<   2018年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

船津阿蘇神社へ。

本日は町の文化財保護委員会議。
先日訪れた船津阿蘇神社境内にある仏像堂の
阿弥陀如来や不動明王について報告をする。

そこで会議終了後に保護委員で調査に行く。



e0056537_18502288.jpg


仏像堂の中には、来歴が分かっていない仏さま。


e0056537_18503160.jpg

1m近くの阿弥陀如来。


e0056537_18553449.jpg



e0056537_18553985.jpg


木造の仏像に彩色を施してあるが、剥落している。



e0056537_18504171.jpg



不動明王と二童子像は1mを超える大きさである。




e0056537_18504822.jpg

ここの地名は坊分。
お寺にちなむ名前となっている。


本日は、船津阿蘇神社の拝殿の様子も確かめてみる。


e0056537_19015428.jpg

見事な彫刻である。この地域にはこのような彫刻に秀でた人がおられたとか。



e0056537_19020177.jpg


拝殿には、二体の像。




e0056537_19020290.jpg



e0056537_19020212.jpg


して古びた額が掲げてある。
文字が読み取れない。




e0056537_19020185.jpg



更に調査が必要である。

by shin0710s | 2018-11-30 19:05 | 遺跡 | Trackback
昨日とは打って変わって本日は気持ちの良い晴天。
じっとしているのはもったいない。

「ジャスミン、出かけるか?」

画図湖公園は、まだ紅葉が残っている。

e0056537_20384499.jpg



e0056537_20385984.jpg



この木は何かな?




e0056537_20385198.jpg



e0056537_20385902.jpg



遠く金峰山が見える。




e0056537_20385996.jpg




飯田山も気持ちよく望むことが出来る。






e0056537_20394097.jpg



画図湖に沿ってジャスミンと歩く。




e0056537_20410738.jpg




e0056537_20410100.jpg







e0056537_20411485.jpg



光を受けて紅葉が輝く。
もうしばらくは画図湖の紅葉を楽しめそうである。




e0056537_20420231.jpg



by shin0710s | 2018-11-29 20:44 | | Trackback
終日の雨。
今日はチョコ太が部屋に来ている。
大きくなりすぎたチョコ太。

僕、ここにいたいんだけど、いいですか?


e0056537_18523401.jpg


わかったよ、部屋を荒らさないならここにいていいよ。
ブログの更新が終わるまでだよ。


本吉山清水寺への道⑶

三重塔に面して小さなお堂がある。


e0056537_18573087.jpg


e0056537_18583923.jpg



お堂の横には絵馬が掛けてある。



e0056537_18584432.jpg


本吉山、清水寺の開祖 最澄の弟子の慈覚大師(円仁)は、唐より帰朝の 時嘉祥元年(848年)に世の子供達が健全に育つようにとの願いをこめて、 観音像を彫刻し、お堂を建築し供養されたと伝えられる。お乳が出るようにと母親の願いを一心に集める観音さまである。お願いの時乳房の形どったものを奉納しこの観音さまにお参りする人が多いのも母親の慈愛ゆえ。お乳が出るようになった祈願成就のお礼に、絵馬や千羽鶴を奉納する風習も残っている。乳父観音と乳母観音を用いる書があるが、清水寺の説明では、母(乳)と父の両親に見守られ子供が無事成長することをを祈る観音さまで 「乳父観音」の字が正しく、古来から使用されたそうです。


e0056537_18584892.jpg


大正時代の古い絵馬である。

わが子の健やかな成長を願う姿である。



e0056537_18585135.jpg

そして観音様を守るかのようなお地蔵様である。

黄色のつわぶきの花が苔むしたお地蔵様に捧げてあるかのようである。



e0056537_18585593.jpg



まだ、散歩じゃないですか?
早く行きたいなあ。



e0056537_18523700.jpg

by shin0710s | 2018-11-28 19:06 | | Trackback

退屈でたまらないです。

ジャスミンが見つめている。
すっかり退屈している。
散歩に出かけたいようである。
ちょっと待て、ジャスミン。
Blogを投稿してからだよ。




e0056537_20275091.jpg



大吉山清水寺への道3である。


山門からの石段を上ると、阿弥陀堂と清水寺。
まずは阿弥陀堂に。
阿弥陀如来に合掌。




e0056537_20304142.jpg




e0056537_20304157.jpg




e0056537_20304257.jpg




そして清水寺へ。

平安時代の延暦23年(804年)7月垣武天皇の命により38才の最澄は遣唐使として唐で天台学を学んだ。
最澄は帰国した翌年の大同元年(806年)に本吉山清水寺(本吉普門院清水寺)を創建したと伝えられている。

