<   2015年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

マーサと一緒に。

マーサが事故に遭って1週間。
今日は、天気がよいので外に出してやる。
e0056537_12561134.jpg


先週の日曜日に境内で後ろ足を軽トラックでひかれる。
後ろ右足が複雑骨折。
左足が骨折。車輪が乗り上げたらしい。
e0056537_12562319.jpg


獣医さんが、うまく回復したら3本足で歩くことができるでしょう、と。
一番のトレッキング犬であった。
1歳になる前から山に登っていた。

久住山、国見岳、高岳、俵山等どれだけ一緒に登ったことだろう。
今年は、すっかり年老いてしまい、散歩でも走ることがほとんどなくなっていた。
反応が遅くなっていた。

母親のコウメは、散歩は嫌いで白髪も多いけど
元気である。次のトレッキング犬はショウだけど、マーサのような
賢さ?はない。
e0056537_12563139.jpg


今何とか動いている。走ることはできないけど、近くを散歩することくらいは
できるようになって欲しいと思っている。
by shin0710s | 2015-10-31 13:03 | ワン公 | Trackback

静かな境内。

昼下がり。
チョコ太が外に飛び出す。
よし、少し遊ばせるか。
青空が広がっている。
e0056537_16483966.jpg


パパさん誰もいませんねー。
e0056537_16484872.jpg


e0056537_16511046.jpg


ん、何かある。
e0056537_16492926.jpg


なんだ、なんだぁ。
e0056537_16493333.jpg


チョコ太はすばしっこい。
ここにいるかと思うと…
e0056537_16505129.jpg


e0056537_16512222.jpg


好きでいるんではありません。無理矢理置かれたのです。
e0056537_1651128.jpg


チョコ太の顔が言っている。
e0056537_16505978.jpg

by shin0710s | 2015-10-29 16:53 | | Trackback

ショウ、行くか?

晴天。午前中は雑用で動き回っていた。
ふと時計を見ると正午を過ぎている。
ショウと目が合う。
「ン、行くか?」

よし、一番近い山で簡単に登れるところ。
ならば、木原山である。
314.4m。
この時間からならばちょうどいい。
20分ほどで登山口につくはず。

12時50分、六殿宮到着。
e0056537_18223593.jpg


重要文化財の楼門をくぐり、
e0056537_18224583.jpg


本殿へ。
e0056537_1822439.jpg


その裏手から登り始める。
e0056537_18224868.jpg


ところがこの道は、木原山に行くには厳しい道。
仕方ないので引き返し、新たな登山口より上り始める。
13時24分。ショウと一緒に登る。
e0056537_1828857.jpg


登山道が荒れている。
今年の台風15号の影響であちこちの木が倒れている。
登山道脇の地蔵堂は倒壊寸前である。
e0056537_18304024.jpg


e0056537_18304275.jpg


e0056537_18305855.jpg


やっと山頂?14時。
第一展望所である。
e0056537_18313423.jpg


あいにくの風景?
PM2.5?
e0056537_18314185.jpg


頂上を目指して20分あまり歩く。
ツワブキの黄色が美しい。
e0056537_18325894.jpg


到着。
e0056537_18325753.jpg


木立の間から少し見ることができる。
e0056537_18325510.jpg


夜は、バドミントンがあるのに、ちょっと疲れたトレッキングであった。
by shin0710s | 2015-10-26 18:35 | | Trackback

チョコ太、奔る。

家の前の田んぼは、ドッグラン。
一斉にだすと収拾がつかないので、今日はチョコ太だけ。
稲刈りの終わった田んぼである。
藁が敷き詰められている?

チョコ太、おいデー。
e0056537_16305031.jpg

 
走る。
e0056537_16305797.jpg


そして飛ぶ。
e0056537_1631533.jpg


若いとはすばらしい。
e0056537_163116.jpg


尻尾もはねる。
e0056537_1631345.jpg

by shin0710s | 2015-10-22 16:34 | ワン公 | Trackback

山それとも海?

爽やかな朝。
そしてちょっと暑すぎる昼間。
こんな季節は、山?
それとも海?

山はいい。
e0056537_18152152.jpg


遠くの山脈もいい。
e0056537_18153880.jpg


眼下の景色もいい。
トロッコ列車が通る。
e0056537_18153636.jpg


海もまたいい。
e0056537_18153262.jpg


遠く離れている船がゆっくり進んでいる。
e0056537_18154147.jpg


潮騒にすべての音が吸い込まれていく。
e0056537_18203161.jpg

by shin0710s | 2015-10-21 18:20 | その他 | Trackback

時間がゆっくり流れる。

晴天。青空が広がる。
じっと家にいるにはもったいない。
今日は、おにぎりをもって海に行こう。
e0056537_18241781.jpg


ぼんやりと眺めていると時間がゆっくり流れていく。
e0056537_18242531.jpg


昔の歌に
「今はもう秋、誰もいない海…」
というのがあった。
平日でもあり全く人がいないと思っていたら
このような晴天である。
人影あり。
e0056537_18242217.jpg


