今日から1年生が登校。
真新しいランドセル、雨が降りそうなので
e0056537_20283031.jpg

これまた新しい傘。
そして安全の黄色い帽子。
横断歩道では手を挙げて渡る。
止まってくれた運転手さんに、6年生が
御礼のあいさつをする。それと一緒に1年生も。
e0056537_20244780.jpg

その姿は、当たり前のことかもしれないが、
とても美しいと思う。
運転している方もとてもうれしそうである。
そして元気なあいさつをし、正門から校舎へ。

9時過ぎにケアハウスからの訪問者。
施設長さんとケアハウスのおばあちゃん。
ケアハウスの入所者の方が、町の新1年生のために
筆立てをつくりプレゼントされるために来られたのである。
e0056537_20252049.jpg

牛乳パックを使って千代紙できれいにできている。
鉛筆2本とメモ帳。
早速1年生の教室へ。
子ども達がめざとく見つけ、
「こんにちは」の大きな声であいさつをする。
そして自己紹介、プレゼント渡し。
「ありがとうございます]
と元気な声。
e0056537_20255215.jpg

おばあちゃんの目が潤んでいる。
子ども達とお年寄りとの交流を大事にしたいと思う。
知識は、いろんなところから得ることができる。
しかし、知恵は、人を通してしか学ぶことができない。
お年寄りの生きてこられた歴史そのものの知恵を
子ども達に伝えたい。

退屈しきっているチュン。
それは、のびきった姿と横目でわかる。
e0056537_2031163.jpg

「写真を撮るから、いい顔」
と言ったら、
e0056537_2032865.jpg

こんな顔をした。
これならどこに嫁に行ってもいい。
なかなかの美犬である。
横顔だって素敵である。
e0056537_20343084.jpg

いいお婿さんはいないかな。
ビビくんどうかな?
# by shin0710s | 2006-04-12 20:37 | Trackback(1)
曇天。風が強いものの暖かい。
学校の周りには、春の花が次々とその姿を現す。
「シャガ」の花が夢幻の世界を開く。
e0056537_2111084.jpg

までは、咲いていると流し見ていたのだが。

境内には、ツツジとカエデ。
e0056537_21131631.jpg

カエデの濃い朱色が季節を惑わす。
e0056537_21134539.jpg

この朱色が、徐々に緑に変わっていく不思議さ
を味わうことができる。

10時より入学式。
本年度24名の新入生。
e0056537_2112885.jpg

卒園式で見た顔とは異なる。
何か幼く見えてしまう。
卒園式では、年長児であったのが、小学校では
一番下になるからであろう。
e0056537_21123227.jpg

 ・・・皆さんは今日からいよいよ本校の一年生です。
この小学校から今まで3707人の卒業生が、巣立っていっています。
その中には、皆さんのお父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんがおられると思います。
みなさんも今日からその仲間入りですよ。 
校門を入って気が付きましたか。学校に多くの花が咲いています。
桜草やノースポール、そしチューリップ、パンジー。
皆さんの今日の姿はチューリップの歌のようですね。
「赤、白、黄色、どの花見てももきれいだな。」
顔や声は違っていても皆さんの瞳がきらきら輝いています。
それでは、校長先生から21名の新入生の皆さんに三つのことをお話したいと思います。
それは、「あいさつ」「べんきょう」「ともだち」です。
一つ目は「あいさつ」、大きな声であいさつができるようになりましょう。
先生やお友達、出会った方に、「おはようございます、こんにちは、さようなら」
言えるようになりましょう。
二つ目は、「べんきょう」を頑張る子にです。
そのためにお話が聞ける子になりましよう。
お話をしている方の目を見て聞くことはとっても大事なことです。
今の皆さんのように。
三つめは、「ともだち」。お友達と仲良くしましょう。
お友達と助け合い、競い合い、励まし合って、
学校が大好きになってほしいなあと思います。
ところで、みなさんの横でほら、一時も目を離さないでいる先生がいらっしゃるでしょう。
受け持ちの梅本先生です。先生のお話をしっかり聞いて勉強しましよう。
先生はとっても明るく元気で、いろいろなことを教えたり、遊んだりしてくれます。山や川にたくさん遊びに行けます。きっと皆さんも梅本先生が大好きになると思いますよ・・・


と新入生に話をしていく。緊張してるのかしっかり目を開けている。
3月まで1年生だった2年生が大きく見える。
子どもの成長は、本当に早い。それに負けないように私たちも
気分だけでも若くありたいと思う。
若さとは、未熟であるとの自覚である。
未熟である、と常に学ぶ姿勢を持っていたい。

ところで本校は新入生より来賓が多い。
それだけ、地域の方々が子ども達を大切にしているのである。
町の助役、議員、区長、民生委員さん方が出席しておられる。
子ども達の願いと保護者や地域の期待に応える学校でありたい。

夕方も雨。
チマリが訴える。
e0056537_2114549.jpg

「昨日、散歩がなかったです」
e0056537_21151835.jpg

「今日はありますよね」
「雨くらい我慢できます」
e0056537_21154756.jpg

「ね、散歩をお願いします」
# by shin0710s | 2006-04-11 21:20 | Trackback(3)

雨の日、そして始業式

4月10日(月)。
学校に子ども達が帰ってきた。
今日から新学期。
今日は、朝から風雨ともに激しい雨の日となった。
春の嵐である。
登校の時間の頃は少しおさまる。
7時50分、北からのバスが到着。
e0056537_19375235.jpg

続いて南から。
e0056537_1939187.jpg

シャトルバスから降り立つ子どもの姿が
心なしか凛々しい。
学年が上がった自覚が顔や姿に表れているのであろう。

東井義雄先生の言葉である。
川は岸のために流れているのではない。川のために岸ができているのである。子どもは学校のために来ているのではない。子どものために学校があるのである。
子どものために「学校」があり、子どものために「教師」があり、子どものために「教育」がある。

このことを肝に銘じて今年1年を進めていきたい。

まずは、8時50分より6名の先生の就任式。
子どもの興味津々の顔がいい。
どの先生が担任になるのかな?と。
そして、始業式。
本年度の本校のキーワードをもとに話をする。
「あいさつ」「べんきょう」「ともだち」
あいさつ  つながりの第一歩 呼応の言葉として
べんきょう 喜びは、努力してこそ耐えてこそである
ともだち  競い合い、助け合い、励まし合い、大きな夢をもって

次に担任発表。
いつもの事ながら、ため息。
そして歓声。
この子供たちの声と共に新学期が始まったと思う。
大掃除、そして入学式の準備とあわただしい日となる。
来年の3月に、この学校で学んで良かった、との声を目指して
頑張ろう。

雨のため、今日の散歩なし。
ワン公達もあきらめている。
小屋から出てこない。
そこで古い写真から。
まずは、3匹のダンス。
e0056537_1948569.jpg

続いて、チュン。
一番様になる姿である。
e0056537_19453067.jpg

明日は、晴れるかな?
# by shin0710s | 2006-04-10 19:49 | Trackback

ビーグル1匹、ダックス5匹の愛犬と猫2匹の動物たち。周囲約7kmの世界で見聞したことを日記風に書いています。


by shin0710s