伝教大師(最澄)作の本尊、千手観音が安置されている。
古来より、安産、子授け、縁結びの祈りが絶えない。

「よがんのん、あさがんのん」は本尊開帳の大祭である。
8月9日はら10日の朝にかけて大護摩祈祷が行われ、この日にお参詣ですると四万六千日お参りした功徳があるといわれ、

多くの参拝者が訪れる。




e0056537_20310777.jpg




e0056537_20305371.jpg




内陣には、千手観音菩薩。





e0056537_20305319.jpg




本堂の彫刻がこれまた美しい。





e0056537_20305326.jpg





e0056537_20310786.jpg




今回の清水寺参詣は、たっぷり時間をかけて遺跡、旧跡を回ることが出来ている。
まして錦秋の季節である。
紅葉を味わわなければ。


by shin0710s | 2018-11-27 20:38 | | Trackback

大吉山清水寺への道⑵

清水寺への参道をさらに歩く。
仁王門が見えてくる。



e0056537_18462474.jpg


阿吽の仁王様は暗くて残念ながらよく見えない。

延享3年(1746年)、藩主藩民の寄進によって建立された。
右の仁王像は口を大きく開け「阿」を表しすべてのものの発生、根源を意味し、
左の像は口を結んで「吽(うん)」を表しすべてのものの帰着を意味する。
寺院浄域の入口にあり仏法を守護する役目を持つ「金剛力士」の像を安置した門で、仁王像の高さは、約2,4米ある。
仁王像は大力を授けるということから身体強健を祈って大きな草鞋を奉納し、又その草履に触れると脚が強くなるといわれている。


仁王門の前には清水寺と記された鳥居がある。




e0056537_18462223.jpg



鳥居と言えばつい神社を思うけれど
神仏習合の時代からの名残としてお寺に鳥居が残っている。




e0056537_18462238.jpg



更に石段を上ると山門(三門)が見えてくる。
見上げるばかりの山門である。



e0056537_18462235.jpg



この山門は延享2年(1745年)年柳川六代藩主立花貞則が願主となり京都の大工高田蕃蒸(ばんしょう)
に命じて建立されたものである。山門は三門というのが本当で、木造入母屋二層、階上階下とも36,3㎡、高さ10,8mである。
当時の建築技術の粋を集めて作られ、階上の内部は見事な作りで、文殊菩薩、釈迦如来、四天王などが祀られている。
建築当初は傾いていたが、木材の乾燥とともに垂直になったと伝えられている。造営当時は桧皮(ひのきかわ)
葺きであったものが現在では銅板に葺き替えられている。昭和36年県指定重要文化財。



彫刻も素晴らしい。
山門と紅葉の対比が面白く、美しい。





e0056537_18462366.jpg




山門をくぐり参道を登っていく。





e0056537_18462329.jpg




これが見たかった。





e0056537_18462303.jpg





e0056537_18462402.jpg



山門と紅葉に調和のとれた素晴らしい姿である。

by shin0710s | 2018-11-26 18:50 | | Trackback
本坊庭園から清水寺への参道を歩く。
参道は樹木に覆われて陽射しはいらない。

しばらく歩くと千躰仏堂へ。


e0056537_10082396.jpg

柳川藩主田中吉政の家来、林五郎左衛門の娘、操(みさお)は婿養子の婚約者幾之助が宮川右内に船小屋で鉄砲で殺されたのを知り敵討ちを決断16才の時である。

家を出て10年目元和7年(1621)四国の徳島で宮川右内を探しやっと亡き夫の仇を取った。仇を取ったのち柳川に帰り信仰のあった観音堂のある清水の中腹に称名庵を作り住みつき両者の霊を慰めるために千体仏を刻んだ。


お堂の前には石仏が並んでいる。

e0056537_10082377.jpg


風雪に耐えた尊顔である。



e0056537_10082200.jpg


更に上ると羅漢様。



e0056537_10082276.jpg


釈迦の弟子500人の「自覚」への道を志す修行僧たちの像、それが五百羅漢である。
文化文政(1804年)の頃から大正年間にかけて奉納。

いつの頃からか、心ない者により首がことごとく落とされ「首なし地蔵」と呼ばれていたが、最近になって誰かの手で再び首がつけられ、新しい羅漢の復活となっている。

e0056537_10082331.jpg



by shin0710s | 2018-11-25 10:11 | | Trackback

正法寺、おみがきの日

11月24日。今年一番の冷え込み。
一面霜で真っ白になっている。
午前9時、御門徒の皆さんが三々五々に集まってこられる。
今日は正法寺のおみがきの日である。
まずは、本堂でお参りをする。
住職のあいさつ。


