<   2019年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ジャスミン、行こうか?

今日も晴天。花冷えの一日になりそうだけど、
青空が広がっている。

サクラ便りがあちこちから届いている。
私もその便りに乗せられて出かけることに。

行く先は?
昨年と同じ 大窪眼鏡橋である。


e0056537_17484342.jpg

満開の桜と苔むす眼鏡橋の対比が面白く楽しい。
若いモデルさんを二人連れたカメラマン?
知る人ぞ知る場所である。

私も負けずにジャスミンにいろいろなポーズをお願いする。
でも、これがなかなか難しい?


e0056537_17435285.jpg


好きなように動いているけど、私にまとわりついている。


e0056537_17432859.jpg



e0056537_17414421.jpg

踊ってくれないかな。



e0056537_17425642.jpg

それでいいか、好きなようにどうぞ。



e0056537_17420084.jpg

この花冷えである。
サクラの季節をもうすこし楽しめるかな。


e0056537_17581882.jpg

by shin0710s | 2019-03-31 17:58 | | Trackback

風を待つ。

晴天である。
風はない。

風が欲しいなあ。


e0056537_19513872.jpg


たんぽぽのちえ

… やがて、花は すっかり かれて、その
あとに、白い わた毛が できて きます。
 この わた毛の 一つ一つは、ひろがると、ちょうど
らっかさんのように なります。たんぽぽは、
この わた毛に ついて いる たねを、ふわふわと
とばすのです。

 この ころに なると、それまで たおれて いた
花の じくが、また おき上がります。そうして、
せのびを するように、ぐんぐん のびて いきます。

 なぜ、こんな ことを するのでしょう。それは、
せいを 高く する ほうが、わた毛に 風が よく
あたって、たねを とおくまで とばす ことが
できるからです。

 よく 晴れて 風の ある 日には、わた毛の
らっかさんは、いっぱいに ひらいて、とおくまで
とんで いきます。

 でも、しめり気の 多い 日や、
雨ふりの 日には、わた毛の らっかさんは、
すぼんで しまいます。
それは、わた毛が しめって、おもく なると、
たねを とおくまで とばす ことが できないからです。

 このように、たんぽぽは、いろいろな ちえを はたらかせて います。
そうして あちらこちらに たねを ちらして、
あたらしい なかまを ふやして いくのです。


e0056537_19514450.jpg

e0056537_19514957.jpg

たんぽぽの ちえ   
        うえむら としお

春に なると
たんぽぽの
黄色い きれいな
花が さきます。

二、三日たつと、
その 花は しぼんで、
だんだん くろっぽい
色に かわって いきます。

そうして、たんぽぽの 花のじくは、
ぐったりと じめんに たおれて しまいます。

 けれども、たんぽぽは、かれて しまったのでは
ありません。花と じくを
しずかに 休ませて、たねに、たくさんの
えいようを おくって いるのです。
こうして、たんぽぽは、たねを どんどん
太らせるのです。


2月から花を咲かせていたタンポポである。
やっと旅立ちの季節となる。
今日は、その日になるのかな。



e0056537_20043676.jpg

by shin0710s | 2019-03-30 19:56 | | Trackback
草萌え、花開くこの季節
ワン公との散歩も毎日発見がある。


さて、今日の発見は何かな。



e0056537_13594508.jpg


先日から気になっていたこの花は何だろう。
ネットで調べると、
「アケビ」とある。



アケビの名の由来は、実が開いて中の果肉を見せる意味で「開肉(あけみ)」から、 

あるいは、ちょっと意味‬深い「開け窄(すぼ)み」からつけられたともいわれる。

小葉が五枚のアケビと三枚のミツバアケビがあるが、‬ミツバアケビの方が果肉が大きく味がよいので人気がある。

さらに、果皮は油で炒めたり、春先に伸‬びかけたつる(茎)も山菜としてよく食べられる。

 芽吹いたばかりのアケビは、花茎の基部から雌花を、先端に雄花をつける。

大きく開くのは片で、‬花弁はない。夏には果実は徐々に肥大し、緑色で親指大に成長する。

秋になって果肉が割れるころに‬なると、果実は美しい紫色に変わる。高い木にからみついたアケビを採るのも楽しい。




e0056537_14072199.jpg


散歩道にアケビの花があちこちに咲いている。
これがアケビだとわかったので、秋になるのが楽しみである。



e0056537_13594808.jpg


同じく散歩道に新芽が伸びている木がある。
さて、これは何だろう。




e0056537_13595310.jpg


ワン公たちのおかげで毎日が発見、驚きの日となっている。
春は、やっぱり面白い。


e0056537_13595075.jpg


by shin0710s | 2019-03-29 14:11 | | Trackback

村の公園は?

