<   2015年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

自分さがしの旅。

本日をもって教育関係の仕事から完全に離れる。
神戸市の教職員としてスタートして以来
66歳の本日まで多くの子どもたちや先生方と出会ってきた。
一年365日、子どものこと学校のこと先生方のことに考えを
巡らすことのほとんどであった。
そんな中で自分はどのように生きればいいのか、と思い悩むことはあったが
それは、教育に付随することから生まれる課題であった。
このどう生きるか、どう生きていくかは、誰にとっても
最も切実で最も大切なことではないのか。
この問題には、いかなる人も、最後には自分自身で決定を下さなければならない。
仏教学の泰斗中村 元博士は自己を知ることは正しく生きる基盤であり、
人生を通じ自己を探求するのは、人間の本性であると述べておられる。
e0056537_15333623.jpg


しかし大人にとっては、自分探しの旅は、
中途半端な生き方であるとの意見もある。
いつまでも中途半端に自分さがしを続けるより、
自分が置かれた場をわきまえて研鑽に励むことが成長の力になり、
成長による達成感が自己に対する自信や誇りを生む、というのである。
e0056537_15333132.jpg


自分探しは、自分の生き方を問うということであり、
人が人である限りどこまでも続く問いであると考える。
中途半端な生き方しかできないのは、生身である人間の業ではないのか。

渡辺和子ノートルダム清心女子学園理事長は、
「境遇を選ぶことはできないが、生き方を選ぶことはできる。
『現在』というかけがえのない時間を精一杯生きよう」とされ、
「どんな所に置かれても、そこで環境の主人となり
自分の花を咲かせようと、決心する」生き方が大切と言われる
(「置かれた場所で咲きなさい」幻冬舎)。

父が私の妹の結婚式で述べた言葉が
「随処に主となれば立処(りっしょ)皆真なり」
の一句である。いつどこにあっても、如何なる場合でも何もの にも束縛されず、
主体性をもって真実の自己として行動し、 力の限り生きていく。
そうすれば、何ごとにおいても、いつ如何なるところにおいても、
真実を把握出来、いかなる外界の渦に巻き込まれたり、翻弄されるようなことは無い。
そのとき、その場になりきって余念なければ、
そのまま真実の妙境涯であり自在の働きが出来るというものである。
e0056537_15333931.jpg


その通りであろう。まさに目覚めた人であり、信仰に生きる人の言葉である。
だが我々人間はそんなに強いものであろうか。生身の人間から煩悩を取り除くことはできない。
煩悩があるからこそ、喜怒哀楽の世界がある。
日々好日と受け止めることができないのが人間である。長く雨が降れば早く晴れの日にならないかと思い、晴れの日が続けば、一雨欲しいものと思う。それが私である。
自分探しは、迷いの道である。しかし努力する限り、迷いは必ず生じる。自分探しは、これで良しとすることのない真実を求める精進の姿であるととらえたい。
山頭火ではないが、今からが私の自分探しの旅が始まる。
e0056537_15343710.jpg

by shin0710s | 2015-03-31 19:32 | 子ども | Trackback

味取観音堂へ。

松はみな枝垂れて南無観世音
      山頭火

種田山頭火の惹かれたのは学生時代。
自由俳句と雲水の旅に学生時代らしいあこがれを
もっていた。
e0056537_22193297.jpg


種田山頭火句集草木塔鉢の子より
e0056537_2219118.jpg


大正十四年二月、
いよいよ出家得度して
肥後の片田舎なる味取観音堂守と
なつたが、
それはまことに山林独住の、
しづかといへばしづかな、
 さびしいと思へば
さびしい生活であつた。

e0056537_2219748.jpg


松はみな枝垂れて南無観世音

松風に明け暮れの鐘撞いて

ひさしぶりに掃く垣根の花が咲いてゐる
      
 大正十五年四月、解くすべもない惑ひを背負う
 て、行乞流転の旅に出た。

分け入つても分け入つても青い山

しとどに濡れてこれは道しるべの石

炎天をいただいて乞ひ歩く

e0056537_22192045.jpg


味取観音堂とは曹洞宗瑞泉禅寺である。
熊本市の植木町にある。
サクラは五分咲き。
暖かな春の陽射しが心地いい。
e0056537_22193297.jpg


境内の羅漢様が迎えてくれる。
e0056537_2224384.jpg


e0056537_22244134.jpg


さくらの見頃はもう少し先?
その頃はたくさんの人出となっていることだろう。
e0056537_22255256.jpg

by shin0710s | 2015-03-28 22:28 | | Trackback
鼻がむずむずする。
くしゃみが出そうである。
鼻が詰まりそうでもある。
空を見上げると、靄がかかったみたいにどんよりしている。
黄砂?
山もかすんでいる。
e0056537_1614527.jpg