e0056537_14561160.jpg


そして庫裏・本堂と境内に分かれておみがき(清掃活動)が始まる。
手際よく屋内の掃除が進む。
境内では、植木の剪定。


e0056537_14561286.jpg


e0056537_18363679.jpg



e0056537_14561100.jpg



境内には昨年から多くの木々が新たな枝を広げている。




e0056537_15015310.jpg



お寺にお参りをされた方々を気持ちよく迎えるために
自分の家と同じように掃除をしていかれる。




e0056537_14561135.jpg






e0056537_15015202.jpg



e0056537_14561177.jpg




e0056537_14561147.jpg


庫裏そして本堂の掃除が終われば外に出て草取り活動。




e0056537_14561271.jpg


e0056537_15015380.jpg



総総代さんそして総代さん方を中心にしておみがき(環境整備)が進む。

お寺の中心としての総総代さんである。




e0056537_15015356.jpg




裏庭の槙の剪定にも目を配られている。



e0056537_15061057.jpg


午前11時半。おみがき終了。
一仕事を終えた顔が美しい。






e0056537_15095619.jpg



e0056537_14561282.jpg


みんな笑顔で勢ぞろい。




e0056537_15093439.jpg


そして、庫裏で手作りの昼食。



e0056537_15094283.jpg




e0056537_15094797.jpg



皆さんのお寺である正法寺がきれいになりました。




e0056537_18363627.jpg

by shin0710s | 2018-11-24 15:11 | | Trackback

本坊庭園から清水寺へ。

今年も少し遅れたかなと思いつつ清水寺へ。
まずは本坊庭園へ。
境内には色とりどりの鮮やかな紅葉が広がっている。
ここは、新緑と紅葉の頃はことのほか美しい。
本坊前には大きな銀杏樹があり、紅葉時期には黄色のジュウタンで敷きつめられる。


e0056537_18312179.jpg


e0056537_18312127.jpg


e0056537_18311070.jpg



案内には

本坊庭園は室町時代の作で、作者は雪舟(1420年~1506年)であろうといわれている。
東南北に山を囲らし心字の池を中心とする庭石の配置、植込み、池にそそぐ暖、急の滝など、自然と人工の美が溶け合い、

春夏秋冬いつ訪れても飽きない名園である。

特に正面の愛宕山からのぼる中秋の名月はすばらしく、その月が心字池の写るように工夫された借景式の泉水庭である。


本坊に入り、まずはご本尊に合掌。大日如来様であろうか。


e0056537_18310900.jpg


本日は祝日で多くの人が雪舟作と言われる庭園に見入っている。


e0056537_18310960.jpg



e0056537_18311059.jpg

今日はたっぷり時間もあるので清水寺までゆっくりと登っていくことにしよう。


e0056537_18313027.jpg



by shin0710s | 2018-11-23 18:37 | | Trackback
本日は町ボランティア連絡協議会の講演会。
町生涯学習センターで町民対象の講演会が開催される。

平日でちょっと硬いかな、と思っていたが
多くの参加者の姿が見え、安心する。

午後2時開始。
演題は
「ご縁に育まれていく いのち」
のテーマで漫才法話からスタート。


e0056537_20372084.jpg


会場は腹の底からの笑い声がひっきりなしに出てくる。
そして、一瞬の静寂が訪れる。
それぞれの参加者が自分の姿振り返るときである。

今日の講師は、浄土真宗のお坊さん。


e0056537_20424690.jpg


そしてお二人の住職さんが法話をそれぞれにされる。


e0056537_20372004.jpg


e0056537_20372043.jpg


味わい深いお話で、ボランティア活動を進めている私たち自身への
問いかけであった。


by shin0710s | 2018-11-22 20:48 | その他 | Trackback

公孫樹は満開?

時折陽射しが注ぐものの13℃程。
寒さを感じる日となっている。

陽射しを求めてジャスミンは2階に。
暖かいなあ、眠たいなあの大あくび。



e0056537_15435216.jpg


ジャスミンは今日はお留守番。

今が満開の公孫樹?を見に出かける。
あたり一面黄金色に染まっている。


e0056537_15435897.jpg


廃校になった小学校である。
学校のシンボルである公孫樹の木は枝を大きく広げている。



e0056537_15435614.jpg


青空に大きく羽を広げたようで見ているだけで
元気が出てくる。



e0056537_15440273.jpg


by shin0710s | 2018-11-21 15:51 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s