<   2013年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

本日から一泊二日で子どもたちのキャンプ。
20人ほどの小学生それに中学生2人が参加。
e0056537_22253089.jpg


本町を貫流する緑川の上流のキャンプ場で。
夕方行ってみると…
バームクーヘン作り?
ただ今説明中。
e0056537_22263271.jpg


まず生地を作る。
e0056537_22273091.jpg


そして焼く。
e0056537_22263416.jpg


生地をつけまた焼く。
そしてまた…
e0056537_22285166.jpg


早く食べたい。その声が聞こえてきそう。
e0056537_22272317.jpg

by shin0710s | 2013-07-31 22:34 | 子ども | Trackback

鮎まつり、盆踊り?

鮎まつりは、夕暮れから人人人の波となる。
本町の人口の2倍から3倍の人が集まる。
まずは盆踊りから。
e0056537_2105050.jpg


e0056537_2105313.jpg


午後8時半から花火大会。
会場へ人が動き出す。
e0056537_2111393.jpg


e0056537_212912.jpg


コンパクトデジカメで花火を撮る。
難しい…
e0056537_2125028.jpg


e0056537_2125377.jpg


町中では、花火に目を向けることなく鮎の塩焼き、真っ最中。
e0056537_2133880.jpg

by shin0710s | 2013-07-30 21:04 | 祭り | Trackback
本町の鮎祭りは、7月28日(日)。
甲佐町の人口が3倍ほどにふくれあがる日である。

町内の村々からの子どもみこしが趣向を凝らして参加する。
今は大人だけど昔は子どもだった?
大昔は子どもだった?
という大人たちも一緒に参加し祭りを盛り上げる。
e0056537_10231435.jpg


それぞれのみこしが町を練り歩く。

おや、くまもん?
e0056537_10231365.jpg


これは富士山?
e0056537_10231719.jpg


e0056537_10231512.jpg


おばQ?
e0056537_10231325.jpg


子どもたちのかけ声が響き渡る。
e0056537_10231139.jpg


町がお祭りムード一色となる。
e0056537_1023145.jpg

by shin0710s | 2013-07-29 10:25 | 祭り | Trackback

雨にも負けず。

久しぶりの雨。
ところで本日は町内小学校の水泳記録会。
4つの小学校の4年生以上が集まっての記録会である。
何とか出来そうというので午前9時30分開始。
e0056537_22432750.jpg


ときおり雨がぱらつく。
子どもたちは「雨にも負けず」と言うことで
全力で泳ぐ。
e0056537_2244331.jpg


平泳ぎも。
e0056537_22444896.jpg


e0056537_22445298.jpg


スタート前。緊張の時間である。
e0056537_22462620.jpg


応援にも力が入る。
e0056537_224562.jpg


選手の力泳と応援が一体となる。
e0056537_2245416.jpg


その後雨が激しくなる。そして雷も。
リーレー等を残して記録会は中止。
残念だけど、雷そして激しい雨では続行は無理。
この悔しさをバネにしてそれぞれの学校で自分の記録を伸ばして欲しいものである。
by shin0710s | 2013-07-26 22:50 | スポーツ | Trackback

遊ぼうよ。

庭石の上にジャスミン。
e0056537_20592557.jpg


早く下りたい。
e0056537_20595526.jpg


そして一気に下りて
e0056537_2111535.jpg


その目の先には…
e0056537_2103265.jpg


ルランがいる。遊びたいのである。
e0056537_2114985.jpg

by shin0710s | 2013-07-25 21:01 | ワン公 | Trackback

ワン公と散歩。

午後6時。ワン公との散歩の時間である。
まだ暑さの残る時間。
この時間はまだ散歩人はいない。

早朝6時前頃が散歩人が一番多い時間である。
運動は涼しい内に行うのが一番である。
ワン公たちは、この散歩を一番の楽しみ?にしている。

いつものように緑川沿いを歩く。
e0056537_21524516.jpg


古い道路を兼ねた堤防には、いつの間にか木々が大きくなっている。
一度は堤防改修ですべての樹木が切り倒されていたのだが…。
40年ほどの間に大きく成長している。

影が伸びてきている。
もうすぐ日が落ちる。
e0056537_21551955.jpg


今日は、3匹のワン公と。
e0056537_2156279.jpg


日が落ちる。
遠くの九州山地はまだ夕日を受けている。
e0056537_215657100.jpg

by shin0710s | 2013-07-24 21:59 | ワン公 | Trackback

地中蓮華。

「譬えば、高原の陸地には蓮華を生せず、卑湿の淤泥に乃ち此の華を生ずるが如し。」
『維摩経(ゆいまきょう)』「仏道品(ぶつどうほん)」(『大正大蔵経』第14巻 p.549)
e0056537_19174450.jpg


