<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

雨が降って恨めしい。


今日は曇り時々雨。
外に出ることができないワン公たちは退屈している。
恨めし気に外を眺めている。
いいなあ、外に出たいなあ。


e0056537_18514956.jpg


あっ、猫。
外に出たいよーっ。


e0056537_18524712.jpg

by shin0710s | 2017-11-30 18:53 | ワン公 | Trackback

夫唱婦随

昨日とは一転して今日は雨。
今日も庭師さんご夫婦が庭の剪定にかかりっきりである。
小雨の降る中、大変なことである。



e0056537_16431953.jpg

e0056537_16431866.jpg
剪定の中で会話があるわけではない。
二人で段取りよく進めていかれる。


e0056537_16431729.jpg


e0056537_16431786.jpg


「雨が降って大変でしょう?」
「いえ、雨が少し降るくらいが、はさみのノリがいいんですよ。
キノヤニがつきにくくてよく切れるんですよ」

そういえば刈り払い機を使うときも少しの雨が降っていたほうがやりやすい
と聞いたことがある。
それにしても雨に濡れて滑りやすいので大変なことである。


e0056537_16431944.jpg


e0056537_16431867.jpg



e0056537_16431874.jpg

父の残してくれた庭である。
渓眞苑と名付けている。
大きな庭石と年ごとに落ち着きある姿になっていく槙のバランスを考慮して
剪定をしてもらっている。
これで新しい年がいつ来てもよくなった。




by shin0710s | 2017-11-29 16:56 | | Trackback

庭木の剪定

暖かな陽射しが心地いい。
昨日から、植木職人さんが庭木の剪定中。
槙が多い我が家の庭木である。
根気のいる仕事である。

e0056537_14145170.jpg


十年以上も剪定していただいているのでいい姿になってきている。


e0056537_14145589.jpg


今年は、ご夫婦での作業であり、阿吽の呼吸がみてとれる。

e0056537_14150172.jpg


樹上はご主人。


e0056537_14150625.jpg

e0056537_14151004.jpg

家の周りいっぱいに庭木があるので数日かかる。
父の残してくれた庭である。
大事にしていきたい。

by shin0710s | 2017-11-28 14:19 | | Trackback

ここはいやだ。

久しぶりにリランが2階へ。
でも落ち着かない。
ここは犬臭い。
こんなところは嫌だ。


e0056537_17451547.jpg


ここから出たいのですが。


e0056537_17451479.jpg


外がいいのです。



e0056537_17451463.jpg


居心地のいい場所だったけど、犬臭くて
居たくない。
早く出してください。




by shin0710s | 2017-11-27 17:46 | ねこ | Trackback

寒すずめ

朝から冷たい雨。
それでもいつものように庭の梅の木にスズメが集まっている。


e0056537_11370685.jpg
冬の季語として「寒雀」があるらしい。冬のスズメはふとって、やけに元気に見える。そんなところから冬の季語になったらしい。
そしてそこに出ていた俳句


としよりの家にあつまる寒雀
          浜口高子

e0056537_11371144.jpg

余程この庭が気に入っているらしい。毎日集まってきている。
そして境内のケヤキの枝と行ったり来たり。


e0056537_11371635.jpg
我が家は老夫婦。そして向かいの甥の家には幼い姉妹。
時折笑い声や鳴き声が聞こえてくる。
その声にひかれてスズメたちが集まっているのかも。
雀のさえずり、そして赤ちゃんの声が境内を明るくにぎやかにしてくれる。


by shin0710s | 2017-11-26 11:45 | | Trackback

正法寺の日

正法寺の日である。
今日は、新年並びに御正忌を迎えるにあたって
本堂並びに庫裏、さらに境内の清掃をおこなう日である。
小さいとはいうもののお寺である。とにかく広い。
寺族や役員さんだけではとても出来ない。
御門徒の方々にお願いして自分たちのお寺を守るための日である。
正法寺は創建以来350年以上の歴史を持つ。
御門徒の戸数は当時からそれほど変わっていない。
それでも現在もこの姿を保ってきているのは、御門徒の方々
が「私のお寺」であるとの思いが連綿とつながっているためであろう。

