないから。
e0056537_179733.jpg

by shin0710s | 2011-11-21 19:04 | ねこ | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s