七月は、蓮の花の季節である。
特に私の町は七月の盆であるから、蓮の花を見ることが多かった。
と言っても造花の蓮であるが。

蓮華は、汚い泥の中からスッと茎を伸ばし、輝くばかりの大きな花を咲かせる。
また、その葉は独特の効果を持っており、わずかの水がかかるだけで、
泥も汚れもその水で洗い流してしまう。
その汚れのない姿は、日々の生活の中で悩みや苦しみに絡め取られている私たちに、
大きな勇気と希望を与えてくれる。
e0056537_1918936.jpg


そのため、蓮華は、インドの伝統の中で大変尊重され、
インドやスリランカでは国花とされているそうである。
また、仏教の伝統の中でもさとりの象徴ともされてきた。
e0056537_19174347.jpg


しかし、その蓮華もどこでも花を咲かせることができるわけではない。
乾燥して清潔な陸地には生えない。
蓮華は地下茎(レンコン)を地中にめぐらせなくてはならないために、
地下茎を張ることができないかたい土には、花を咲かせるどころか、
生えることさえもできないのである。
美しく気高い蓮華は、汚いドロドロの泥の中からしか咲かない花なのである。
by shin0710s | 2013-07-23 19:18 | | Trackback

剣道大会。

本町の鮎祭りが7月28日(日)に開催される。
それにちなんで本日は、少年剣道大会。
午前8時半開会。
e0056537_17125552.jpg


1年生のちびっ子剣士。
e0056537_17131757.jpg


4年生になると剣道の試合らしくなる?
試合を待つ。
e0056537_171426.jpg


e0056537_1713573.jpg


e0056537_1714050.jpg


子どもたちの姿を見ながら半世紀ほどの昔のことを思い出す。
中学1年生当時のことである。
部活動で剣道がしたかった。
凛とした佇まいにひかれたのである。

でも言えなかった。
家の経済状態がわかっていたからである。
とても剣道の防具等を買うことの出来る余裕はない。
それで入ったのが陸上部。
何も部活動のために買う必要がなかったからである。

ふと、そんなことを思い出していた。
それにしても子どもたちは元気である。
真夏の体育館で防具をきちんと整えて試合をしている。
つい、声に出して応援をしてしまった。
by shin0710s | 2013-07-21 17:20 | 子ども | Trackback
猛暑日が続く。
本日は、PTAのビーチボールバレー大会へ。
小学校の体育館で。
町内の5つの小中学校から予選を勝ち抜いてきた精鋭?が参加である。
ビーチボールは体のどこに当たっても痛くない。
アタックしたボールがどう変化するかわからない。

誰でもできるし、それでいてなかなか奥が深い。
5人のチーム編成であるが、そのチームワークがこれまた難しい。

さて試合の様子は?
e0056537_10125088.jpg


男性のチームは力強さともろさとが混在している。
すごいアタックと思うと簡単なミスが出る。
それでも日頃の運動不足を解消するとばかりに
全身に汗をかきながらボールを追う。
e0056537_1016108.jpg


さて、女性の試合は?
うまいの一言である。
アタックもレシーブもチームワークも大変なものである。
e0056537_10173472.jpg


なかでもアタックはすごい。
たいしたもの。
あんなには打てないなあ、と感動してしまう。
e0056537_10231714.jpg

by shin0710s | 2013-07-20 10:24 | スポーツ | Trackback

夏の花?

庭の百日紅が満開である。
e0056537_19575738.jpg


朝日を浴びて輝く。
e0056537_1957591.jpg


この姿で八月いっぱい咲いてくれる。
境内には、百日紅があちこちに咲いている。
白色のサルスベリもある。

サルスベリの葉っぱを手でこすると粘っこい液が出て
手にくっつく。
子どもの頃の思い出である。

大人になって試したことはないが…
by shin0710s | 2013-07-19 20:01 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s