さて、本日は午前9時開始。
まずは、本堂でお勤め。

e0056537_19221041.jpg

住職あいさつ。

e0056537_19221050.jpg
そして本日の清掃計画を役員さんが説明。
9時15分作業開始。
枯山水の修復である。
石を入れていたがそれが流れてしまっているので
まずは、枯山水に砂利を入れる。

e0056537_19221174.jpg

一輪車を押す人。
スコップを使う人、
それぞれの人が自分の判断で
仕事を進めてもらう。

e0056537_19221092.jpg



e0056537_19221262.jpg



さらに境内の植木の剪定。

e0056537_19221420.jpg
e0056537_19390760.jpg
本堂では、ガラス戸の掃除。


e0056537_19221154.jpg

e0056537_19390743.jpg

庫裏も大変である。ガラス戸が多いし障子も多い。


e0056537_19390627.jpg



e0056537_19221364.jpg
台所では、昼食の準備。



e0056537_19390772.jpg



また砂利が運び込まれる。



e0056537_19221394.jpg

裏の庭に砂利が敷かれていく。
庫裏では窓ガラスの掃除。


e0056537_19221399.jpg
e0056537_19221262.jpg



e0056537_19253525.jpg
一人や二人だと何日かかるだろうと思われる仕事である。
早いし、的確である。
午後11時半には終了。
お疲れさまでした。

まずは女性陣の笑顔で締めくくり。

e0056537_19253626.jpg

そして仕事の関係で帰られた方も少なくなかったけど
みんなの笑顔で終了。


e0056537_19275494.jpg
さあ、食事。汗を流し働いた後の食事は
本当においしい。


e0056537_09381310.jpg

お互いの支えあいに感謝しながらの正法寺の日となった。
お疲れ様でした。


e0056537_19253768.jpg

by shin0710s | 2017-11-25 19:41 | | Trackback
2階の部屋から毎日観察しているスズメたち。
今日はどうかな?


e0056537_19403990.jpg


e0056537_19403902.jpg


e0056537_19404304.jpg


e0056537_19403960.jpg

そして柿をついばむムクドリ。
今日は二羽。



e0056537_19404892.jpg

そして公孫樹の黄葉。


e0056537_19405299.jpg


青空によく映える。


e0056537_19405613.jpg

by shin0710s | 2017-11-24 19:44 | その他 | Trackback

番犬チマリ

白秋家を玄関で守っているのがチマリである。
一応ビーグル。
14歳か15歳になるかな。


e0056537_20403199.jpg

三人娘の名前から一字ずつ取ってチマリと名付けれれている。
事故にあって九死に一生を得たちびちびワン公である。



e0056537_20404382.jpg

1月から2月のころは、この冬を越せるかな、と思っていたが
すっかり健康を取り戻し、元気いっぱいである。

よく食べ、よく動き、そしてよく寝て長生きしてくれそうである。



e0056537_20410850.jpg

by shin0710s | 2017-11-23 20:44 | ワン公 | Trackback

たたずむ。

寒い日が続いている。
日差しが恋しい。
初冬というより厳冬の厳しさである。
さて、このような季節の過ごし方を天才的な感覚?で見出すのは
もちろん、ルラン。
今日もあたたかな場所で過ごしている。


e0056537_15210258.jpg


素晴らしい才覚である。

by shin0710s | 2017-11-22 15:21 | ねこ | Trackback

群れスズメ

庭の梅の木にスズメの寄り合い?
けたたましいさえずりが響き渡っている。
ここ数日、ここに集まってきている。


e0056537_18470497.jpg



なぜここに?
啄むものがあるはずもないのだが。


e0056537_18470969.jpg


とにかく数十羽が梅の枝に鈴なり状態である。



e0056537_18471478.jpg


と、一斉に飛び立っていった。
境内の柿の木に飛び移る。
境内の柿は、木守りの柿でちぎることなく熟柿となっている。


e0056537_18532173.jpg

そうか、食事時か、と思っていると
どうも、スズメではないようである。
e0056537_18533471.jpg

この鳥は?
自信はないけど、「ツグミ」ムクドリ?


e0056537_18534446.jpg

スズメは追い立てられたようである。
スズメより一回り大きな鳥である。


e0056537_18534835.jpg

全長24cm ほどで、およそスズメハトの中間ぐらいの大きさ。

尾羽を加えるとヒヨドリより一回り小さい。

翼と胸、頸は茶褐色で、頸から頭部にかけてと腰に白い部分が混じり、足およびは黄色い。

雄は胸や腹・背が黒っぽく、雌は褐色に近い。(ウイキペディアより)


by shin0710s | 2017-11-21 18:57 | | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s