<   2013年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

稲刈りが始まる。

通勤途上の田んぼがすっかり黄金色となっている。
稲穂もずいぶん重そうにたれている。
町の脊山の麓げは、赤い稲刈りの耕耘機が動き始めた。
いよいよ本町でも稲刈りが始まる。

稲の黄金色とコンバインの朱色は、豊作を思わせるような
明るい色合いである。

よく見るとコンバインで稲刈りをしているのは二人。
更によく見るとずいぶんお年寄りである。
稲刈りは村総出で力を合わせる大変な作業であった。
だからこそ、秋は五穀豊穣を祝う鎮守の森のお祭りがあった。

今日は、月曜日。
農業をする人は、お年寄りが多い。
休日ならば若い人が稲刈りをしているの姿を見るのであるが。
e0056537_16582075.jpg


コンバインがあればそれほど人で入らない。
運転できる人がいれば数人で、場合によっては一人でもできそうである。

ところで平日の稲刈りの様子を見るとお年寄りが本当におおい。
米作りはかってさんちゃん農業と言われていた。
今はどうであろうか。
三ちゃんではなく、おじいちゃんとおばあちゃんの仕事となっている。
そしてそこには立派なコンバインが動いている。
農機具の発達は、作業の効率化を負担を大きく減らしてきている。

このことは、すばらしいことではあるが、大規模農業への道筋を
狭くしているようにも思える。

農機具の発達が、農業の大規模化には向かわずに小規模農業を
支える力になっている。
この問題はなかなか複雑である。
by shin0710s | 2013-09-30 16:58 | その他 | Trackback

校区の運動会。

半日は町の小学校校区の体育祭。
幼い子どもからお年寄りまで800人ほどが参加しての体育祭である。
e0056537_20562955.jpg


消防団のリレー。
e0056537_20572931.jpg


さすがに消防団は若い人が多い。
そして長縄飛び。
大人と子どもの混合チーム。
e0056537_20571329.jpg


昔取った杵柄と言うことでリム転がし。
e0056537_20583663.jpg


当然ムカデ競争もある。
e0056537_20591628.jpg


定番の綱引きも。
綱の中心に乗っていた審判は?
e0056537_210698.jpg


力が入る。
e0056537_20595222.jpg


趣向を凝らした種目も多い。
一輪車レース。
e0056537_2111514.jpg


最後は部落対抗リレー。
これがやっぱり一番盛り上がる。
e0056537_2123876.jpg


体力作りを目標にした体育祭である。
けがもなく楽しい体育祭であった。
by shin0710s | 2013-09-29 21:03 | スポーツ | Trackback

万年筆を使う。

ここ数年万年筆を使っている。
それまでは、水性ボールペンの極細3mmを使っていた。

あるブログを見ていたとき万年筆の効用が述べてあった。
それは、
何よりもまず文字を丁寧に書くようになる。
それに付随して自分の名前を大切に書くようにもなる。

確かに万年筆は、かくという日常活動になかに、小さな儀式?
を持ち込む。
ノートを開く、ペンを取り出す、キャップを撮る、キャップを軸につける。
この一連の流れは、ボールペンでは味わえない。

ボールペンでは、書くという行為が簡単で、浅いものであるような気がする。
これは、万年筆を使い出して感じ始めた感覚である。

e0056537_1559868.jpg


現在使っているのは、パイロットのカスタム743である。
74を使っていたが、その万年筆がゆくへ不明になり
新たに求めたものである。

ところで新たに求めたら探していたものが出てくるのが常である。
実際743が届いた日に見つかった。
ということで74と743を現在使っている。

ノートを開き、万年筆を取り出し、キャップを外し、ノートにペンを置く。
この一連の流れが、今の私にはとても心地よい。
by shin0710s | 2013-09-27 15:58 | その他 | Trackback

暑い日が続く。

夏を思わす強い陽射しである。
稲の生育は動かな?
e0056537_18575916.jpg


暑いと言いながらも午後5時を過ぎるとずいぶん涼しくなる。
石の上にも三年?
e0056537_18583895.jpg


助けてくれないかなあ。
e0056537_18585522.jpg

by shin0710s | 2013-09-25 18:59 | ワン公 | Trackback

祭りの中で。

大祇神社の祭りには、老若男女が入り乱れている。
受付でにこにこ笑顔でみんなを迎えていたお爺ちゃん。
そして宮相撲では一生懸命に拍手喝采の姿があった。
e0056537_21182079.jpg


カラオケの順番待ち。
リラックスして祭りを楽しむお爺ちゃんにお婆ちゃん。
e0056537_21195958.jpg


やっぱり良かった太鼓に立ち向かう姿。
e0056537_21204170.jpg


e0056537_2121712.jpg


祭りは人を束縛しているものを解き放つ力がある。
大きなエネルギーを感じることが出来る。
手作りのみ矢祭である。
by shin0710s | 2013-09-24 21:23 | 祭り | Trackback

