せっかくの休日、朝の目覚めが早い。
もっと寝ていてもいいのだが。
裏の道から本堂を眺めると、
欅、そして柿の青葉が繁っている。
いつ夏が来てもいい?
e0056537_1332588.jpg

境内に紫陽花が咲いている。
e0056537_1343267.jpg

土壌によってその色合いが違うのが楽しい。
e0056537_1353883.jpg

ついでに、お隣の殿馬クンにあいさつ。
e0056537_1362949.jpg

尻尾を巻いて、吠えるが、腰がひけているからなあ・・・
コウメに吠えるが相手にしない。

4匹を連れて朝の散歩。
緑川の土手から、上流を眺める。
安津橋である。
e0056537_1384851.jpg

下流を見ると、甲佐大橋。
e0056537_1392972.jpg

この時間に散歩をするのも久しぶり。
それにこんな晴天の日も珍しい。
ただ、最近は晴とはいうものの霞んだような日が多い。

チュンもからだが重いのか、あまり走らず。
すぐリードをつけないと、オスがよってきそう。
e0056537_13122853.jpg

コウメはサクラがいないので、チュンについて回る。
e0056537_1315210.jpg

もちろん、チマリもチュンについている。
e0056537_13133019.jpg

要するに、チュンは、我が家のワン公のリーダーなのである。
じゃ、ユーリは?
ユーリは長老であり、顧問なのである。
# by shin0710s | 2006-06-03 13:16 | Trackback

脊山は、夏の装いに

朝は雨。そして午前中強い風が吹く。
午後は一転して晴れ上がる。
乙女台地から眺める脊山が藍色である。
甲佐岳を引き寄せると、夏色に染まっている。
e0056537_207960.jpg

乙女台地は、花卉の畑が多い。
虎の尾に似た花が咲き始めている。
ぴゅんぴゅんと飛び上がるように立っている。
e0056537_2074150.jpg

また薄紫色の菊の花が咲き誇っている。
e0056537_2081021.jpg

緑川に架かる橋を渡る。
安津橋である。アンシンバシという。
子どもの頃、津がどうしてシンと読むのか不思議であった。
橋上から本町の脊山の端、清正公山が見える。
こんなにすっきり見えることは久しぶりである。
e0056537_2084111.jpg


学校の帰り校舎を回る。
子ども達の作品が掲示してある。
保健室前には、歯の衛生週間のポスター
e0056537_2094061.jpg

e0056537_20103596.jpg
また作文が玄関、廊下に張ってある。
少し作文をのぞいてみる。
e0056537_2011650.jpg

子ども達の父に対する思いが伝わる。
高学年になると我が家の状況を理解できるようになっていることが分かる。
大人もそうであるが、
子供たちも一生懸命に生きている。
日々発見と喜びがあるのが子供たちのいる学校である。

今日は、サクラは佐賀へ。
e0056537_20182536.jpg

コウメは少し寂しそうである。
e0056537_2018454.jpg

お母ちゃんがいない、と言っているのかな?
# by shin0710s | 2006-06-02 20:19 | Trackback
「いもといえば・・・・カライモ」
これは私の発想である。
サツマイモというよりカライモの方がなじみがいい。
いもには、サツマイモ、ジャガイモ、さといもがある。
ところが、「いもといえば・・・・さといも」
を思い浮かべる人もいる。
実は熊本は、いもと言えば、カライモ。
それに対して大分は、いもと言えば、さといも、
だという。
やはり、環境的に熊本・鹿児島はカライモ、サツマイモなのであろう。

今日はサツマイモの苗植え。
隣の畑ではジャガイモの花が咲いている。
e0056537_18242135.jpg

1年、6年。2年、5年。3年、4年がペアーを組んで
サツマイモの苗植えをする。
まずは、2年生と5年生。
サツマイモ畑に水道がない。そこで学校からバケツに水を汲んでいく。
5年生が2年生をリードして手際よく苗植えが終わる。
e0056537_18251334.jpg

畑に毎日これる距離ではないので、雑草予防のためマルチを張る。
実際は、マルチの横からどんどん伸びてきて、芋の蔓やら露草やらわかりにくくなるのであるが。

次は、1年生と6年生。
こちらもまた一段とスムースに終わる。
e0056537_18254912.jpg

それに対して3年生と4年生。
水を運ぶときからたいへいい。列を乱す。水をこぼす。
苗植えを始めるとマルチを張った畝に足を入れる。
e0056537_18272197.jpg

倒れる、くつのあど(方言:かかと)で苗を踏み散らかす。
水を「ばちぐる」(方言:ひっくりかえす)
1学年の違いは、違いに入らないらしい。
ライバルなのかもしれないし、また学校で一番落ち着きのないのが
中学年。どこの学校でもそうであるが。
e0056537_18275478.jpg

とにかくも2・3・4時間かかったが、無事芋の苗植えが終わった。
明日は雨になりそうである。

さて、私はカライモは・・・
と言うと一生食べなくていい、と思っている。
特にふかし芋だけは。
母はいう。
「あんたは、カライモのおかげでこんなに大きくなったんよ」
と。
そのお陰かどうかは分からないが、たしかにふかし芋を食べた。
大きな鍋一杯にカライモが蒸かしてあり、おなかがすけばそれを食べていた。
小学生時代の記憶である。
そのほかのおやつを食べたとの記憶はない。
おやつはカライモしかなかった。
目を閉じるだけで、ふかし芋のにおいと味を思い出す。
十分である。

苗植えをおえて帰っていると、
いたいた、キジ猫である。
e0056537_18364318.jpg


我が家のアッシュはどうしているかな?
のんびりと庭で休んでいた。
e0056537_18312679.jpg

そして悠然と歩き出す。
「アッシュー」
振り向く姿はきれいである。ダイエットしない?
e0056537_18325846.jpg


「パパさーん、いいから散歩しましょうよ」
e0056537_18342251.jpg

# by shin0710s | 2006-06-01 18:36 | Trackback(1)

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s