沖ゆく船。
e0056537_1824201.jpg


海辺の波の音。
e0056537_18241872.jpg


海風が心地よい。
by shin0710s | 2015-10-20 18:28 | | Trackback

釋慈了の一周忌法要。

母が浄土に帰って一年がたつ。
そこで、正法寺本堂で一周忌法要をつとめる。
兄妹、親戚が集まっての法要である。
数日前より、境内そして内陣、外陣と掃除をする。
父は、本堂を母は境内を掃除していたことを思い出しながら。

父に倣い、弟住職とご本尊等の花を生ける。
e0056537_1857759.jpg


うまく生けることはできないが、こうして父は生けていたなあ、と弟と
話をしながら…。
e0056537_1855109.jpg


午前11時より法要が始まる。
導師は、益南組の組長先生。
e0056537_1858946.jpg


親戚は僧侶が多いので、本堂に読経の声が響き渡る。
e0056537_1859697.jpg


e0056537_18585569.jpg


そして焼香。
e0056537_18593728.jpg


e0056537_1859468.jpg


e0056537_18594876.jpg


先生より法話を戴く。
e0056537_18595614.jpg


両親の姿をよく知っておられる先生である。
e0056537_18595992.jpg


お話を聞きながら、横で母が一緒に聞いているような気がする。
e0056537_190128.jpg

by shin0710s | 2015-10-19 19:02 | | Trackback

猫歩き?

我が家の猫、ルラン。
昼下がり、居眠り中。
e0056537_1805722.jpg


本来ならば細身のエレガント?な姿なのであるが…
今の姿は、ビール樽?
よくぞここまでと思うくらい大きくなった。
e0056537_1805620.jpg


県立美術館で岩合光昭の写真展「ねこ歩き」を見に行く。
e0056537_1871592.jpg


このような写真が一杯。
世界の街角で生きる猫の姿が、生き生きと映し出されている。
e0056537_187040.jpg


猫の視線に合わせてシャッターを切ってある。
地面に這いつくばって猫たちと会話を楽しんでいる
岩合光昭氏の姿がある。

そういえばカメラを初めて求め、ワン公をとりはじめたころは、
ワン公の姿勢に合わせてカメラを構えていた。
もちろんできあがった作品は雲泥の差であるが。
これはその頃の写真である。
e0056537_1815240.jpg


さて、せっかくなので千葉城町界隈からお城を眺める。
e0056537_1816141.jpg


e0056537_18161388.jpg


e0056537_18162019.jpg


少し歩けば、石垣、樹木等私の目を楽しませてくれる。
e0056537_18161615.jpg


e0056537_18161864.jpg

by shin0710s | 2015-10-17 18:18 | 建物 | Trackback

熊本城不開門あたり。

俵山の旧道から熊本市を眺める。
e0056537_18345671.jpg


秋の気配は、俵山だけ?
e0056537_18345886.jpg


そこで、熊本城不開門あたりを少し歩く。
こんなところに銅像があった?
谷干城の銅像である。
西南戦争で熊本鎮台司令長官として活躍
e0056537_1836106.jpg


不開門あたりは、何となく秋の気配。
陽射しが長いからそう感じるのかもしれない。
e0056537_18355123.jpg


e0056537_183645.jpg


熊本城も秋色かも。
e0056537_1836514.jpg


e0056537_1836890.jpg


ほんの短い時間だったけど、たまには、このあたりを歩くのもいい。
伝統工芸館で楽しむことができた。
by shin0710s | 2015-10-16 18:41 | 建物 | Trackback
十月も半ば。
ススキの穂が波打つ季節である。
今日は、俵山へ。
11時8分、登り始める。
e0056537_1711976.jpg


トレッキングが大好きになったショウ。
前に行ったり、後ろについたりと元気いっぱい。
e0056537_17111123.jpg


岩場で南阿蘇を眺める。
e0056537_17123471.jpg


少し登ればいよいよススキのトンネル。
パパさん、急いで。
ショウが待っている。
e0056537_1712374.jpg


ススキの中を歩く。
e0056537_17123884.jpg


ショウは先を急ぐ。
e0056537_17124017.jpg


ススキの世界である。
e0056537_17124551.jpg


俵山が見えてきた。
e0056537_17162241.jpg


e0056537_17162472.jpg


e0056537_17162553.jpg


まだ半袖で登ることができる。
汗が流れる。
それでも9月の暑さに比べればすばらしい秋風である。

最後の急坂を登り切ると大きく広がる南阿蘇である。
e0056537_17185811.jpg


e0056537_1719518.jpg


さあ、頂上へ。
e0056537_1723485.jpg


12時22分。
いつものように記念写真。ショウ、いい顔だよ。
e0056537_17233797.jpg


一ノ峯、二ノ峯がよくみえる。
誰か登っている。
e0056537_172841.jpg


金峰山そして雲仙普賢岳が見える。
e0056537_17311394.jpg


楽しい、気持ちのいいトレッキングであった。
ショウも満足かな。
e0056537_1732651.jpg

by shin0710s | 2015-10-15 17:32 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s