大祇神社へ。

本日は、大祇神社のお祭り。
村の人総出で宮祭りを楽しむ。
まずは神事。
e0056537_15423541.jpg


そして奉納相撲。
相撲甚句から奉納相撲が始まる。
e0056537_15431036.jpg


そして赤ちゃんの土俵入り。。
e0056537_15433192.jpg


子どもの相撲。
このお宮の相撲は、私の子どもの頃から有名な奉納相撲であった。
勝てばお花がもらえる。
つよければ思わぬ臨時収入?になっていた。
今では勝敗にかかわらずノート類を商品としてもらえる。
村の人の歓声が上がる。
e0056537_15453826.jpg


e0056537_15453437.jpg


幼い子どもたちの相撲。
つかみ合いのけんかである。
e0056537_1847293.jpg


e0056537_18472329.jpg


そして餅投げ。
e0056537_18492382.jpg


次は勇壮な太鼓である。
菊陽武蔵剣豪太鼓。
e0056537_18481176.jpg


e0056537_18502215.jpg


e0056537_18503895.jpg


途中でぬけたけれど
この祭りは、かなり遅くまで続く。
五穀豊穣を願っての宮祭りである。
by shin0710s | 2013-09-23 15:48 | 祭り | Trackback

この子は?

いなかっぺ大将。
次女の次女。
ミーコ。
不肖な孫ほど可愛い?
e0056537_22313484.jpg

by shin0710s | 2013-09-22 22:28 | 遺跡 | Trackback

中体連陸上競技大会へ。

晴天。秋晴れである。
まさにスポーツ日和。
本日は、郡内の中学校からアスリートが集まり競い合う。
e0056537_19414430.jpg


それぞれの子どもたちに期するものがある。
子どもたちのベストを尽くす姿が本当に美しい。

勝っても負けても全力を尽くした後に流れる涙が美しい。
本町の中学生の頑張る姿をしっかり納めたいと思って来たのだが…

どうもカメラの調子が悪い。
ピンぼけになっている。

7年ほど使っているのでそろそろガタが来ているのかも。
それども頑張る姿をと思って撮ったいくつかを載せてみたい。
まずは代表男子の3000m。
e0056537_19383477.jpg


e0056537_19382353.jpg


e0056537_19382259.jpg


そして代表女子の1500m。
e0056537_19391092.jpg


e0056537_19391195.jpg


本町の子どもたちは短距離が苦手?
そんな中に果敢に挑戦する。
e0056537_19401793.jpg


e0056537_19431194.jpg


e0056537_19402086.jpg


e0056537_19404812.jpg


ハードルもある。
e0056537_1941184.jpg


e0056537_19412093.jpg


やはり中距離が得意の子どもたち?
e0056537_19425094.jpg


今回すばらしかったのは、800m女子。
1500mの雪辱を果たしてくれた。
本当に全力を尽くす姿を見ることが出来た。
e0056537_1945691.jpg


e0056537_19451725.jpg


お隣の子も頑張っている。
まだやれる力がありそうである。
e0056537_19461379.jpg


e0056537_1947928.jpg


e0056537_19484391.jpg


そして代表男子1500m。
3年生。みんなの応援を受けて走る。
e0056537_19494472.jpg


e0056537_1950657.jpg


本番は、駅伝大会である。
今回の成果と課題を大切にして駅伝大会を自分たちで満足する
大会にして欲しいと思う。
by shin0710s | 2013-09-20 19:56 | スポーツ | Trackback

緑川で遊ぶ?

本町を貫流する一級河川である緑川。
私たちの世代は、この川は生活の場であり、遊びの場であった。
今はすっかり子どもの生活とかけ離れている。
e0056537_22272462.jpg


それでも子どもたちはこの緑川で遊んで欲しいと思う。
また安全に遊べる場を提供しなければともおもう。
e0056537_22273080.jpg


子どもたちも緑川で遊びたい。
e0056537_2226538.jpg


魚を捕りたい。
e0056537_22272940.jpg


川にもぐりたい。
e0056537_22265188.jpg


緑川が子どもたちの夢を育む場所となるように
大人が安全のための工夫をしなければならないのである。
by shin0710s | 2013-09-19 22:29 | | Trackback

山を歩きたい。

さわやかな季節となった。
マツムシソウやヒゴタイ、そして芒の便りが届く。
山が呼ぶ季節である。
夏よりも秋が山の季節である。
ずいぶん登ってませんよ、とマーサが言っている。
来週は登れるかな。
マーサと一緒にトレッキングを楽しみたい。
何も高い山でなくていい。
自分の年齢や能力に応じて汗をかきながら登るのは
本当に気持ちいい。

車で上るよりも自分の足で、汗を流して登ることが
達成感をより味わえる。
e0056537_2255992.jpg


そばに、ダックスのマーサがついていてくれたら
それが一番である。
来週こそ山に登ろう。
by shin0710s | 2013-09-18 22:06 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s