噴煙が高く上がっている。
e0056537_1614927.jpg


中岳や高岳は登山規制がされているのかも。
こんなに陽射しが春めいてくると、気温が低くても
山に登りたくなる。
e0056537_16141380.jpg


4月になれば一斉に阿蘇の山々が緑の世界になることだろう。
e0056537_16141633.jpg


パパさん、連れて行ってくれるんでしょう?
e0056537_16134239.jpg

by shin0710s | 2015-03-27 19:11 | | Trackback

シュメール文字。

楔形文字(くさびがたもじ、せっけいもじ)とは、言語の表記に用いられた文字としては
ヒエログリフ(紀元前3200年-400年)と並んで最も古いものの一つである。

だそうである。
e0056537_1644083.png


南小国の押戸石。
e0056537_16221292.jpg


周囲には大小数百の石群があり、人工的に配置したとみられることから、
古代の祭礼遺構といわれている。
又この石群からは古代オリエント文明のペトログラフが発見されたということだけど…
e0056537_16252849.jpg


e0056537_162551100.jpg


e0056537_16261343.jpg


e0056537_16263864.jpg


ここに刻まれている?
e0056537_16281657.jpg


e0056537_1627467.jpg


どうかな?
夢は広がるけどね。
e0056537_1628362.jpg


マミーお前はどう思う?
e0056537_16285321.jpg

by shin0710s | 2015-03-26 19:29 | ことば | Trackback
本日は、町民大学の閉校式。
まずは公演会。
軽やかな動きであるし、自信あふれた立ち居振る舞いでもある。
気持ちも体も若々しい。
サムエル・ウルマンの歌に
青春とは人生のある期間ではなく、
心の持ち方を云う。
薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな手足ではなく、
たくましい意志、ゆたかな想像力、燃える情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。


公演をして戴いた方々は、たぶん70歳台。
でも生き生きと演じておられる。
e0056537_170235.jpg


e0056537_170626.jpg


ウルマンは更に言う。
…頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、
80歳であろうと人は青春にして已む。


まさにその姿である。
自ら楽しみ、かつ多くの人に喜びを与えている。
e0056537_170028.jpg


e0056537_170523.jpg


楽しい時間であった。参加者は、私もやってみたい。
あれだったら私もできそうなどの声が上がる。
私もできそうである。
高齢者の仲間入りをしたのでぜひ…?

パパさんもう帰ってきたの?
e0056537_170979.jpg


早く帰ってきてほしいなあ。
e0056537_1701165.jpg

by shin0710s | 2015-03-24 18:47 | | Trackback

今日は誕生日。

晴天だけど、ちょっぴり冷たい風。
それでもサクラが花開く。
しだれ桜は先がけのサクラ?である。
e0056537_16442477.jpg


朝日を浴びて桜の花も気持ちよさそうである。
e0056537_16442983.jpg


さて、今日は誕生日。
チョコタン兄妹の誕生日である。
やっと1歳。
それでも人間ならば17歳位らしい。
e0056537_1644413.jpg


誕生日を祝う?かのごとき桜の花が咲き始めた。
e0056537_16443384.jpg


e0056537_16443880.jpg

by shin0710s | 2015-03-23 16:48 | ワン公 | Trackback

機能美。

抽象的な美しさ。
e0056537_21233685.jpg


それは機能性を求める中から生まれる。
e0056537_2124725.jpg


でもやっぱり自然美を求めてしまう。
e0056537_21243856.jpg

by shin0710s | 2015-03-22 21:24 | 建物 | Trackback

山都町へ。

山都町へ。
まずは通潤橋へご挨拶。
e0056537_2275114.jpg


e0056537_2275477.jpg


エルサがいる?
e0056537_228461.jpg


この子は?
e0056537_229760.jpg


ハットリ君?
e0056537_2292238.jpg


違うんだって。オラフと忍たま忍太郎だって。知らなかったですね。
by shin0710s | 2015-03-21 22:09 | その他 | Trackback

気持ちいいなあ。

午後から春の光が明るく注いでいる。
おや、誰かな?
e0056537_14485140.jpg


外に出てきたルラン、気持ちよさそうにのびをする。
e0056537_1449527.jpg


次は、暖かな庭石でゴロゴロゴロ。
e0056537_14485914.jpg


e0056537_14491466.jpg



ううん、本当に気持ちがいい。
あっ、見ているだけでなく何かちょうだい。
e0056537_14491979.jpg

by shin0710s | 2015-03-20 19:46 | ねこ | Trackback

カラシナの花?

この季節になると緑川の土手は黄色の絨毯となる。
今年は工事中でその姿は見えないけど。
e0056537_18344810.jpg


心が浮き立つ。
e0056537_1834443.jpg


もちろんワン公も。
e0056537_18353044.jpg


コウメの若い時代である。
e0056537_18355565.jpg

by shin0710s | 2015-03-18 18:35 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s