<   2016年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

桜便りに誘われて。

あちこちの桜の開花便りが届く。
せっかく時間もあることだし…
桜に踊らされてみようかな。
少し遠出して…
e0056537_14383567.jpg


桜は五分咲き。そして生憎の曇り空。
祐徳稲荷の朱色と桜の対比がとてもいいはずと思ってきたのだが。
e0056537_14383886.jpg


ところで祐徳稲荷の元々のご神体は?
御本尊かもしれないけれど。
明治の神仏分離令までは、神仏習合のお寺であった。

このお稲荷さんは、もともと鍋島家の貴婦人の為に建立された祐徳院という寺院の境内に
鎮守として祭られていたものである。祐徳院と祐徳稲荷の関係は、
妙厳寺と豊川稲荷の関係と全く同じ形だった。

豊川稲荷は、愛知県豊川市にある曹洞宗の寺院。
正式の寺号は妙厳寺。詳しくは「円福山 豊川閣 妙厳寺」と称する寺院である。
境内に祀られる鎮守の稲荷が有名なため、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られる。
豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神として知られており、
境内の参道には鳥居が立っている。 ウィキペディア

しかるに佐賀県鹿島の稲荷堂は神仏分離された。
そして今日祐徳稲荷が繁栄を謳歌している陰で、
本家にあたる祐徳院は空しく朽ち果てて既に跡かたもない。

奥の院への山道には、そこここに小さな社がある。
そこに祭られているのは、権現様や菩薩様。
ほとんどが破却されているけれど。

この祐徳稲荷にも別当寺院があったのだろう。
いまでこそ神社であるが。
e0056537_14384242.jpg


朱色の舞台の、「懸造り」も格子が美しい。
e0056537_14385654.jpg


遠い昔に聞いた西行法師の
仏にはさくらの花をたてまつれわがのちの世を人とぶらはば
歌をおぼろげながら思い出す。

e0056537_1439277.jpg


本殿の舞台にかかる桜に人が引き寄せられる。
e0056537_1439434.jpg


e0056537_14391258.jpg


新芽もまた美しい。
e0056537_1439786.jpg

by shin0710s | 2016-03-30 15:02 | | Trackback

境内の花。

本堂脇のツツジは満開。
今年は今までで一番の華やかさである。
e0056537_18483865.jpg


e0056537_18484082.jpg


このツツジが10年先20年先にも鮮やかな花を咲かせて欲しいものである。
庭石の前には、芝桜?
e0056537_184951100.jpg


その横の白い花は?
e0056537_18495474.jpg


庫裏では、話し合い中。
納骨堂の役員会である。
e0056537_18504962.jpg


そして納骨堂の横に石榴(ザクロ)が本日植樹。
e0056537_18505236.jpg


20年ものの樹木だそうである。
白い花を咲かせ、鮮やかな朱色に染まる実をつけるだろう。
楽しみである。
by shin0710s | 2016-03-28 18:53 | | Trackback