村の公園は、かって共同墓地だったところである。
昭和三十年代に将来のことを鑑み、共同納骨堂とし、
正法寺の境内に墓地を移している。


そして墓地だった場所は現在、村の公園になっている。
この公園にサクラは、満開の時期を迎えると本当ににぎやかになる。
墓地に埋めれていたおじいちゃんおばあちゃんまた先祖の方々が
楽しげに語りあっているような明るい雰囲気になる。

さて、今日の桜の様子は?



e0056537_17345012.jpg


まだまだ蕾である。
サクラの下の水仙は今が盛り。



e0056537_17345185.jpg


公園の端の山桜は葉桜にからりつつあるけれど。



e0056537_17345006.jpg


e0056537_17345045.jpg


ソメイヨシノが咲くにはもう少し時間がかかりそうである。



e0056537_17345175.jpg


by shin0710s | 2019-03-28 17:37 | | Trackback

山桜をめでる。

脊山の山桜が満開に近い。
そこで、清正公山へ。
もちろんジャスミンと一緒。


e0056537_18550441.jpg

満開を過ぎているのかな。
それでも加藤神社への石段は、桜のトンネル。



e0056537_18551283.jpg

階段を上っていくと、母校の野球練習の声が微かに聞こえてくる。
グランドに生徒の姿はない。
部活動はあっているのだろうか。

部員が少ない。
生徒数が少ない。
課題が山積している。

100周年を迎える高校であるが、私たちの時代とは、
全てが隔世の感がある。
学年六クラスあったのが一クラスにも満たない生徒数。


e0056537_18551629.jpg

あまりにも寂しい母校の姿である。


e0056537_18551950.jpg

by shin0710s | 2019-03-27 19:03 | | Trackback

春はやっぱり子ども

脊山の山桜が咲き始めている。
一番脊山が美しい季節。
山笑う候である。

e0056537_17132985.jpg

久しぶりにワン公と散歩へ。
ゆっくりした速さで春を味わいながら。

ギシギシが大きくなっている。
その生命力に驚かされる。
河川敷を覆わんばかりに広がっていく。

e0056537_17162713.jpg



ムラサキケマン草が風に揺れている。


e0056537_17133330.jpg





薄紫のオドリコソウ。確か真っ白もあったはずだけど、まだ見当たらない。





e0056537_17133627.jpg


代わりに野イチゴの花が咲いている。


e0056537_17133846.jpg


そして、小山のようを盛土の上には…



e0056537_17134576.jpg

三人の子どもたち。

e0056537_17134187.jpg
盛土の上で踊っている。
走っている。飛び跳ねている。

やっぱり春は子どもだね。



e0056537_17134516.jpg


by shin0710s | 2019-03-26 17:18 | 子ども | Trackback

退屈二態。

午後より雨。
それに、私が体調を整えているために
散歩はずっと中止。


今日ももちろんない。
なので、退屈極まりないワン公である。

e0056537_19133040.jpg


e0056537_19133086.jpg

散歩に行けるのは、いつになるだろう。

今日は診察日。
順調らしいけど、なかなか体調が戻らない。

by shin0710s | 2019-03-25 19:14 | ワン公 | Trackback

人は犬のペット?

今日も暖かい。
太陽の光が眩しい。

寒の戻りとは言うものの、陽射しが2月とはすっかり変わっている。




e0056537_17383675.jpg


春蘭の香りが微かに漂っているような?
嗅覚が衰えているので定かではないけれど。


e0056537_17301058.jpg


ジャスミンが、見て、見てと言わんばかりに動き回る。



e0056537_17301941.jpg


どちらが飼い主やら。



e0056537_17301089.jpg

by shin0710s | 2019-03-24 17:32 | ワン公 | Trackback

息抜きの日々。

術後の自宅療養が続く。
時折庭に出るか、ワン公に相手してもらうか
である。


今日は?
チョコマミーに相手してもらおう。


e0056537_17064386.jpg

相手してくれそうもない。
眠そうな目。


e0056537_17063869.jpg


頭が垂れてしまった。
後は寝るだけか。



庭に出ると遅咲きの水仙が今満開。



e0056537_17082032.jpg



e0056537_17083216.jpg




by shin0710s | 2019-03-23 17:09 | ワン公 | Trackback

散歩の時間?

昼寝をしていたジャスミン。
もぞもぞ出てくる。
「散歩の時間ですかぁ?」



e0056537_21450761.jpg


何だ、庭に出ただけか。



e0056537_21454696.jpg



さあて、よいしょ。



e0056537_21451957.jpg


コラショ。


e0056537_21454617.jpg


足が短いから大変だ。



e0056537_21454694.jpg




目の前には、やっと咲き始めた春蘭。



e0056537_21455232.jpg



初めて見たのは、31歳の時。
山都町の小学校に赴任した時である。

歓迎遠足で、傘松までの山道咲いていた。



e0056537_21455257.jpg


素朴な味わいがある。
今からたくさんの花を見せてくれるだろう。



e0056537_21550941.jpg

by shin0710s | 2019-03-22 21:55 | | Trackback

ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s