<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本日、36度の予報が出ている。
真夏日のこの気温だと、動きたくなくなる。
屋外に出るのさえ億劫である。

それでもすっかり年老いたマーサを庭にだす。
すると涼しそうな草の間に潜り込む。
ここが一番ですと。
e0056537_1062151.jpg


しばらくして出てきたが、こうしてみるとすっかり年老いてしまっている。
顔は真っ白になってきている。
久住山や国見岳に登っていたのはちょっと前のような気がするが、
もう7年~8年も昔のこと。
元気だったはずである。
e0056537_1062219.jpg


さて、こんなに暑い日ではあるが、何日も家の中にいたら
身体がむずむずしてくる。
外に出たくなる。
どこに行こうか。
e0056537_1014215.jpg


美味しいものを食べようか。
e0056537_10142395.jpg


腹八分目くらいのランチがいい。
e0056537_10142615.jpg


いくら美味しくてもバイキングだと
元々卑しい口であるからもう無理と言うほど食べてしまう。
押さえることができない団塊の世代なのである。
子どもの頃お腹をすかしていた記憶がトラウマ(?)
となってもう無理と言うまで食べ続けなければ落ち着かないのである。
by shin0710s | 2016-07-31 10:19 | | Trackback

老年賛歌?

「村の渡しの船頭さんは、今年六十のおじいさん…」
「船頭さんの歌である。昭和16年に発表された童謡であるが、
戦前であるからここで歌われている「60歳」はかぞえ歳で、満なら58歳か59歳。

確かに若い頃、40歳の頃までは、六十歳台といえばずいぶんおじいさんだと思っていた。
いざ自分がその年齢になり、更に高齢者の仲間入りをしてしまうとなるほどと思えることが増えてくる。

今日は、友達の先生から新聞の記事が送られてきた。
同年齢の先生である。
e0056537_21205830.jpg


この記事を読みながら同じだなあ、そうそうと相づちを打っている。
見えていたものが見えなくなった。聞こえていたものが聞こえなくなった。
腰が痛い、肩が痛い、風邪をひいたなど病院の診察券がずいぶん増えた。
気力がなくなってきたし、怒りっぽくなった?ような気もする。

このブログにしても十年以上ほぼ毎日続けていたのが、最近は、もういいや、と思ってしまう。
いや、カメラを向ける対象物がなくなったきた。気持ちが向かなくなったようである。
それに20年近く続けてきた日記もすっかりここ三ヶ月ご無沙汰となっている。
熊本地震以来すっかりリズムが狂ってしまったようである。

今日は、昼間の暑い中庭に出てみる。
いまも、百日紅の花が咲き続けている。
e0056537_21301680.jpg


特に白い百日紅が美しい。
e0056537_21301954.jpg


その暑い中ではあるが、13歳になる「コウメ」がいる。
e0056537_21302295.jpg


人間ならば私と同年齢?
ヘルニアをリハビリで克服し、元気にしている。
e0056537_21302440.jpg


それに、ほっそりなって可愛くなっている。
可愛いおばあちゃんダックスである。
何度も出産し、子どもも孫もいるおばあちゃんワンこうである。
e0056537_21301450.jpg


こんなおじいちゃんになるのもいいなと思う。
by shin0710s | 2016-07-27 21:36 | ワン公 | Trackback

盂蘭盆会法要。

お盆である。私の町では、7月がお盆月である。
百日紅の花が満開となる。
e0056537_1031366.jpg


雨の日が続いておりなかなか晴天の日がこない。
それでも気温は真夏日の暑さ。

今年の盂蘭盆会は、例年と異なる。
e0056537_10311351.jpg


内陣の前にお骨が並んでいる。
e0056537_10311040.jpg


熊本地震でお墓が壊れ、骨壺が散乱していた。
それで、お寺に預けてある
e0056537_1031658.jpg


お盆であるからお墓にお参りをしようとしてもすることができない。
今年は、本堂で合同のお参りとなっている。
e0056537_1031856.jpg


お墓もさることながら家の損壊もある。
御門徒さんと今後のことを話し合いながらの盂蘭盆会法要となった。
by shin0710s | 2016-07-13 10:39 | | Trackback

蓮祭りへ。

鹿央町で蓮祭りが行われている。
晴天になったことだし、出かけることにする。
e0056537_9442529.jpg


もっと多くの種類の花があると思っていたが、まだ咲き始め?
e0056537_945153.jpg


正午近くだったので33度近くの気温。
それに湿度も高い。
我慢してとっていくがちょっとつらい猛暑である。
e0056537_9451846.jpg


「譬えば、高原の陸地には蓮華を生せず、卑湿の淤泥に乃ち此の華を生ずるが如し。」
『維摩経(ゆいまきょう)』「仏道品(ぶつどうほん)」(『大正大蔵経』第14巻 p.549)


e0056537_9451923.jpg


泥中の花の教えがあるが、この暑さにはかなわず
涼しいレストランへ逃げ込むことになった。
とはいうものの、この猛暑の中すっくと立った蓮華の花
は神々しいものである。
e0056537_9452158.jpg

by shin0710s | 2016-07-05 09:52 | | Trackback

7月1日は?

7月1日は、今年は半夏生であるが、白秋家にとってはコウメの誕生日。
長老犬である。
そこでプチ誕生日会?
e0056537_11311162.jpg


母親のサクラとコウメ。
このような時代もあった。

でも今日は、12歳?の誕生日。
e0056537_1133751.jpg


ヘルニアで車いす生活か、と思っていたら
何と奇跡の回復力で今は歩くことができる。
e0056537_11335671.jpg


白秋家の息子や孫たちみんなで誕生会。
e0056537_11344190.jpg


白秋家6匹である。
by shin0710s | 2016-07-02 11:35 | ワン公 | Trackback

今日から七月。

本日は晴天。

しかし蒸し暑い。今日は真夏日になりそうである。
半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃
。一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって
化粧しているようになる頃とも。様々な地方名があり、ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウなどと呼ばれる。
七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で
かつては夏至から数えて11日目としていたが
現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。
毎年7月2日頃にあたる。


今年の半夏生は7月1日である。
庭の半夏生も花を咲かせている。
e0056537_10335275.jpg


久しぶりの晴天で、ワン公もしばし庭に出る。
e0056537_10335361.jpg


マーサもすっかり白髪のおじいさん?
e0056537_103354100.jpg

by shin0710s | 2016-07-01 10:34 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s