卒園式へ。

近くの保育園の卒園式へ出席する。
暖かな卒園式日和である。
午前10時、卒園時入場。
e0056537_21244331.jpg


23名の園児が緊張の面持ちで入ってくる。
卒園証書授与。
一人一人の園児へ、温かな言葉が添えられている。
e0056537_21254410.jpg


そして保護者への感謝の言葉。
e0056537_21265244.jpg


卒園時、在園児による呼びかけ。
e0056537_21273276.jpg


式も進み、保護者代表による謝辞。
e0056537_21275285.jpg


最後は、先生方の餞の歌。
e0056537_21275433.jpg


正午、卒園児退場により式は終了。
2時間の式であった。
内容はよかったけれど、時間が…









by shin0710s | 2016-03-26 21:30 | 遺跡 | Trackback

脊山も春に。

本町の脊山にも春が来た。
脊山の山桜が咲き始めている。
村の共同墓地から眺める。
e0056537_1935639.jpg


曇り空のため鮮やかさに欠けるが、一番脊山の輝くときである。
山燃える季節である。
e0056537_1935850.jpg

by shin0710s | 2016-03-25 19:36 | | Trackback

さきがけの花。

散歩の途中、緑側の土手。
さきがけの花がさいた。
ちょっと気が早いけれど間違いない
あざみの花である。


e0056537_15160877.jpg
もちろんスミレは花盛り?
e0056537_15160946.jpg



by shin0710s | 2016-03-25 15:11 | Trackback

淨地廟へ。

せっかく本妙寺に来たのだから…
というので常夜灯を横に見ながら
胸突雁木(むなつきがんぎ)を登る。
e0056537_1321811.jpg


淨地廟と書かれた中門が見えてくる。
e0056537_1259079.jpg


e0056537_1259356.jpg


淨地廟の拝殿そして本殿。
e0056537_14393822.jpg


色鮮やかな天井。
e0056537_14394167.jpg


e0056537_131019.jpg


しだれ桜が三分咲き?
e0056537_131993.jpg


熊本市内を眺める。
熊本城が見える。
e0056537_1323725.jpg


中門横には五分咲きの桜。
e0056537_132117.jpg

by shin0710s | 2016-03-23 13:03 | | Trackback

桜は咲いているかな?

暖かな陽射しに誘われて、出かけることにする。
さて、どこに?
桜の開花にあわせていくとすれば…
私はやっぱりお寺の桜を見に出かけたい。

本妙寺へ。
e0056537_1344492.jpg


胸突雁木(むなつきがんぎ)と呼ばれていて、176段ある階段脇には釈迦堂がある。
お釈迦様にまずは合掌を。
e0056537_1310731.jpg



本妙寺の参道から、塔頭の庭が見える。
まずは、宗務所へ。
e0056537_135672.jpg


山門の脇には青白い桜が満開。
e0056537_1374833.jpg


境内に入るとあたりがぱっと明るくなる。
e0056537_1374393.jpg


e0056537_137342.jpg


庭は、まだ冬の名残。ちょっと寒々としている。
もう少し。
e0056537_135997.jpg


参道を歩く。
参道の並木は、桜。
まだまだ蕾。
桜のお寺が見える。
e0056537_1395833.jpg


お墓、本堂そして桜。
明日は、満開になるのかも。
境内や墓地から
賑やかな話し声が聞こえてきそうである。

e0056537_1310355.jpg

by shin0710s | 2016-03-22 13:14 | | Trackback

草萌える春は…

渓眞苑と名付けている庭は、まだ冬の名残をとどめている。
e0056537_165826.jpg


新緑が目覚め始めているがまだ堅いまま。
庭ができて27年。
植えた庭木も枯れたり、倒れたりして入れ替わっている。
また、ずいぶん大きくなっている。
作庭とうじ若かった庭石が年月と共に古色蒼然とした色合いになってきている。
『庭木は、将来枯れるかもしれないが、庭石があるからそれなりの姿として
の佇まいとなるはず』
といっていた父である。その父が亡くなって20年近く。
この後この庭はどんな姿になっていくのだろう。

台所の横の木蓮が蕾を開き始めた。
e0056537_16599.jpg


庭と比べると日当たりがいいためであろう。
この木蓮もあちこち移植され今はここに落ち着いている。
長女が幼い頃の記念樹である。
40年近くになる。
既に嫁いだ娘であるが、婚花が咲く頃になると
幼い頃の娘を思い出す。
e0056537_165822.jpg

by shin0710s | 2016-03-18 16:14 | | Trackback

思索の春。

春の夕暮れである。
物思いにふける。
山の端に傾きつつある太陽を受けつつ
一人静かに佇む。
e0056537_18164638.jpg


邪魔をしないで。
一人がいいの。
e0056537_18164477.jpg


背中を向けて更に思索にふける。
e0056537_18164057.jpg

by shin0710s | 2016-03-16 18:17 | ねこ | Trackback

水温む。

緑川も春の光を受けて暖かそうな水音をさせている。
水鳥も気持ちよさげに遊んでいる。
e0056537_2061684.jpg


あまりの気持ちよさに、水浴びをしている?
e0056537_2061722.jpg


病気安静中だったサクラも散歩解禁。
今日から。
うれしさを全身で表現している。
e0056537_2073094.jpg


兄ワン公のショウが相手をしている。
e0056537_2073240.jpg


サクラにとっては今年初めての菜の花。
入っていい?
e0056537_2084259.jpg


好きなだけ遊んでおいで。
e0056537_209584.jpg


パパさん、気持ちいいね。
菜の花の匂いもいいなあ。
e0056537_2091088.jpg


楽しかったー。また明日も来たいなあ。
e0056537_2091296.jpg

by shin0710s | 2016-03-15 20:10 | ワン公 | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s